遊んでいないイケメンはいる!その特徴&彼女になる方法は?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-17 13:09
投稿日:2019-05-17 06:00
「イケメン=遊び人」というイメージが頭を巡り、「好きになるのはやめておこう」と自制した経験がある女性は多いのでは?でも、イケメンだからといって、みんな「遊び人」というわけではありません。そんな男性にこそ思い切って飛び込んでみると、意外とすんなりお付き合いできたりするんですよ。

「遊んでいないイケメン」の意外な特徴

「遊んでいないイケメン」とつきあうには(写真:iStock)
「遊んでいないイケメン」とつきあうには (写真:iStock)

「ルックス」という最大の武器を使って遊んでいる要注意イケメンもいますが、中には、遊んでいないイケメンもいます。まずは特徴から!

モテない

 遊んでいないイケメンは、意外とモテません。「カッコ良いから◯◯だろう」「◯◯できそう」なんて先入観を持たれてしまい、時間が経つうちに「思ってたのと違う」と、いわゆる「残念な男」認定をされてしまうからです。

 また、中には女性と付き合うのが面倒臭く、あえて「彼女いらない風」に見せて女性を遠ざける「臆病イケメン」もいるようです。

女性のルックスにあまりこだわらない

 女性のルックスにあまりこだわらないのも、遊んでいないイケメンの特徴。小さな頃からモテてきた天然イケメンは、顔に対してコンプレックスを抱いたことがないため、「カッコ良い・可愛いからって何?」と、容姿に関して極めてフラットな目を持っています。

 ちなみに、イケメンではない男性の中に、妙に女性のルックスに厳しい方がいるのは、容姿に対するコンプレックスを克服できていないことにあると思うのです。たぶん。

男性から見ても「いいヤツ」

 遊んでいないイケメンは、なぜか男友達の付き合いを大事にします。若いノリではしゃいだり、友人の失恋話に朝まで付き合ったり。つまりは、男性から見ても「いいヤツ」が多いのも、遊んでいないイケメンの特徴でしょう。

 逆に、男友達が少なく、あまり好かれていない様子のイケメンには要注意。遊んでいるいないに関わらず人望がない男性は、性格や行動に何かしらの問題があるのかもしれません。

遊んでいないイケメンの彼女になるには?

イケメンの男友達と「男友達」になろう(写真:iStock)
イケメンの男友達と「男友達」になろう (写真:iStock)

 遊んでいないイケメンかをチェックできたら、もう一歩先に進みましょう!彼女になるきっかけを作る方法とは?

容姿以外の良いところを褒める

 イケメンへの禁句は、「カッコ良いね」とか「芸能人の◯◯に似てる」など、容姿について褒めること。これを言ってしまったら、「結局、顔目当てか」と思われてしまうのです。

 では、どうすれば良いのかというと「容姿」の話題に触れない、もしくは、容姿以外の良いところを褒めること。顔を差し引いた時に何が残るのか、何が魅力的なのかが分かったら、彼の新しい一面を発見できてあなたにとってもプラスになるはず。

気持ちを見せるのは間合いを詰めてから

 出会った瞬間に一瞬で判断できる「イケメン度」ですが、どんなにタイプだったとしても、最初からガツガツいくのはNG。なぜなら、イケメンは自分がイケメンであることを自覚している故、「たいして自分のことを知らないのに、なぜこんなにアピールしてくるんだろう」と警戒するからです。

 そのため、アプローチは最初は控えめに。気持ちを見せるのは時間をかけ、間合いを詰めてからにするようにしましょう。

イケメンの男友達と「男友達」になる

 遊んでいないイケメンは、飲み会などで自分の男友達をおざなりにしてまで自分に猛アプローチをかけてくるような女性に魅力を感じません。むしろ、1人1人好き嫌い関係なく丁寧に接している女性に対して、好感を覚える傾向にあると思います。

 そのため、共通の知り合いがいるのであれば、まずはその男友達と「男友達」になるのがおすすめ!信頼している男友達が「あの子、良い子だよね!」と褒めようものなら好印象確定です。

 男友達の意見1つで意識し始めてしまうくらい単純なのも、遊んでいないイケメンの可愛いところなのです。

顔が良ければ全てを許せる広い心がある?

「顔が良ければ全てを許せる」という広い心がポイント(写真:iStock)
「顔が良ければ全てを許せる」という広い心がポイント (写真:iStock)

 晴れてイケメンの彼女になれたとしても、そこで終わりではありません。

 いかにも女性に慣れていそうなイケメンですが、努力しなくてもモテてきたため、女性を喜ばせるスキルを持ち合わせていない方が多いのが難点。お付き合いを持続させるためには、「顔が良ければ全てを許せる」という、女性の広い心があるかがポイントかもしれませんね。

 でも、イケメンと結婚した女友達が言ってました。「顔が良いだけで許せることは多々ある!」と。美人ならぬ、美男子は3日では飽きないそうですよ。毎日、寝顔を見るだけで惚れ惚れするのだとか。

 とにかくイケメンを見ただけで「自分には無理!」は思わずに、ぜひ、紹介したポイントを思い出してアプローチしてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ