女性はここに注意「SNSセクハラ」対策…曖昧な対応は逆効果

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-09-27 06:53
投稿日:2019-03-23 06:00
 ツイッターやフェイスブックなど、SNSをやっている女性に付き物なのが男性からのセクハラメッセージ。一体どうしたら来なくなるのか、追い払えるものなのか?今回は私が実際に実践している予防法と対策をお教えします。

曖昧な反応は相手を誤解させる

「喜んでいる」と勘違い(写真:iStock)
「喜んでいる」と勘違い (写真:iStock)

 多くの男性というのは基本的に、良く言えばポジティブ、前向きな思考をしています。

 とくにセクハラ的なメッセージを送って来るような人たちの頭の中は若干、思い込みが激しくて自分勝手。

 なので、少しでも「嫌じゃない」と思われるような曖昧な対応をしてしまうと「彼女も喜んでいる!」と受け取られてしまうことが多いのです。

 また、誤解させている期間が長ければ長いほど、真実に気付いた時にその恥ずかしさもあってか、逆切れされて嫌がらせをされたり、面倒なことになる傾向があります。

 ですので、少々言い難くても、セクハラメールには一番最初の対応で毅然とお断りの態度を取りましょう。

嫌われてもいいという気持ちが大事

どんどんおかしな人が集まってくることも…(写真:iStock)
どんどんおかしな人が集まってくることも… (写真:iStock)

「女は優しく、笑顔でいるべき」というような教育や過去からの社会的な風習のせいもあり、女性というのは、なるべく相手に悪い気持ちを抱かせないようにしなければいけないものだ、という風に思いがちです。

 しかしここで大事なのは「相手に悪く思われても構わない」とはっきり決心すること。

 とくにこの場合はネット上での付き合いです。嫌な相手はどんどんブロックしてもいいのです。それで相手に嫌われても、なんの被害もありません。

 むしろ、セクハラ的な男性に迎合するような対応をしていると、他にもそのような人がどんどん集まってきて、まともなフォロワーさんが減ってしまうということも起こり得ます。

「おかしな人には嫌われても良い」と思う勇気を持ちましょう。

怒り過ぎもNG

関わり方を間違えるとより傷つくことに(写真:iStock)
関わり方を間違えるとより傷つくことに (写真:iStock)

 毅然とした「NO」の対応をするのは大事ですが、腹が立つからと言って、プライベートなやりとりや相手のアカウントなどを自分のタイムラインに晒し上げるようなことをするのはほどほどにしなくてはなりません。

 なぜなら、彼らはマイナスの出来事でも「女性に構って貰えた」というだけで興奮が昂ぶってしまうものなのです。

 断られてプライドが傷付いたこととも相まって、余計に粘着されてしまったり、似たような思想を持つ別の男性を引き寄せてセカンドレイプ的な酷い言葉を投げかけられたりもします。

 最初にキッパリと拒絶の意思を表明したら、あとは無視かブロックで。とにかくなるべく関わらないようにするのが最善の方法なのです。

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ