好きな人に彼女がいる…略奪愛を成功させるコツ&NG行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-25 06:00
投稿日:2020-12-25 06:00
 好きになった男性に彼女がいることがわかったとき、彼のことを潔く諦めるか、略奪愛を覚悟してアタックを続けるか、悩んでしまう人は多いでしょう。そこで今回は、「略奪愛になっても諦めたくない!」という人のために、略奪愛を成功させるコツと、絶対に避けるべきNG行動をご紹介します。ぜひ、あなたの恋のアプローチの参考にしてくださいね。

略奪愛を成功させる4つのコツ

彼女をいる人を好きになったら……?(写真:iStock)
彼女をいる人を好きになったら……? (写真:iStock)

 略奪愛を成功させるためには、彼にとって一番魅力的な女性になる必要があります。まずはじめに、略奪愛を成功させる4つのコツを見ていきましょう。念入りにアプローチの計画を立てて、今の恋を成功に導きましょう。

1. 自分磨きを徹底する

 恋を成就させるためには、「自分磨き」は必須です。「彼女」というライバルがいるなら、なおさら重要なポイントだと言えるでしょう。

 また、自分磨きをすることは、略奪愛を成功へと導くだけでなく、自分自身の「自信」にもつながります。自信がある女性は、それだけでキラキラ輝いて魅力的に見えるはずですよ。

2. 彼との信頼関係を築く

 すぐに彼女のポジションを狙うのではなく、まずは彼から信頼される友人のひとりになることを心がけましょう。しっかりと信頼関係を築くことができれば、二人の距離を縮めることができるはず。

 仕事の悩みや彼女の愚痴など、彼が心を開いて全てをさらけ出せるような雰囲気を作るのが理想的ですね。男性は、自分の話を親身に聞いてくれる女性に「安心感」を感じるそうなので、まずは、聞き役に徹してみましょう。

3. 彼女に勝てる部分をひとつでも多く作る

 二人の付き合いが長いほど、関係性が「マンネリ化」している可能性は否定できません。そんな時、男性は違う女性に刺激を求めてしまうもの。

「彼女より女性らしい」や「彼女よりも料理が上手」など、どんなことでも良いので彼女に勝てる部分をひとつでも多く作るようにしましょう。彼女に勝てる部分が多いほど、彼があなたに惹かれる確率は上がるでしょう。

4. 一緒にいて「居心地が良い」と思われる存在になる

 男性は女性に「癒し」を求める生き物です。もしも、彼女に癒しを与えてもらえていなければ、ほかの女性に求めてしまう性質を持っている人も少なくありません。

 あなたと一緒にいる時間が、彼女と一緒にいる時間よりも「居心地が良い」と感じれば、自然とあなたと一緒にいたいと彼も望んでくれるでしょう。

略奪愛を成功させるために避けるべき4つのNG行動

都合の良い女にはなっちゃダメ!(写真:iStock)
都合の良い女にはなっちゃダメ! (写真:iStock)

 彼女がいる男性を振り向かせるためには、絶対に避けるべきNG行動があります。頑張ってアプローチしたことが逆効果になってしまわないように、NG行動はしっかり覚えておきましょう。

1. 彼女の悪口を言う

 大好きな彼を彼女から略奪愛したいと思った時、やってしまいがちなのが「彼女の悪口やダメ出し」を言うことです。別れてほしいという気持ちが先走りしてしまい、ついつい口を出してしまう人が多いですが、この行動は逆効果。

 現在、好きで付き合っている自分の彼女の悪口を言われて、気分が良くなるわけがありません。彼の前で、彼女のことを悪く言うのは絶対にやめましょう。

2. 彼の気持ちを考えずに行動する

 略奪愛に限らず、恋愛は相手の気持ちを考えて行動することがとても大事なポイントになりますよね。彼女がいるのに自分の気持ちばかり押し付けてしまっては、彼に引かれてしまう可能性も考えられます。

「彼が彼女と一緒にいる時間を避けて連絡する」など、相手の行動パターンや生活リズムに合わせてあげることが大事なポイントですよ。

3. 彼女に自分の存在をアピールする

 彼の本当の気持ちがわからないまま、暴走するのはとても危険な行動です。まだ略奪愛が成功していないのに、彼女に自分の存在をアピールするのはルール違反。

 あなたの存在がバレることで二人が別れてしまう可能性はありますが、同時に彼に嫌われてしまうリスクも高くなります。略奪愛を成功させるためには、自分の気持ちを上手にコントロールすることが成功のカギになるでしょう。

4. 都合の良い女にはならない

 どんなに彼のことが好きでも、彼女と別れていない状態で体の関係を持つのは絶対にNGです。彼女候補になるどころか、都合の良い女にされてしまうかもしれません。

 体の関係を持っても、確実に好きになってもらえる保証はないのです。彼を「振り向かせたい」という気持ちから焦ってしまうのもわかりますが、時間をかけて慎重に二人の距離を縮めていくのがベストだと言えるでしょう。

彼女がいる人を好きになったら、まずは自分の気持ちと向き合って

まずは自分の気持ちと向き合って(写真:iStock)
まずは自分の気持ちと向き合って (写真:iStock)

 彼女がいる人を好きになってしまっても、「絶対に諦めなければいけない」というわけではありません。しかし、略奪愛を成功させるには、それ相応の覚悟が必要です。まずは、自分の気持ちとしっかり向き合い、これからの方向性を明確にすることから始めましょう。

 自分の中で略奪愛をする覚悟が決まったら、堂々と自分の魅力を最大限に彼にアピールして幸せを掴んでくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ