カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”

若林杏樹 漫画家
更新日:2021-04-07 06:00
投稿日:2021-04-07 06:00
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時、お相手を傷つけずに上手に断りたいですよね。女性は月の周期もあるし、体調やメンタルも非常に直結します。勝手に盛り上がることもできないので、断りたくなることは普通なのです。今回は、断ることでむしろ喜んでもらえる“夜の断りテクニック”についてお伝えいたします。

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

すぐ断るのはNG!カレを優しくしつけて焦らすのがポイント

 パートナーが盛り上がっている中、ふつうに断ってしまうとショックを受けてしまいます。あなたとの関係性にもよりますが、「今後は誘うのはやめとこうかな……」と自己防衛に走ってしまうことも。

 上手に断る人は、相手の気持ちも高めることができるのです。

「今日は体調が悪くて。次まで待ってくれる?」

 このように、今回はダメでも次回以降に期待が持てるように可愛く言いましょう。

 もし相手との営みがまだであれば、

「まだ心の準備ができてないの…」と弱さを見せてキュンとさせるのも手です。

 断ると言っても、コミュニケーション。相手との会話の中でリズムがあるので、急に冷めて「NO!」と突き放さないようにしてみましょう。

 しかし、本当にイヤな時はもう二度と誘われないようにきちんとお断りするのが良いですよ。

登場人物紹介

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

だら先輩
最近の流行は朝活とモンハンです。だらだらとゲームをやるために仕事の効率化に励んでおります。ゲームのお供はコカコーラ・ゼロ!

ギャルちゃん
最近、だら先輩が全然遊んでくれなくて、つまらないので飲みに行ってます。やっぱ私はコミュニケーションしてないとダメだ〜! でも感染症怖いのでマスクして飲んでます☆

犬系チャラリーマン
ワンワン♡ 可愛い女の子で母性溢れる子が好きだな〜! え、甘えてるだけ? 仕事頑張るから、甘えさせて欲しいな〜!

ラブ 新着一覧


同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ
勘違い男の痛いLINE…ドン引きするめんどくさい内容7選
 LINEって顔が見えない分、気が大きくなってしまうんですよね……。それが原因なのか、勘違い男たちはめんどくさい痛いLI...
恋バナ調査隊 2021-02-23 03:55 ラブ
“たぬき顔・きつね顔診断”でどんな男性にモテるかチェック♡
 女性の顔のタイプを動物にたとえた時、“たぬき顔”や“きつね顔”で区別することがあります。実は、自分がどちらのタイプなの...
恋バナ調査隊 2021-02-21 06:44 ラブ
あなたも目指せる♡ 愛され女子の共通点&心掛けるポイント
 男性から愛される女性を見ると「羨ましいな」と思いながらも、「でも、どうせ私は美人じゃないし……」なんて諦めてしまう人も...
恋バナ調査隊 2021-02-20 06:00 ラブ
元CA作家が伝授!恋やビジネスに使える“魔法のフレーズ”3選
 コロナ禍においてこれまでの生活が一変し、恋人や夫婦、ビジネスでの人間関係もぎくしゃくしているという声が少なくありません...
蒼井凜花 2021-02-19 06:00 ラブ
不倫には落とし穴がいっぱい! 5つのリスク&卒業する方法
 恋愛をしている人の中には「実は、彼は既婚者」なんていう人もいるでしょう。一昔前までは不倫は秘め事であり、決してバレては...
恋バナ調査隊 2021-02-19 06:00 ラブ
可愛くヤキモチをやく5つの方法&“嫉妬”に変わるNG行動!
 彼氏ができると、「ほかの女性に奪われたくない」という気持ちが強くなり、ヤキモチを焼いてしまう女性も多いでしょう。彼がモ...
恋バナ調査隊 2021-02-18 06:00 ラブ
ヤリモク男の見分け方! 体目的の男性の相手をする暇はない
 人間の時間は有限です。そして、私たち女性の賞味期限は、一生の中でものすごく短いのです。努力次第で見た目の維持も可能です...
若林杏樹 2021-02-17 06:00 ラブ
コロナ禍の今が動き時!? オンライン出会いのメリット6選
 コロナウィルスにより、さまざまな不安を抱えている人は多いでしょう。特に、おうち時間が増えた今、恋人がいない人は寂しさが...
恋バナ調査隊 2021-02-17 06:00 ラブ
"デート初回斬り"は損!53歳初婚男と夫婦になり分かったこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-02-16 06:14 ラブ
恋愛が長続きしない女性の5つの特徴&長続きさせるポイント
 彼氏はすぐにできるのに、なぜか一つの恋愛が短命に終わってしまう人がいます。そんな人は、「本当は、長続きする恋愛がしたい...
恋バナ調査隊 2021-02-16 06:08 ラブ
最愛のパートナーを学内で見つけた 東大出身男性の結婚秘話
 人口の0.2%ほどしか存在しないとも言われる東大生(出身者含む)。東京大学とは言わずもがな日本で最高峰の国立大学ですが...
田中絵音 2021-02-16 06:12 ラブ
欲求…我慢してない?自分に素直に生きないことのデメリット
 みなさん、欲求に素直に生きていますか? こんな風に言うと、え、欲望のままに生きることって悪いことなんじゃないの? とい...
七味さや 2021-02-15 06:00 ラブ
恋愛に振り回されてる…? 恋愛体質女性の特徴&抜け出し方
 好きな人や彼氏ができれば、何気ないことにでもウキウキとしたり、彼と会っていない時間ですら幸せを感じる人は多いはず。しか...
恋バナ調査隊 2021-02-15 06:03 ラブ
“わざと間違いLINE”はバレる!送ってはいけない内容5選
 気になる彼にわざと間違いLINEを送って、好きな気持ちに気づかせたり、デートの約束につなげようと考えたことはありますか...
恋バナ調査隊 2021-02-14 06:00 ラブ
今では私が彼を追いかけている…好きが“逆転”してしまう理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。好きだ愛していると追いかけられて一緒になったはずなのに、ふと気がつけば愛が逆...
山崎世美子 2021-02-13 06:00 ラブ