いわゆるSMではダメ…精神的に屈服させられることに興奮する

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-05-24 18:05
投稿日:2019-05-18 19:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。
「暴力とセックスで隷属させられること」に興奮する(写真:iStock)
「暴力とセックスで隷属させられること」に興奮する (写真:iStock)

 マゾであること――“M”という性癖は、比較的世の中によく知られている性向のひとつだと思います。けれど、一口に“M”といっても、あまりに範囲は広く、その願望は千差万別。そこで今回は“M”の性癖を持つという沙由美さん(仮名、24歳、滋賀県)にお話を聞かせていただきました。

「私は性癖としてはMに分類されると思います。無理やりレイプみたいにされるのが好きなんです。暴力とセックスで隷属させられることに非常に興奮します。けれども、言葉責めだったり、いわゆるボンデージなどの、SMっていうんでしょうか。なんというか、初めから相手が、精神的に優位に立っている行為には興奮できないんです。あくまで対等というか、むしろ自分の立場が上の状態で、犯されて、精神的に屈服させられることに興奮するんです」

 沙由美さんが「暴力とセックスで隷属させられること」に目覚めたのは14歳。放課後、数学教師に質問していた時のこと。言葉の行き違いで喧嘩になり、カッとなった教師に胸ぐら掴まれた際、死ぬほど興奮していることに気がついたのがキッカケだったそうです。現在、その密かな願望をいったいどうやって叶えているのでしょうか。

河川敷での「理想のシチュエーション」

自分の性癖を伝えて、満足度の高いセックスを(写真:iStock)
自分の性癖を伝えて、満足度の高いセックスを (写真:iStock)

「最初は、彼氏に『首絞めて』って言うところから手探りで始めて、後に付き合った人が格闘技の経験者だったので、関節固めてもらったまま、して欲しいってお願いしたこともあります。そのあたりから、男性にある程度頼めるようになりました。形式だけでも興奮するために、男性に『今から抵抗するから、無理やり犯す形でセックスしてほしい』とか。ただどうしても予定調和になってしまうのがジレンマなのと、基本的に皆さん、困惑するんですよね。『痛そうだし、申し訳ない』とか言われます」

 相手の男性の困惑にも負けず、ビンタやグーパンと噛みつきあり、というルールでのレイプごっこを楽しんだりもするという沙由美さん。

「もちろん、実際にレイプされるとなると、命の危険への心配が先に来ちゃうんですけど……実は、理想のシチュエーションが一つありまして。以前ネットの誰かの投稿で見たのですが、夜の河川敷とかで『今から10秒全力で逃げろ、そのあと俺がお前を追いかけてその場で犯す』っていうプレイをした芸人さんがいたらしくて、それを一度はやってみたいです。逃げたいし捕まえられたい。そのまま好きにされたいです」

  ◇  ◇  ◇

 今回、話を聞いていて思ったのは、より満足度の高いセックスをする手段のひとつとして、自分の性癖を相手に伝え、率直に欲しいことを告げるのがすごく有効だということ。パートナーに赤裸々な願望を告げるのは、なかなかハードルが高いと感じる女性もいるかもしれませんが、それを乗り越えれば、より豊かな性の世界が広がるのです。

欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集中

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は、rika.oizumi★gmail.com (★は@ にしてください)もしくは https://twitter.com/ame_rika までDMでご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 同性からのセクハラも、逃げ場を塞がれやすいものです。 (この人の態度、なにかおかしいけど、まさか……女同士だし…...
FILM
 美容整形外科のメニューにはあるのに、あまり表立って語られることの少ない女性器の整形手術。費用はどれぐらいかかるのか? ...
FILM
 大ファンである人気女優・美咲さん(仮名・30代)に近づきたいがために、その夫・Kさん(40代)と肉体的関係を持った邦子...
蒼井凜花 2019-08-26 06:00 エロコク
FILM
 仕事でもプライベートでも必要不可欠なものになっているスマートフォン。これからはセックスライフにも欠かせないものになるか...
桃子 2019-11-12 04:44 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 とあるSMサイトで出逢った人の中に、「会わないままで君のことを追い詰めたい」という一風変わった人がいました。  ...
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2019-08-21 19:20 エロコク
FILM
 毎年、「出会えてよかった!」と心から思えるバイブレーターが何本かあります。「ウーマナイザー デュオ」もそのひとつ。 ...
2019-11-05 13:23 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 私の周りには性欲の強い女性のお友達がいるのですが、彼女たちとご飯に行くと、メニューやお店のセレクトにどうやら傾向が見ら...
FILM
 自分で自分を気持ち良くするセルフプレジャー。じっくりと楽しみたい夜もあれば、短時間でささっと済ませて眠りにつきたい夜も...
桃子 2019-11-12 04:43 エロコク
FILM
 人の数だけドラマがあり、同時に嫉妬も憎しみも、それ以上の愛や執着もあるのだとしみじみ感じます。前回の「主婦レズビアン」...
蒼井凜花 2019-08-26 12:22 エロコク
FILM
 女性のみなさん、アンダーヘア、つまり陰毛の処理はどのようになさっているでしょうか。  10年くらい前まではみんな...
FILM
 コスメブランドが1シーズンに数種類のカラーの口紅を出すように、ラブグッズの世界にもシリーズ展開しているブランドがありま...
桃子 2019-11-12 04:43 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
「ママ活」という言葉が盛んに使われるようになったのは、2018年後半頃から。そこから半年ほどを経て、いよいよ「ママ活」を...
内藤みか 2019-08-01 06:00 エロコク