アンガーマネジメントのススメ~怒りを伝えて我慢にさよなら

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-12-19 07:54
投稿日:2020-12-19 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間関係のほとんどのトラブルは“怒り”から始まるといっても過言ではありません。男女間も小さな不満の積み重ねが進化して“怒り”となるわけです。
 アンガーマネージメントでは「怒っちゃだめですよ」と言っているわけではありません。怒りは自己防衛本能の一つですが、相手を深く傷つけ関係性を破壊するような強い怒りは、取り返しのつかないことになります。そして怒りを我慢して伝えられない人にも、きちんと適切に相手に伝え自分を守ることも大切だと謳っています。
 今回は「怒ることができない」人にスポットをあて、センチェリーアンガーマネジメント協会理事の筆者が解説したいと思います。

これからは言いたいことは伝える!

怒りをためていませんか?(写真:iStock)
怒りをためていませんか? (写真:iStock)

 アメリカでは傷害、危険運転、DV、といった軽犯罪を犯した場合、裁判所からアンガーマネジメントを受講するように裁判所から命令されることがよくあります。それほど一般的になっている心理トレーニングなのです。

 日本語独特の曖昧な表現が少ないアメリカ人は、YES/NOで物事をはっきりと伝えます。なんとなく皆が行くから仕方なく参加した、断りづらいから一度だけは気乗りしないけどOKしたなんて光景は、あまり見たことがありません。LAでアンガーマネジメントを学んだ時に、日本人も嫌なことは“NO”と断り、我慢できない時には“怒り”も少し表現してもいいのではないかと思いました。

 もちろんケンカ腰になれと言っているわけではありません。

 シンプルに言えば嫌なことを普通に伝える練習をする。自分の心を守るのもアンガーマネジメントなのです。

 動物は自分の縄張りに入ってきた敵に対して牙をむき威嚇します。心を乱され傷つけられたのに、我慢や愛想笑いで済ますのは人間だけです。その小さな不満が蓄積されると、精神的によろしくありません。自暴自棄になり爆発して、いきなり他人を傷つけたりした人たちは、皆さん『おとなしそうな人』だったそうです。

 もしかすると何かを我慢していたのではないでしょうか。

怒りは伝染する

みんながいやな気持ちに…(写真:iStock)
みんながいやな気持ちに… (写真:iStock)

 他人に怒りをぶちまけられると、当たられた人たちも腹立たしく思ってしまいます。

 怒りを表現せずに我慢している人にも同じことが言えるのです。ぐっと堪えたつもりでも、表情や態度に多かれ少なかれ“怒り”が見え隠れするはずです。

 その原因がわからないまわりの人は、腫物をさわるように気を遣い不快になります。

 怒りは伝染していきます。

 上司から部下、親から子供、お客様から店員さんなど怒りは上から下に流れるのです。

 爆発してしまう激しい怒りも、適切に怒りを表現できないのも同じように世の中に怒りを蔓延させているのです。それよりも何よりも自分の心を守れていません。

「我慢は美徳」をもうやめてみませんか

メールで思いを伝えよう(写真:iStock)
メールで思いを伝えよう (写真:iStock)

『何があっても我慢して言わないこと』と教えられていたB子さん(42/パート勤務)は、受験を控えた高校生のひとり娘さんとご主人さんの三人家族。

 1年ほど前に入社してきた職場の同僚が苦手な以外はそれなりに幸せな毎日だったそうです。『仕事のシフトが変わって』『旦那とケンカしたから相談にのって』と夜中に電話してくるなどは日常茶飯事で、こちらのことはお構いなし。

 そんな同僚にかなりのストレスを抱えていました。子供の頃から『波風を立てない』という田舎の親の考え方が染みついていて、無茶振りされても、同じ職場だからと愛想笑いで受け流していたそうです。

 大学進学を控えた娘さんのために貯金をしているのに『お金を貸してほしい』と同僚が言ってきた時に、ぷつりと糸が切れたと言いました。

「でも同じ職場ですし、私は相手に言えない性格なんです」

 退職まで考え悩んだB子さんに提案しました。

「一度、同僚の方に言いたいことをメールで伝えてみませんか?」

 書いてみたメールに添削・加筆・修正を、私が加えることを前提に伝えたい気持を盛り込んでもらいました。

 活字にすると、自分でも見直し作業がはいるので感情的な部分はかなり軽減できるのです。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

ライフスタイル 新着一覧


2月6日~2月12日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”がハート型♡ 尊すぎるにゃんたま様に思わず合掌
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ママの自分時間は無理やり作る!VTuberの推し活にハマったら
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
旅立ちはいつも気持ち高ぶる 2023.2.6(月)
 出航時の揺れには慣れていても、旅立ちはいつも気持ち高ぶる。  目的地に着くまでは海の上。この景色もしばらく見納め...
「ポイント稼ぎしてるんだ~」にゾッ!女の妬み怖ぇLINE3選
 あなたがこの世で最も怖いものはなんですか? 中には「女の妬(ねた)みが一番怖ぇ」と思っている人もいるでしょう。 ...
色々高くて、やりくり上手になりたいこの頃 2023.2.5(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
【成城石井】薄給40女が歓喜するプチ贅沢4選 2023.2.4(土)
 高品質かつおしゃれな商品がいっぱいの成城石井。小柳ルミ子さんも愛用しているのだとか。女性誌の取材では「成城石井は私のキ...
「今日は朝まで韓流コース」でまさかのBBA認定!? 若作りが痛いLINE3選
 最近では、仕事でLINEを使うことも増えてきましたよね! 自分よりも若い人とLINEを交換していると、ついやってしまう...
人生の満足度が高い人・低い人 差がある原因はどこにある?
 みなさんは、日頃から不平不満が多いタイプでしょうか。私はどちらかというと多いかもしれません。  不満が多くなる原因は...
独女ご自愛バレンタインデー!自分用チョコの楽しみ方を探る 2023.2.3(金)
 今年も“お祭り”を目前に控え、ざわついてきましたね。そう、バレンタインデーです。  本命チョコに限らず、義理チョ...
自慢したい可愛さ♡ 透明バックから“たまたま”がコンニチハ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
寒いけど乾燥&電気代が…!寝る時の“暖房問題”解決のヒント
 寒い季節になると、寝る時に暖房で部屋を暖めておきたいですよね。でも、暖房の使い方を間違えると乾燥して喉が痛くなって、体...
旅先の古びた店には先客がいたようで 2023.2.2(木)
 旅先の古びた店に入ってみようか考えた時、さっと風が吹き、誰かが先に入っていったような気がした。  怖い話じゃない...
ダメー!!まだイケる!「弱ったシクラメン」復活させたい問題
 新しく年を迎えて早いもので1カ月。全身完全防寒スタイルで毎日寒さと闘っているお花屋さんの「冬仕事」も、全身に毛布をまと...
ポンコツな自分に喝! つらーい「休みボケ」の原因と解消法
 年末年始が繁忙期という職種の方は、そろそろ遅めの冬休みでしょうか。仕事や家事に追われた後のお休みは、嬉しさもひとしお。...
大切な人が今日も無事に帰ってきますように 2023.2.1(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...