結婚は愛かお金か…貧乏で優しい男と金持ちで浮気する男

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-12-12 06:00
投稿日:2020-12-12 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛かお金か、結婚するならどちらを優先するかというこの“究極の選択”。結婚前のアンケートでは愛情を重視する人が約半数ですが、離婚の原因のひとつとも言える「お金がない」という問題は、経験した人しかわからない絶望と苦しみを伴います。果たして愛はお金に打ち勝つことができるのか。あなたは結婚相手に選ぶならどちらの男性ですか?

「愛はお金で買える」~デビィ・スカルノ夫人論

愛かお金か…(写真:iStock)
愛かお金か… (写真:iStock)

 大好きな年収200万円の男性と、あまり興味がないけれど年収1億円稼ぐ男性。どちらと結婚するのが幸せになるのかいうテーマについて、デビィ・スカルノ夫人は「年収1億円」の男性を選ぶ方が幸せになれると答えていらっしゃいました。

 これに関しては筆者はまるごと同感です。恋愛→結婚を経て、離婚の相談に来られるオトナ女子さんたちの別れたい理由はさまざまですが、私は共通のある質問をしています。「もし、ご主人さんが毎月生活費を100万円くれたとしても離婚をお考えでしょうか?」。この質問を投げると、ほとんどの女性が我慢して離婚を踏みとどまるそうです。それでも離婚をしたいと答えるわずかな方は、リッチな生活ができている奥様だけでした。

お金がある男性はモテる

 稼ぐ男性はルックスが悪くても、一定数の女性は必ず寄ってきます。男性の容姿はどうあれ、お金があるとモテるので浮気をするリスクはぐっと高まります。実際、浮気しているリッチな旦那は多いはずなのに、なぜか浮気調査依頼は驚くほど少ないのです。薄々、浮気に気づいている奥様も多いのですが、心とお金を天秤にかければ現在の生活で我慢ができるということなのかもしれません。

円満な結婚生活に必要な「夫への尊敬」

どうしてお金がないのに貸したりするの!(写真:iStock)
どうしてお金がないのに貸したりするの! (写真:iStock)

 独身の頃は他人に優しくて親切な彼(39才/会社員)が大好きだったはずなのに、結婚してから夫を大嫌いになったA子さん(38才/パート勤務)の言い分は「飲み会の誘いもNOと言えないし、お金も貸してくれと言われたらお給料も少ないのに貸すんです」

 うんざり気味に話すAさん。

 同じように冒頭の質問を投げてみると「100万円生活費をくれるなら文句ありませんよ~」と笑顔で即答でした。

 やはり不満のタネの根源は自分たちも節約して我慢しているからこそなのでしょう。

 昔は親切な彼を尊敬できたそうですが、家庭を持ってからというもの、彼の優しさが逆に優柔不断で不甲斐ない男に見えて仕方がないとため息をつきました。

 愛を持続させるためにはお互いの尊敬の念は必要です。

キャリアレディも本当は男性に甘えたい

強いオスがハーレムを作る(写真:iStock)
強いオスがハーレムを作る (写真:iStock)

 お金を稼げる男=エサを運んでくる男。この時代で言うエサとはお金といったところですね。

 動物は本来、子供を産み育てるために強いオスを探します。ライオンの弱いオスなどはメスに見向きもされていません。

 一番強いボスライオンの周りに何頭ものメスライオンがハーレムを作っています。

 第一線でバリバリと活躍し、男性以上に稼ぎがあるキャリアレディも少なくありません。彼女たちはお金を持っているので、男性と食事に行っても自分が年上の場合はご馳走してあげたり、割り勘なんて珍しいことではありません。

 そんな彼女たちが恋に落ちた理由でダントツなのが、自分に当たり前のようにご馳走してくれたことがキッカケだそうです。

 食事(エサ)をふるまってくれた男性(オス)に、ただ素直に女性として嬉しかったと言います。

離婚原因が「お金」だった女性が必ず言うセリフ

お金のない男はこりごり(写真:iStock)
お金のない男はこりごり (写真:iStock)

 ギャンブル・借金・浪費癖・働かないなど「お金」が原因で離婚になった女性は口をそろえて「お金のない男はもうコリゴリ」とおっしゃいます。

 お金に縁がない相手と一緒になろうと考えているのであれば、覚悟して結婚するべきでしょう。

 万が一困窮した生活を余儀なくされた時に、腐らず心から明るく生きられるのか。とても深い人生のテーマです。

まとめ

自分の楽しくて幸せな基準を考えてみて(写真:iStock)
自分の楽しくて幸せな基準を考えてみて (写真:iStock)

 世帯年収200万円でも平気な人もいます。買い物をしなくても楽しくて満足な人もいます。外食にも興味がなくて何を食べても幸せな人もいます。結婚生活は共通の価値観が多ければ多いほどうまくいきます。

 まずは、自分の“楽しくて幸せな基準”をきちんと把握することが大切です。

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ