いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ

コクハク編集部
更新日:2021-01-15 06:00
投稿日:2021-01-15 06:00
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、(沖縄県は別記事でご紹介します)の7県で成り立つ地域。「九州男児」と言われることで有名な独自の特性を持つ九州地方の男性は、どんな特徴があるのでしょうか?

九州出身の男性の性格&特徴!

九州男児といえば酒豪のイメージ!(写真:iStock)
九州男児といえば酒豪のイメージ! (写真:iStock)

 同じ地域でも各県の県民性が違うケースは多く見られますが、九州に限っては基本的にどの県も性質が似ているのが一番の特徴かもしれません。まずは、九州出身の男性の性格&特徴からチェックしていきましょう。

良くも悪くもとにかく男らしい「九州男児」

 九州出身の男性は、「九州男児」という言葉に象徴されるように、とにかく豪快で男らしいのが特徴。裏表がなく、人情味溢れた性格の人が多いです。また、プライドが高くて負けず嫌いな一面も。基本的にカッコつけたがりなので、大盤振る舞いをしたり、頼まれたら断れずに無理をしてしまうことも多いでしょう。上下関係も気にします。

 仕事ではチャレンジ精神があり、リーダーシップを発揮します。特に好奇心旺盛で新しい物好きな長崎県、福岡県の男性は新しい仕事にも意欲的に取り組みますが、持続力に欠けるところが玉にキズでもあります。

酒豪が多い

 焼酎や日本酒の有名ブランドがあることでも有名な九州ですが、その土地柄のせいか、非常に酒豪が多いです。

 飲み会好きで、毎日晩酌をする男性も珍しくありません。異性同性関係なく、一緒にお酒を楽しめる人を好みます。また、「お酒が強い=男らしい」と思っている男性も多く、飲みっぷりが豪快なのも特徴。ただ、もちろんお酒が弱い九州出身の男性もいるので、無理に勧めるのはやめておきましょう。

口下手で不器用、面倒なことが嫌い

 昭和の銀幕スター、高倉健さんのCMで「自分、不器用ですから」というセリフがありましたが、この言葉通り、口下手で不器用なのも九州出身男性の性質でしょう。「男はペラペラ喋るべきではない」と、育てられた人も多いようです。

 思ったことをすぐ口にしてトラブルに発展することもあるものの、その言葉には嘘がないため、結果的に信用がおける人物だと判断されるようです。

 また、宮崎県では「よだきい(面倒臭い)」、鹿児島県では「てげてげ(適当)」という方言がありますが、面倒なことが嫌いですべてをポジティブに考える楽天家な一面もあります。

短気で頑固な一面も

 九州出身の男性は、短気で頑固な人が多いです。熊本県民の気質を表す「肥後もっこす」という言葉がありますが、「津軽じょっぱり」「土佐いごっそう」と並べて“日本三代頑固”として例えられるほど。また、頑固さにおいては、佐賀県男性も負けてはいません。

 ただし、短気で頑固といっても怒りっぽい、折れないというだけではなく、単純に「待てない」性格の人も多いそう。一度こうと決めたら、仕事も恋愛も持ち前の行動力でガンガンと進める傾向にあります。

九州出身の男性の恋愛傾向は?

「黙って俺についてこい」的な(写真:iStock)
「黙って俺についてこい」的な (写真:iStock)

 実は、「九州男児との付き合いは面倒臭い」という噂もありますが、実際のところはどうでしょうか? 九州出身の男性の恋愛傾向についても、見ていきましょう。

昔ながらの亭主関白気質

 九州の男性は、昔ながらの亭主関白気質。さだまさしさんの「関白宣言」ではないですが、少々、“男尊女卑”な思考を持っていると言っても過言ではありません。

 基本的に「女性は下がってついてきてほしい」と思っているため、彼氏、夫とは対等な関係を築きたいという考えの女性とは相性が悪いかもしれません。ただし、昔に比べると男女平等気質は薄れてきているようで、きちんとエスコートしてくれる男性も増えています。

好きになったらまっすぐ、脈なしだったら潔く諦める

 九州出身の男性は、その性格ゆえ駆け引きが苦手。好きになったらまっすぐ、情熱的に愛情を伝えます。ただし、朴訥でぶっきらぼうなところがあるため、女性からすると物足りなさを感じるかも。

 しかし、その反面、熱しやすく冷めやすいのも特徴。相手が脈なしだと感じたら、潔く諦めてしまいます。とにかく、相手が自分のことが好きだと感じられないとダメ。別の女性から熱心にアプローチを受ければ、浮気に走ってしまうこともあります。

 もしも、気になる相手が九州出身の男性であれば、駆け引きせずにわかりやすく愛情を伝えてあげましょう。

言葉よりも態度や行動で愛情を示す

 口下手な九州の男性ですが、根は情熱的で一途な部分を持っています。「男は黙って行動」と思っている節が強く、恋愛でもロマンチックなデートや言葉よりも、態度や行動で愛情を示す傾向にあります。

 これは、「言わなくてもわかってくれるだろう」と、女性に期待をしているからでもあります。ドラマチックではないかもしれませんが、深い優しさをわかってあげられる女性であれば、お付き合いがうまくいくでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ