女性はここに注意「SNSセクハラ」対策…曖昧な対応は逆効果

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-09-27 06:53
投稿日:2019-03-23 06:00
 ツイッターやフェイスブックなど、SNSをやっている女性に付き物なのが男性からのセクハラメッセージ。一体どうしたら来なくなるのか、追い払えるものなのか?今回は私が実際に実践している予防法と対策をお教えします。

曖昧な反応は相手を誤解させる

「喜んでいる」と勘違い(写真:iStock)
「喜んでいる」と勘違い (写真:iStock)

 多くの男性というのは基本的に、良く言えばポジティブ、前向きな思考をしています。

 とくにセクハラ的なメッセージを送って来るような人たちの頭の中は若干、思い込みが激しくて自分勝手。

 なので、少しでも「嫌じゃない」と思われるような曖昧な対応をしてしまうと「彼女も喜んでいる!」と受け取られてしまうことが多いのです。

 また、誤解させている期間が長ければ長いほど、真実に気付いた時にその恥ずかしさもあってか、逆切れされて嫌がらせをされたり、面倒なことになる傾向があります。

 ですので、少々言い難くても、セクハラメールには一番最初の対応で毅然とお断りの態度を取りましょう。

嫌われてもいいという気持ちが大事

どんどんおかしな人が集まってくることも…(写真:iStock)
どんどんおかしな人が集まってくることも… (写真:iStock)

「女は優しく、笑顔でいるべき」というような教育や過去からの社会的な風習のせいもあり、女性というのは、なるべく相手に悪い気持ちを抱かせないようにしなければいけないものだ、という風に思いがちです。

 しかしここで大事なのは「相手に悪く思われても構わない」とはっきり決心すること。

 とくにこの場合はネット上での付き合いです。嫌な相手はどんどんブロックしてもいいのです。それで相手に嫌われても、なんの被害もありません。

 むしろ、セクハラ的な男性に迎合するような対応をしていると、他にもそのような人がどんどん集まってきて、まともなフォロワーさんが減ってしまうということも起こり得ます。

「おかしな人には嫌われても良い」と思う勇気を持ちましょう。

怒り過ぎもNG

関わり方を間違えるとより傷つくことに(写真:iStock)
関わり方を間違えるとより傷つくことに (写真:iStock)

 毅然とした「NO」の対応をするのは大事ですが、腹が立つからと言って、プライベートなやりとりや相手のアカウントなどを自分のタイムラインに晒し上げるようなことをするのはほどほどにしなくてはなりません。

 なぜなら、彼らはマイナスの出来事でも「女性に構って貰えた」というだけで興奮が昂ぶってしまうものなのです。

 断られてプライドが傷付いたこととも相まって、余計に粘着されてしまったり、似たような思想を持つ別の男性を引き寄せてセカンドレイプ的な酷い言葉を投げかけられたりもします。

 最初にキッパリと拒絶の意思を表明したら、あとは無視かブロックで。とにかくなるべく関わらないようにするのが最善の方法なのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、婚活女性や結婚したいけど婚活に踏み切れない女性...
山本早織 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 例年の恐怖であるインフルエンザだけでなく、新型コロナウィルスも脅威となっている今は、しっかりとした感染症対策が求められ...
並木まき 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に彼氏に浮気された経験はありますか? 一度でもそのような経験があると、恋愛に奥手になってしまうもの。トラウ...
恋バナ調査隊 2020-02-17 06:00 ラブ
FILM
「性欲が強いか弱いかは、付き合ってみないと分からない」と、そんな風に思っていませんか?実は性欲が強い男女には、共通した特...
FILM
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持ってい...
七海 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-11 06:00 ラブ