なぜ出張ホストをしているの? この仕事を選ぶ男性の心理

内藤みか 作家
更新日:2019-05-30 06:00
投稿日:2019-05-30 06:00
 最近、出張ホスト(レンタル彼氏)のニーズが高まっています。おひとりさま社会と言われ、恋人がいない独身女性が増えているのも一因かもしれません。そんな女性の相手をする男性たちは、なぜ、この職業を選んだのでしょう。実際に出張ホスト何十人と話をした経験から分析します。

出張ホストには2種類ある

彼氏をレンタルする時代に(写真:iStock)
彼氏をレンタルする時代に (写真:iStock)

 出張ホストには大きくわけて2つの種類があります。ひとつはデートのみ対応のところ。そしてもうひとつはオプション料金を足せばデート以上のマッサージなどのサービスも受けられるところです。最近は個人で出張ホストなどと自称する人もいますが、個人の無許可営業だとトラブルになった時に間に入ってくれるところがありません。警察に「無店舗型風俗特殊営業」の届け出を出していると明記されているところから依頼するのが安全だと言われています。

 料金は、デートのみだと新人は1時間で2000円台からとかなりリーズナブル。料金は人気が出ると上がっていき、トップクラスになると、1時間1万円以上する人も。なぜ彼らはこの職業を選ぶのでしょう。街の中で待ち合わせたり、女性の自宅に呼ばれることなどもあり、ホストクラブで働くよりかなりのスリルを味わうことになるはずです。女性客と手をつないで歩いているところを知り合いに目撃されるリスクもあることでしょう。

ホストにはなれないから

ホストクラブは集団社会(写真:iStock)
ホストクラブは集団社会 (写真:iStock)

 意外に思うかもしれませんが、出張ホストをしているのは、ホストクラブのホストよりもおとなしめの男性が多いのです。「ホストクラブで働くことも考えたけれど、集団行動が苦手なので……」と語った人が何人もいました。ホストクラブはチームに分かれて営業を頑張ったり、ミーティングがあったり、ほかのホストのヘルプに入ったりと、集団社会。女性客のほとんどはお酒を飲むので、楽しくその場を盛り上げるテクも必要です。

 けれど、単独行動が好きな男性は、ホストのそうしたまとまりに腰が引けてしまい、ひとりでできる仕事はないかと探して出張ホストに辿り着くようです。ランキングを上がってくるのはやはりルックスのいい男性。そのなかでも女性に対してきめ細かい配慮ができる優しいタイプの男性が人気なので、オラオラな感じの人が多そうなホストクラブのホストとはだいぶ色が違うのです。

やっぱりお金が欲しい

女性からプレゼントを贈られることも(写真:iStock)
女性からプレゼントを贈られることも (写真:iStock)

 出張ホストの仕事は24時間いつでも待機ができるので、ほかの仕事と掛け持ちをしながら予約をこなす人がほとんどです。出張ホストだけで頑張っているという人はかなりの売れっ子で少数派でしょう。つまりは副業として働いているのですが、その理由はやはりお金。車のローンや借金があるという人もいますし、起業したいとか大学に行きたいなどの理由がある人も。

 予約が立て込んでいる時期は、女性客に付き合って朝まで飲み明かした後に、仮眠だけ取って昼の仕事に向かうというハードなスケジュールをこなすことも。働いた分だけ稼ぎも増えるので、やり甲斐はかなりあるそうです。出張ホストは女性と一緒に街を歩くので「普通の格好で来てほしい」とリクエストされることが多いため、ホストクラブのホストよりも着飾ることにお金を使わなくていいのでお金は貯まりやすいのだとか。また、何度も指名してくれる常連さんが増えると、ブランド品などのプレゼントをいただけるのも楽しいのだとか。

忍耐と許容力が必要な仕事

とことん女性に寄り添ってくれる(写真:iStock)
とことん女性に寄り添ってくれる (写真:iStock)

 女性の相手をしてお金をもらえるのなら、自分もやってみようかな、と思う男性は結構多いようです。けれど、やはり人気が出るのは一緒に歩いてときめくカッコいい男性であり、マメな気遣いができるリアル社会でもモテる人。誰でも仕事にありつけるわけではないので、いざ登録しても全然指名にありつけない人も少なくないそうです。そしてホストは客を選ぶことはできません。なので女性の好みにうるさい男性は向いていないのです。

 出張ホストをしている男性は基本的に女性好き。「女性のストライクゾーンが広い」と言う人がほとんどです。「どんな体型の人でも、何歳でも、素敵だなと思える」と言い切る人もいます。いやいや相手をしていたら女性客に見破られてしまうので、おそらく相当に許容範囲が広いのでしょう。また、女性のワガママに対応したり、酔った女性のグチを、疲れた顔もせず何時間も聞き続けることができる忍耐力も必要です。

 私が見かけた人気出張ホストさんたちは、どの人も、奉仕の精神に満ち溢れていて、女性に対する愛情が豊かです。そしてなにより特筆すべきなのは、女性を尊敬しているところ。変に威張ったりせず、とことん女性に付き合い、尽くすからこそ売れています。きっとつらい思いをすることもあるのでしょうけど、そうしたことは顔に出さず、女性に寄り添い続ける。人気出張ホストの姿勢に女性は感動し、だからこそまた指名したくなるのでしょう。

ライフスタイル 新着一覧


震えが止まらない…夫の浮気相手から妻に届いた怖いLINE5つ
 浮気に苦しむ女性は多いですよね。特に、浮気相手が強気な女性だと、さらに厄介です……。今回は、夫に浮気されている女性「サ...
女性に人気の“リンパケア資格”とは? リンパケアセラピストの魅力や給料、合格率まで徹底リサーチ♪
 今、女性に人気の「リンパケアセラピスト」。資格を取れば、自身の美容や健康維持に役立つのはもちろん、“リンパケアのプロ”...
心をすり減らさないで…嫌なことへの対応をテンプレ化しよう
 大人の皆さんは、嫌な相手とコミュニケーションをとらなければいけない時どうしてますか? きっと心をすり減らしながらメール...
ワイルドな肉球とふわふわ“にゃんたま”のギャップにきゅん♡
 きょうは、母性本能をくすぐる可愛い印象のソフトにゃんたまωを発見!  外猫ならではのワイルドに汚れた脚に、お手入...
ルノルマン占い〜9月の恋愛運〜腐れ縁とサヨナラできる人は
 18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起源です。日本で...
厳しい残暑に清涼を!ウコンの花「クルクマ」の美しい花姿
 だいぶ以前の話ではございますが、海外からやってきた友人を東京見物に連れて行った時のお話でございます。  一日かけ...
職場のスメハラ対処法5つ! 言えない&耐えられない人必見
 職場で起こる「ハラスメント」の中でも、特に対処が難しいのが「スメハラ」です。この“臭い問題”は、本人が気づいていない場...
人生の手綱を握ろう! 離婚を機に変わった私が伝えたいこと
 本連載も今回が最終回になります。1年以上にわたり、お付き合いいただきありがとうございました。この連載と一緒に私自身も離...
8月30日~9月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
チラ見えに風情を感じたら…あなたもすっかり“にゃんたま”通
 きょうは喉元をポリポリ、にゃんたまωチラリ♪♪  ふとした拍子に一瞬見えるというこの状況、バッチリ見えるよりも、...
都内初!西友の“レタス工場”に行ってみた 2021.8.30(水)
 今年3月、西友大森店に開設された店内植物工場「LEAFRU FARM(リーフルファーム)」に行ってきました! 西友では...
年齢不詳な人ってどんな人?真似したい特徴&目指すポイント
 年齢を重ねると、誰だって変化が起こるもの。肌や髪など見た目はもちろん、内面も変わってくるのが当たり前です。しかし、中に...
「根はいい人」と言うけれど…実はマイナスな人たちにご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「根はいい人だけど……」と前置きして紹介しなくてはいけない恋人や友人。「根は...
姑vs嫁で因縁バトル勃発! 女性同士の“壮絶LINE”の内容5選
 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の...
現実逃避?自信がない人ほどやってはいけない”逃げ酒”の話
 みなさんはお酒を飲む理由を考えたことがありますか? 美味しいから、楽しいから、色んな理由があると思いますが、”悲しいか...
ダンディーな見返りポーズと完璧な“にゃんたま”にうっとり♡
 きょうは、いばらのアーチの下で見返りポーズ、男っぽさを感じるダンディーなにゃんたまω君に出逢いました。  にゃん...