女性はここに注意「SNSセクハラ」対策…曖昧な対応は逆効果

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-03-23 06:00
投稿日:2019-03-23 06:00
 ツイッターやフェイスブックなど、SNSをやっている女性に付き物なのが男性からのセクハラメッセージ。一体どうしたら来なくなるのか、追い払えるものなのか?今回は私が実際に実践している予防法と対策をお教えします。

曖昧な反応は相手を誤解させる

「喜んでいる」と勘違い(写真:iStock)
「喜んでいる」と勘違い (写真:iStock)

 多くの男性というのは基本的に、良く言えばポジティブ、前向きな思考をしています。

 とくにセクハラ的なメッセージを送って来るような人たちの頭の中は若干、思い込みが激しくて自分勝手。

 なので、少しでも「嫌じゃない」と思われるような曖昧な対応をしてしまうと「彼女も喜んでいる!」と受け取られてしまうことが多いのです。

 また、誤解させている期間が長ければ長いほど、真実に気付いた時にその恥ずかしさもあってか、逆切れされて嫌がらせをされたり、面倒なことになる傾向があります。

 ですので、少々言い難くても、セクハラメールには一番最初の対応で毅然とお断りの態度を取りましょう。

嫌われてもいいという気持ちが大事

どんどんおかしな人が集まってくることも…(写真:iStock)
どんどんおかしな人が集まってくることも… (写真:iStock)

「女は優しく、笑顔でいるべき」というような教育や過去からの社会的な風習のせいもあり、女性というのは、なるべく相手に悪い気持ちを抱かせないようにしなければいけないものだ、という風に思いがちです。

 しかしここで大事なのは「相手に悪く思われても構わない」とはっきり決心すること。

 とくにこの場合はネット上での付き合いです。嫌な相手はどんどんブロックしてもいいのです。それで相手に嫌われても、なんの被害もありません。

 むしろ、セクハラ的な男性に迎合するような対応をしていると、他にもそのような人がどんどん集まってきて、まともなフォロワーさんが減ってしまうということも起こり得ます。

「おかしな人には嫌われても良い」と思う勇気を持ちましょう。

怒り過ぎもNG

関わり方を間違えるとより傷つくことに(写真:iStock)
関わり方を間違えるとより傷つくことに (写真:iStock)

 毅然とした「NO」の対応をするのは大事ですが、腹が立つからと言って、プライベートなやりとりや相手のアカウントなどを自分のタイムラインに晒し上げるようなことをするのはほどほどにしなくてはなりません。

 なぜなら、彼らはマイナスの出来事でも「女性に構って貰えた」というだけで興奮が昂ぶってしまうものなのです。

 断られてプライドが傷付いたこととも相まって、余計に粘着されてしまったり、似たような思想を持つ別の男性を引き寄せてセカンドレイプ的な酷い言葉を投げかけられたりもします。

 最初にキッパリと拒絶の意思を表明したら、あとは無視かブロックで。とにかくなるべく関わらないようにするのが最善の方法なのです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM