遊んでいないイケメンはいる!その特徴&彼女になる方法は?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-17 13:09
投稿日:2019-05-17 06:00
「イケメン=遊び人」というイメージが頭を巡り、「好きになるのはやめておこう」と自制した経験がある女性は多いのでは?でも、イケメンだからといって、みんな「遊び人」というわけではありません。そんな男性にこそ思い切って飛び込んでみると、意外とすんなりお付き合いできたりするんですよ。

「遊んでいないイケメン」の意外な特徴

「遊んでいないイケメン」とつきあうには(写真:iStock)
「遊んでいないイケメン」とつきあうには (写真:iStock)

「ルックス」という最大の武器を使って遊んでいる要注意イケメンもいますが、中には、遊んでいないイケメンもいます。まずは特徴から!

モテない

 遊んでいないイケメンは、意外とモテません。「カッコ良いから◯◯だろう」「◯◯できそう」なんて先入観を持たれてしまい、時間が経つうちに「思ってたのと違う」と、いわゆる「残念な男」認定をされてしまうからです。

 また、中には女性と付き合うのが面倒臭く、あえて「彼女いらない風」に見せて女性を遠ざける「臆病イケメン」もいるようです。

女性のルックスにあまりこだわらない

 女性のルックスにあまりこだわらないのも、遊んでいないイケメンの特徴。小さな頃からモテてきた天然イケメンは、顔に対してコンプレックスを抱いたことがないため、「カッコ良い・可愛いからって何?」と、容姿に関して極めてフラットな目を持っています。

 ちなみに、イケメンではない男性の中に、妙に女性のルックスに厳しい方がいるのは、容姿に対するコンプレックスを克服できていないことにあると思うのです。たぶん。

男性から見ても「いいヤツ」

 遊んでいないイケメンは、なぜか男友達の付き合いを大事にします。若いノリではしゃいだり、友人の失恋話に朝まで付き合ったり。つまりは、男性から見ても「いいヤツ」が多いのも、遊んでいないイケメンの特徴でしょう。

 逆に、男友達が少なく、あまり好かれていない様子のイケメンには要注意。遊んでいるいないに関わらず人望がない男性は、性格や行動に何かしらの問題があるのかもしれません。

遊んでいないイケメンの彼女になるには?

イケメンの男友達と「男友達」になろう(写真:iStock)
イケメンの男友達と「男友達」になろう (写真:iStock)

 遊んでいないイケメンかをチェックできたら、もう一歩先に進みましょう!彼女になるきっかけを作る方法とは?

容姿以外の良いところを褒める

 イケメンへの禁句は、「カッコ良いね」とか「芸能人の◯◯に似てる」など、容姿について褒めること。これを言ってしまったら、「結局、顔目当てか」と思われてしまうのです。

 では、どうすれば良いのかというと「容姿」の話題に触れない、もしくは、容姿以外の良いところを褒めること。顔を差し引いた時に何が残るのか、何が魅力的なのかが分かったら、彼の新しい一面を発見できてあなたにとってもプラスになるはず。

気持ちを見せるのは間合いを詰めてから

 出会った瞬間に一瞬で判断できる「イケメン度」ですが、どんなにタイプだったとしても、最初からガツガツいくのはNG。なぜなら、イケメンは自分がイケメンであることを自覚している故、「たいして自分のことを知らないのに、なぜこんなにアピールしてくるんだろう」と警戒するからです。

 そのため、アプローチは最初は控えめに。気持ちを見せるのは時間をかけ、間合いを詰めてからにするようにしましょう。

イケメンの男友達と「男友達」になる

 遊んでいないイケメンは、飲み会などで自分の男友達をおざなりにしてまで自分に猛アプローチをかけてくるような女性に魅力を感じません。むしろ、1人1人好き嫌い関係なく丁寧に接している女性に対して、好感を覚える傾向にあると思います。

 そのため、共通の知り合いがいるのであれば、まずはその男友達と「男友達」になるのがおすすめ!信頼している男友達が「あの子、良い子だよね!」と褒めようものなら好印象確定です。

 男友達の意見1つで意識し始めてしまうくらい単純なのも、遊んでいないイケメンの可愛いところなのです。

顔が良ければ全てを許せる広い心がある?

「顔が良ければ全てを許せる」という広い心がポイント(写真:iStock)
「顔が良ければ全てを許せる」という広い心がポイント (写真:iStock)

 晴れてイケメンの彼女になれたとしても、そこで終わりではありません。

 いかにも女性に慣れていそうなイケメンですが、努力しなくてもモテてきたため、女性を喜ばせるスキルを持ち合わせていない方が多いのが難点。お付き合いを持続させるためには、「顔が良ければ全てを許せる」という、女性の広い心があるかがポイントかもしれませんね。

 でも、イケメンと結婚した女友達が言ってました。「顔が良いだけで許せることは多々ある!」と。美人ならぬ、美男子は3日では飽きないそうですよ。毎日、寝顔を見るだけで惚れ惚れするのだとか。

 とにかくイケメンを見ただけで「自分には無理!」は思わずに、ぜひ、紹介したポイントを思い出してアプローチしてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ