好きな人に彼女がいる…略奪愛を成功させるコツ&NG行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-25 06:00
投稿日:2020-12-25 06:00
 好きになった男性に彼女がいることがわかったとき、彼のことを潔く諦めるか、略奪愛を覚悟してアタックを続けるか、悩んでしまう人は多いでしょう。そこで今回は、「略奪愛になっても諦めたくない!」という人のために、略奪愛を成功させるコツと、絶対に避けるべきNG行動をご紹介します。ぜひ、あなたの恋のアプローチの参考にしてくださいね。

略奪愛を成功させる4つのコツ

彼女をいる人を好きになったら……?(写真:iStock)
彼女をいる人を好きになったら……? (写真:iStock)

 略奪愛を成功させるためには、彼にとって一番魅力的な女性になる必要があります。まずはじめに、略奪愛を成功させる4つのコツを見ていきましょう。念入りにアプローチの計画を立てて、今の恋を成功に導きましょう。

1. 自分磨きを徹底する

 恋を成就させるためには、「自分磨き」は必須です。「彼女」というライバルがいるなら、なおさら重要なポイントだと言えるでしょう。

 また、自分磨きをすることは、略奪愛を成功へと導くだけでなく、自分自身の「自信」にもつながります。自信がある女性は、それだけでキラキラ輝いて魅力的に見えるはずですよ。

2. 彼との信頼関係を築く

 すぐに彼女のポジションを狙うのではなく、まずは彼から信頼される友人のひとりになることを心がけましょう。しっかりと信頼関係を築くことができれば、二人の距離を縮めることができるはず。

 仕事の悩みや彼女の愚痴など、彼が心を開いて全てをさらけ出せるような雰囲気を作るのが理想的ですね。男性は、自分の話を親身に聞いてくれる女性に「安心感」を感じるそうなので、まずは、聞き役に徹してみましょう。

3. 彼女に勝てる部分をひとつでも多く作る

 二人の付き合いが長いほど、関係性が「マンネリ化」している可能性は否定できません。そんな時、男性は違う女性に刺激を求めてしまうもの。

「彼女より女性らしい」や「彼女よりも料理が上手」など、どんなことでも良いので彼女に勝てる部分をひとつでも多く作るようにしましょう。彼女に勝てる部分が多いほど、彼があなたに惹かれる確率は上がるでしょう。

4. 一緒にいて「居心地が良い」と思われる存在になる

 男性は女性に「癒し」を求める生き物です。もしも、彼女に癒しを与えてもらえていなければ、ほかの女性に求めてしまう性質を持っている人も少なくありません。

 あなたと一緒にいる時間が、彼女と一緒にいる時間よりも「居心地が良い」と感じれば、自然とあなたと一緒にいたいと彼も望んでくれるでしょう。

略奪愛を成功させるために避けるべき4つのNG行動

都合の良い女にはなっちゃダメ!(写真:iStock)
都合の良い女にはなっちゃダメ! (写真:iStock)

 彼女がいる男性を振り向かせるためには、絶対に避けるべきNG行動があります。頑張ってアプローチしたことが逆効果になってしまわないように、NG行動はしっかり覚えておきましょう。

1. 彼女の悪口を言う

 大好きな彼を彼女から略奪愛したいと思った時、やってしまいがちなのが「彼女の悪口やダメ出し」を言うことです。別れてほしいという気持ちが先走りしてしまい、ついつい口を出してしまう人が多いですが、この行動は逆効果。

 現在、好きで付き合っている自分の彼女の悪口を言われて、気分が良くなるわけがありません。彼の前で、彼女のことを悪く言うのは絶対にやめましょう。

2. 彼の気持ちを考えずに行動する

 略奪愛に限らず、恋愛は相手の気持ちを考えて行動することがとても大事なポイントになりますよね。彼女がいるのに自分の気持ちばかり押し付けてしまっては、彼に引かれてしまう可能性も考えられます。

「彼が彼女と一緒にいる時間を避けて連絡する」など、相手の行動パターンや生活リズムに合わせてあげることが大事なポイントですよ。

3. 彼女に自分の存在をアピールする

 彼の本当の気持ちがわからないまま、暴走するのはとても危険な行動です。まだ略奪愛が成功していないのに、彼女に自分の存在をアピールするのはルール違反。

 あなたの存在がバレることで二人が別れてしまう可能性はありますが、同時に彼に嫌われてしまうリスクも高くなります。略奪愛を成功させるためには、自分の気持ちを上手にコントロールすることが成功のカギになるでしょう。

4. 都合の良い女にはならない

 どんなに彼のことが好きでも、彼女と別れていない状態で体の関係を持つのは絶対にNGです。彼女候補になるどころか、都合の良い女にされてしまうかもしれません。

 体の関係を持っても、確実に好きになってもらえる保証はないのです。彼を「振り向かせたい」という気持ちから焦ってしまうのもわかりますが、時間をかけて慎重に二人の距離を縮めていくのがベストだと言えるでしょう。

彼女がいる人を好きになったら、まずは自分の気持ちと向き合って

まずは自分の気持ちと向き合って(写真:iStock)
まずは自分の気持ちと向き合って (写真:iStock)

 彼女がいる人を好きになってしまっても、「絶対に諦めなければいけない」というわけではありません。しかし、略奪愛を成功させるには、それ相応の覚悟が必要です。まずは、自分の気持ちとしっかり向き合い、これからの方向性を明確にすることから始めましょう。

 自分の中で略奪愛をする覚悟が決まったら、堂々と自分の魅力を最大限に彼にアピールして幸せを掴んでくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ