頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-01-09 06:00
投稿日:2021-01-09 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものですが、実はそれって意外に逆効果。
 程よく力を抜いて相手への執着を少し手放すだけで、居心地がよく、ずっと一緒にいたいと思われる特別な存在になれます。今回は、程よい力の抜き加減を解説したいと思います。

不満になる原因は、その頑張りです

あなたに愛されたいから頑張る(写真:iStock)
あなたに愛されたいから頑張る (写真:iStock)

 好きな人のためなら、どんなことでも頑張れるという女性がいますよね。

 疲れていても彼のために料理を作ったり、掃除をしてあげたり。母の日には、彼のお母さんにまでカーネーションを用意するような“気配りのできる女性”。

 その深層心理は、自分も愛されたいからです。

 同居生活がスタートしてケンカが起こる原因の一つに、「急な飲み会で食事がいらなくなった」という夕食のドタキャンがあります。仕事の付き合いだとわかっていても、「折角用意したのに!」と面白くありません。

せっかく用意したのに!(写真:iStock)
せっかく用意したのに! (写真:iStock)

新婚6カ月、共働きの会社員Aさん(34)と事務職の奥様(31)のケース

 週末に夕食のメニューをあれこれ考えていた奥様は、仕事帰りに慌てて食料品を買い込み、帰宅後着替える間もなくサラダを作り、チキンをオーブンで焼く仕込みをして待つこと1時間。

 LINEの着信を見ると「ごめん。今日飲み会いくわ」と、夫から。その後、奥様は食事もせずに眠っていたそうですが、Aさんが帰宅して台所のゴミ箱を見ると、調味料がついたままの生チキンが無残に捨てられてあったそうです。

「彼女が怒っているって、はっきりわかって怖かったです」

 翌朝、Aさんは奥さんに言いました。

「昨日はごめん。でも、疲れているなら無理しないで。僕はお弁当でもウーバーでもなんでもいいし、これからも急な付き合いもあると思う」

 この先、飲み会があると言いづらいのも嫌だし、ケンカになるようなことも避けたかったそうです。奥さんがチキンをゴミ箱に投げ捨て、ふて寝するほど腹がたった理由は、“忙しいのに一生懸命頑張った”からでしょう。

 それが不機嫌になる原因であるのなら、肩の力を抜いてみるのも楽ですよ。「今日は飯いらない」なんて言われたら、ラッキーだと羽を伸ばしてみてください。

 ただし、頑張らないのと怠けるのとでは大きくニュアンスが違います。それが不仲の引き金になれば、目も当てられません。誰のためにもなっていないということです。

男性は言葉でほめるだけで充分

優しさは小出しでOK(写真:iStock)
優しさは小出しでOK (写真:iStock)

 彼にはぜひ、英語で言う“リップサービス”の大放出をしてあげてください。

 何かを買ってプレゼントをするよりも、身の回りの世話をマメにしてあげるよりも、ほめるところがなくても無理にでもほめてあげましょう。

 ご馳走なんか作るのは、時々の方が感動は大きいものです。それより何より、「あなたって偉いね。すごいね」と、ほめ殺しする方が愛されます。

 彼もオトナですから、自分のことぐらい自分でできるはず。時々気が向いた時だけ、ちょっぴり尽くしてあげるだけで充分です。優しさを小出しにすることで、彼も感謝します。

「程よい手抜きのススメ」とは、男性に世話を焼きすぎないように自分をコントロールすることなのです。

 植木でも大事に毎日水を与えすぎると、根腐れします。“いい加減”は、“良(よ)い加減”です。

相手が弱っている時のみ母性を出す

弱っているときに母性を発揮(写真:iStock)
弱っているときに母性を発揮 (写真:iStock)

 相手が元気はつらつ中に、菩薩のような優しさは一切必要ありません。

 ただし、病気やケガ、親や友人が亡くなるなど、本気で相手が弱っている時こそ、母性を出して相手を守ってあげましょう。

 そんな時に全力で相手をサポートすれば、必ず二人には深い絆が生まれます。

 それ以外の時、女はわがままでいても大丈夫です。

満足の3歩手前状態が一番楽しい

満足の3歩手前を心がけて(写真:iStock)
満足の3歩手前を心がけて (写真:iStock)

 大富豪がよくいう、「欲しいものは特にありません」という言葉。こんな言葉を聞くと、幸せなのかどうか疑問を持ちますね。 

 すべてがいつでも手に入るとなると、楽しくはないかもしれません。恋愛においても同じことが言えます。

 相手が自分に100%確信を持てるほど愛情をささげてくれると実感すると、安心はしますが心は燃えません。揺るがない心をくれる相手に対しては、優先順位が低くなります。それは自分を理解して許してくれるという甘えから来るのですが、浮気や心変わりなどの危険性も伴います。

 絶対的な愛情を持っていると思われない方が、楽しい幸せな状態なのです。

「相手のいうことを聞きすぎない」「自分軸をずらさない」この2つを実行すると、満足の3歩手前が実現できる可能性が高くなりますよ。

まとめ

あなたがハッピーなことが一番(写真:iStock)
あなたがハッピーなことが一番 (写真:iStock)

 頑張ることが楽しければいいことなのですが、見返りを求めた頑張りはストレスを生み出します。

 自分がハッピーでなければ、他人をハッピーにはできません。程よい手抜きは、幸せのへの一歩!

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ