格安でふたりきりになれる…ネットカフェの鍵付き個室って?

内藤みか 作家
更新日:2021-08-17 23:27
投稿日:2019-12-09 06:00
 最近、ネットカフェデートがかなり進化しています。今までのペアシート(カップルシート)に比べると、防音もあり、部屋にカギがかかるところも。都会のなかで少しだけふたりきりになりたい時にはかなり使えるスペースなのかもしれません。

防音が当たり前のシアタールーム

 以前はネットカフェにあまり個室はありませんでした。ペアシート(カップルシート)といっても、ただ横並びで一緒に座り、黙って一緒に漫画を読みふけるくらいしかできなかったのです。部屋ごとの仕切りも天井が空いているので、他の誰かに部屋をのぞかれる可能性もあるし、会話をすると他の部屋に聞こえてしまうので、いけないことはしづらかったのです。

 しかし防音のシアタールームというものが誕生以降、その密室性は一気に高くなっていきました。シアタールームとは、建前上は映画を大きな音で鑑賞するための部屋ということになっています。音漏れ防止のために他の部屋と違い防音になっていることと、2人で入れることから、映画鑑賞以外にも、聞こえたくない話をする人なども利用するとは言われていました。

ネットカフェでのエッチは禁止

 密室で防音の場所にカップルで入れば、当然のことながら密着したくなることでしょう。けれどネットカフェでは性的な行為をはっきりと禁止しているところがほとんど。もし、度を超えたエッチなことをしたということがバレたら、店員からかなり叱られたり、場合によっては今後の来店を禁止されることもあるそうです。

 度を超えたエッチがどのようなものかというと、他のお客様が不快に感じない程度というもの。たとえば仲良く寄り添って映画を観ているくらいなら、なんの迷惑でもありませんが、ディープなキスをしたり、道ばたで普通は露出しないような体の部分を露出したりしたら、目撃した人はいやがる可能性があります。防音だからといってエッチな声を出してイイ気持ちになっていた時に、なんらかの拍子でドアが開いたら、大問題になってしまいます。

となりの部屋の音が聞こえる設計

 この記事を書いている私も、ネットカフェを時々利用しますが、それは原稿に集中したいときに1人用のブースを利用するだけ。ひたすらPCに向かっているだけなので、となりの人のクシャミが聞こえるようなところでも全然気にしません。むしろカフェのように多少のざわめきがあったほうが落ち着くのです。けれど時代の影響なのか、ネットカフェはどんどん密室化しているようです。

 私は仕事に集中したいので、カップルで利用できるブースがあまり多くない店舗を選んで利用しています。以前、カップルシートが隣だったことがあり、ずっとクスクスという笑い声やささやき声が聞こえてきて、さすがに耐えかね、別のブースに移動させてもらったという経験をしたせいです。最近はレディースシートを利用するので、カップルは絶対にいないし、クシャミも小さくて可愛いし、とても快適。そしてこの店にも先日、鍵付き個室が誕生しました。

鍵付き個室とは何か

 鍵付き個室とは、どういうものなのかというと、防音で、鍵がかかるので、かなり密室性が高いものです。私が利用する店は、1人用の防音個室です。なんだか密閉されて息苦しそうな気もしますが、落ち着いて作業をしたいという人にはいいのではないでしょうか。しかし先日行った別の店には、カップル用の鍵付き防音個室がありました。これはつまり、鍵のかかるシアタールーム状態ですから、いろいろといけないことができてしまいそうな予感しかありません。

 料金は1時間1人500円。つまり1時間1000円で恋人の密室が誕生するのです。なぜか室内には箱ティッシュまで備えてあるようですが、それはなぜなのか、いろいろと妄想してしまいました。ライターが秘密の話を取材するときにこうした部屋を使うこともあるようですが、たとえばティーンのカップルがこうした密室に入ったらどうなっちゃうのか、と考えると少し心配になってしまいます。かなりこうしたお部屋が増えているので、どういう用途に利用しているのか定かではありませんが、利用者の需要はあるようです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

エロコク 新着一覧


「セックスは心でするもの…」乳房、卵巣を失った人妻の甘美な気付き #5
 乳がんを患い、両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。彼女は抗がん剤治療が一区切りついたタイミン...
蒼井凜花 2024-03-01 06:00 エロコク
シャワー中に財布ごとドロン…26歳パパ活女子を襲った悲劇
 今回ご登場いただいたパパ活女子の詩織ちゃん、最近とんでもないアクシデントに見舞われたそう。 「ネットの掲示板でパ...
中山美里 2024-02-27 06:00 エロコク
電マで迷ったらコレ! 力強い振動であっという間に昇天♡
 ほんの数年前までは、女性に敬遠されがちだった電マ。いまや海外ブランドからもリリースされ、実にバリエーション豊か。 ...
桃子 2024-02-25 06:00 エロコク
横暴SEXで“分散”決意!乳房、卵巣を失った40代主婦は新たな男を探す#4
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。  彼女は抗がん剤治療が一区切り...
蒼井凜花 2024-02-23 11:21 エロコク
一石三鳥!35歳の主婦が出会い系掲示板で出会った超優良パパ
 運動不足で血行が悪くなり、肩凝りや腰痛が出始めたという方も多いのでは。  そんな中、今回お話を聞かせてくれたのは...
中山美里 2024-02-20 06:00 エロコク
遠隔プレイ専用ローター爆誕!マグネット装備でフィット感◎
 生活雑貨でも何でも、従来のアイテムがちょっとの工夫で劇的に使いやすくなることってありますよね。なんで前からなかったのか...
桃子 2024-02-18 06:00 エロコク
パンティの奥が熱い…乳房、卵巣を失った40代主婦。男の誘いに抗えず#3
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。彼女は、単身赴任をきっかけ外泊するのが...
蒼井凜花 2024-02-24 15:52 エロコク
パパ活も多様化の時代…収入のためではなく手段として愛人に
 長引く不況で勤めている会社もどうなるか分からない昨今。副業しようかと考える方も多いはず。  そんな中で3年前あた...
中山美里 2024-02-13 06:00 エロコク
プリプリのボディが“中”でグルグル回転♡ああん、気持ちいい
 レトロな雰囲気のバイブレーター、懐かしく感じる人もいれば、新鮮! と感じる人もいるでしょう。 「無限輪廻くねりん...
桃子 2024-02-11 06:00 エロコク
乳房と卵巣を失った40代主婦「愛されたい…」マチアプで男漁り #2
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。  彼女は、単身赴任をきっかけ外...
蒼井凜花 2024-02-21 20:26 エロコク
顔だけじゃなくて職業&年収も…オジサマだって盛りたいです
 いつもはパパ活女子を対象にインタビュー取材をしている私ですが、先日、愛人探しを最近になって始めたという50歳の男性に話...
中山美里 2024-02-07 06:00 エロコク
吸われて軽く叩かれて…マルチユースなバイブレーターに夢中
 人は常に、新たな刺激を求めます。吸引系グッズといわれるものが2017年ごろに登場してから、吸われる快感に目覚めた女性は...
桃子 2024-02-04 06:00 エロコク
女って怖い! 35歳主婦が25キロのダイエットに成功したワケ
 そろそろ女性たちの口から「薄着の季節に向けてダイエットしなきゃ」という言葉が出始めるこの季節。  冬は何かと食べ...
中山美里 2024-01-30 06:00 エロコク
平たいフォルムの面が刺激♡ 新しい心地よさを体験してみて
 平たいフォルムの「極天 -kiwami ten- rotor キワミテン ローター 菱」。女性には、まるで薄型の生理用...
桃子 2024-01-28 06:00 エロコク
パパを逃がさないために! 25歳フリーターの驚きの“隠し玉”
 ある取材でこんなことを言っていたキャバ嬢がいました。 「指名のお客さんをできるだけ長く引っ張るために“あと一押し...
中山美里 2024-01-23 06:00 エロコク
今年デビューを考えているなら…お手軽価格&シンプルさが◎
 2024年が始まったばかりですが、今年こそグッズデビューをしたいと思っている女性に、お伝えしたいこと。それは「お手軽価...
桃子 2024-01-21 06:00 エロコク