アンガーマネジメントのススメ~怒りを伝えて我慢にさよなら

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-12-19 07:54
投稿日:2020-12-19 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間関係のほとんどのトラブルは“怒り”から始まるといっても過言ではありません。男女間も小さな不満の積み重ねが進化して“怒り”となるわけです。
 アンガーマネージメントでは「怒っちゃだめですよ」と言っているわけではありません。怒りは自己防衛本能の一つですが、相手を深く傷つけ関係性を破壊するような強い怒りは、取り返しのつかないことになります。そして怒りを我慢して伝えられない人にも、きちんと適切に相手に伝え自分を守ることも大切だと謳っています。
 今回は「怒ることができない」人にスポットをあて、センチェリーアンガーマネジメント協会理事の筆者が解説したいと思います。

これからは言いたいことは伝える!

怒りをためていませんか?(写真:iStock)
怒りをためていませんか? (写真:iStock)

 アメリカでは傷害、危険運転、DV、といった軽犯罪を犯した場合、裁判所からアンガーマネジメントを受講するように裁判所から命令されることがよくあります。それほど一般的になっている心理トレーニングなのです。

 日本語独特の曖昧な表現が少ないアメリカ人は、YES/NOで物事をはっきりと伝えます。なんとなく皆が行くから仕方なく参加した、断りづらいから一度だけは気乗りしないけどOKしたなんて光景は、あまり見たことがありません。LAでアンガーマネジメントを学んだ時に、日本人も嫌なことは“NO”と断り、我慢できない時には“怒り”も少し表現してもいいのではないかと思いました。

 もちろんケンカ腰になれと言っているわけではありません。

 シンプルに言えば嫌なことを普通に伝える練習をする。自分の心を守るのもアンガーマネジメントなのです。

 動物は自分の縄張りに入ってきた敵に対して牙をむき威嚇します。心を乱され傷つけられたのに、我慢や愛想笑いで済ますのは人間だけです。その小さな不満が蓄積されると、精神的によろしくありません。自暴自棄になり爆発して、いきなり他人を傷つけたりした人たちは、皆さん『おとなしそうな人』だったそうです。

 もしかすると何かを我慢していたのではないでしょうか。

怒りは伝染する

みんながいやな気持ちに…(写真:iStock)
みんながいやな気持ちに… (写真:iStock)

 他人に怒りをぶちまけられると、当たられた人たちも腹立たしく思ってしまいます。

 怒りを表現せずに我慢している人にも同じことが言えるのです。ぐっと堪えたつもりでも、表情や態度に多かれ少なかれ“怒り”が見え隠れするはずです。

 その原因がわからないまわりの人は、腫物をさわるように気を遣い不快になります。

 怒りは伝染していきます。

 上司から部下、親から子供、お客様から店員さんなど怒りは上から下に流れるのです。

 爆発してしまう激しい怒りも、適切に怒りを表現できないのも同じように世の中に怒りを蔓延させているのです。それよりも何よりも自分の心を守れていません。

「我慢は美徳」をもうやめてみませんか

メールで思いを伝えよう(写真:iStock)
メールで思いを伝えよう (写真:iStock)

『何があっても我慢して言わないこと』と教えられていたB子さん(42/パート勤務)は、受験を控えた高校生のひとり娘さんとご主人さんの三人家族。

 1年ほど前に入社してきた職場の同僚が苦手な以外はそれなりに幸せな毎日だったそうです。『仕事のシフトが変わって』『旦那とケンカしたから相談にのって』と夜中に電話してくるなどは日常茶飯事で、こちらのことはお構いなし。

 そんな同僚にかなりのストレスを抱えていました。子供の頃から『波風を立てない』という田舎の親の考え方が染みついていて、無茶振りされても、同じ職場だからと愛想笑いで受け流していたそうです。

 大学進学を控えた娘さんのために貯金をしているのに『お金を貸してほしい』と同僚が言ってきた時に、ぷつりと糸が切れたと言いました。

「でも同じ職場ですし、私は相手に言えない性格なんです」

 退職まで考え悩んだB子さんに提案しました。

「一度、同僚の方に言いたいことをメールで伝えてみませんか?」

 書いてみたメールに添削・加筆・修正を、私が加えることを前提に伝えたい気持を盛り込んでもらいました。

 活字にすると、自分でも見直し作業がはいるので感情的な部分はかなり軽減できるのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


LINEで誤爆…爆笑から修羅場まですぐ削除したい内容9選
 連絡ツールとして多くの人が使っているLINEですが、2017年12月13日に送信取り消し機能が追加されました。でも、送...
自信のない人が“自己肯定感”を高めるために今すぐできること
 自分に自信がない人やHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の傾向にある人は、自己肯定感が低い人が少なくないかもしれ...
汚れた手足と可愛いお顔“にゃんたま”のギャップにきゅんです
 冷たい北風を避けて、陽だまりでコロンコロン♪のにゃんたま君。  外猫ならではの汚れた手足に甘えん坊な顔立ち。この...
金運UPにも効果大! 女性の守護神に捧げる“マーガレット”
 ある年の年末、猫店長「さぶ」率いるわがお花屋さんに一人の男性客からお花のご注文の電話がございました。  この男性...
iPhone&Amazonユーザー必見! 2021年に見直したいIT節約術
 ITと聞くと、特に女性は「難しそう……」と思ってしまう人が多いかもしれません。SNSを活用したお仕事をしている私もわか...
陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君…真っ直ぐな視線の先は
 きょうは、陽を浴びて輝く毛並み、目が離せないにゃんたま君に出逢いました。  立派なにゃんたまωを見せつける男気は...
2021-01-11 06:00 ライフスタイル
1月11日~1月17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おうち時間を豊かに!初心者に勧める芳香浴とアロマオイル
 再びおうち時間が増えてきた今、自宅での時間を豊かにするなら、アロマオイルを活用するのもおすすめです。日本でもなじみが深...
失敗は多いほど得? 失敗談を語れる人ほど価値が高まる理由
 突然ですが「失敗」と聞くとどんなことを思い浮かべますか? ただの言葉として受け止める人もいれば、すごく怖い体験を思い出...
尊さの極み…青空に映える楽園島のツートップ“にゃんたま”様
 きょうは、にゃんたまの楽園でチャトラのツートップωωにロックオン♪ 青空に映える見事なにゃんたまです。  手入れ...
春の訪れと幸運をもたらす…強くてたくましく美しい「水仙」
 ワタクシの実家の裏にある小高い丘の上に、近所から「天神さん」と呼ばれ、親しまれている神社がございます。  今では...
仕事に遅刻! 信頼を失わない言い訳&連絡時のビジネスマナー
 社会人でも、寝坊をして遅刻をしてしまった経験がある人も多いでしょう。でも、会社に勤めていると、遅刻した際に大人として正...
“にゃんたま”は神様の化身?幸せを呼ぶまあるい鈴カステラ
 あけましておめでとうございます。今年も「にゃんたま詣」でスタート!  神社で動物に出逢うのは、神様の歓迎サインと...
1月4日~1月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ご祝儀は新札しかNG? 土日の入手方法やアイロンでの作り方
 友人の結婚式が近づいて、美容院の予約やドレス、靴の手配まで完璧なのに「ご祝儀の新札がない!!」と焦った経験はありません...
来年は猫年じゃない? 干支に入れず恨み節の“にゃんたま君”
 昔、神様は元旦に動物たちにあいさつに来るよう言いました。12番まで先着順に、年の動物になれるという大イベントでした。 ...