容姿やお金が足りなくても…M女を従わせるのは心根だと実感

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-05-05 06:00
投稿日:2019-05-05 06:00
 私が出逢い系で遭ってきた様々な体験談を語るこの連載。第2回目はSM系のチャットで知り合った男性と会った時の話です。

見た目は好みじゃなくても……

ラブホではなくビジネスホテルを(写真:iStock)
ラブホではなくビジネスホテルを (写真:iStock)

 その男性は私より少し年上。かなり太目の体型で、体重は100キロ近く。正直なところ見た目はカッコイイとは言い難い人でした。

 逢う前に写真を見せてもらっており、好みのタイプではないことは分かっていました。けれど、言葉選びや考え方のセンスがとても面白い人だったので会ってみようと思ったのです。

 この男性、容姿の問題だけではなく、なんと現在無職。お金がないと聞いていたので、いろいろと期待はしていませんでした。

 私はこれまでにも何人か出逢い系で男性には会ってきていましたが、なんというか、やはり皆さん若干女性の扱いが「雑」なのです。

 なので、今回もそんなに楽しいことはないだろうな、という覚悟でいました。

 ところが会ってみてビックリ!

 まず最初に食事をしたのですが、彼は私の好みを事前にリサーチし、店決めもすんなり。お値段的には控えめなお食事ながらも決して私に財布は出させず奢ってくれた上、ラブホテルではなく、新しくキレイなビジネスホテルを予約済みだったのです。

「心がご主人様」とはこういうこと

 最初の期待値が低かったこともあり、もう、これだけで株は爆上がり。

 その後のプレイでも、たとえば写真撮影には必ず私のカメラを使うなど、上手く羞恥心を煽りながらも決して私にリスクを負わせないように配慮したプレイスタイルで、今までにないような新鮮な経験をさせてくれました。

 確かに、彼は容姿が整っているわけではないし、決してリッチなデートではなかったかもしれません。

 けれど会ってからお別れするまで、一日中スマートなエスコート力を発揮してくれました。

 世の中には自称「S」とでも呼ぶべきワガママなだけな男性がごまんといて、自分が楽をしたいからM女に何でもやらせようという不届きものも多いです。

 そんな中、「心がご主人様」というのはこういうことだなあと思い、私は感動すら覚えたのでした。

 サディストは顔でも金でもない、M女を従わせるのは心根なのだと実感できた出逢いでした。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


SEX観を変えた映画と彼…“無理しない”に気づいた人形プレイ
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
編集部&プロが選ぶ 女性に優しいおすすめラブグッズ11選♡
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
デリケートゾーン全体をカバー…マッサージされるような快感
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
ヤリモク男は悪いの?あなたも“ヤリモク女”になっちゃえば?
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
スルッと簡単に挿入できる“リモバイ”でアブノーマルな快感を
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
これが正解!浮気がバレた時のパーフェクト対処法7カ条<前>
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
スマホをリモコンに遠隔操作!遠距離恋愛カップルにおススメ
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
自在に曲げて好きな角度に当てれば…念願の“中イキ”が実現
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
され女が浮気相手と直接対決!やり取り全貌と招かれざる客
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
世界が広がった…夫一筋の専業主婦が“裏垢”にハマった理由
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
膣と子宮から広がる波紋…重く細やかな振動で深いオーガズム
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
敏感な部分にジャストミートで“リモバイ”を十分に楽しめる
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
女流官能作家なのに「膣イキ」できない…お悩み解消法3選!
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
進化した“吸引系” 口が大きく男性の胸にもピッタリ吸い付く
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
彼氏が浮気…淫乱道を極めるために、初3Pの覚悟をした夜。
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
小さな舌が超高速でペロペロ…“ダブルインパクト”を痛感
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク