不倫相手と一緒になりたい…夫に離婚を切り出した女性の誤算

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-24 07:48
投稿日:2020-10-24 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性の心情をお届けします。

40歳を前にして今の結婚生活に疑問

不倫が本気になってしまった(写真:iStock)
不倫が本気になってしまった (写真:iStock)

 Wさんは、フリーランスで働く30代後半の女性。10歳年上の夫との間に子どもはおらず、お互いにあまり干渉しない結婚生活を送ってきました。

 そんな生活に特別な不満があったわけではないものの、2年ほど前から3歳年下の既婚男性・Oさんと不倫関係に。そして最近、離婚をして、不倫相手の男性と一緒になりたいと考えるようになったそうです。

「Oとは、最初は遊びのつもりでした。というよりも、うちは夫が年上で、年々レスになってしまい、欲の解消目的で付き合い始めたって感じですね。

 でも最近私は、フリーランスから法人を設立しようと思っていて、その相談を夫と彼の両方にしたところ、彼のほうが親身になってくれて……。不倫相手は経営者なので、会社の設立や経営の知識が豊富なんですよね。

 それで、今までよりも頻繁に連絡を取り合い、いろんな相談をしているうちに、彼が今の奥様との離婚を考えていることを知り……。

 私自身、もうすぐ40歳を迎えるにあたって、今の夫とこのまま一緒にいていいんだろうかって疑問が出てきていて、できれば私も離婚してOと再婚したいと考えるようになりました」

 しかし世間は、コロナ禍に突入。これまでのように不倫相手と会えなくなり、「離婚をしたい」と話していたOさんの離婚話も一向に進まない状況が続いているそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ
付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ
理系女子の恋愛あるある5つ♡ 相性バツグンの男性の特徴は?
 いつも理論的な、「リケジョ」こと理系女子。頭の回転が早くて、なんとなく甘えるのが苦手そうな彼女たちは、いったいどんな恋...
恋バナ調査隊 2021-05-03 06:00 ラブ
やっぱりピュアな人が一番モテる♡ 心が綺麗な女性の特徴7つ
 心がピュアな女性というと、真っ白くて純粋な心を持ち、人の苦しむ姿に涙する……なんて、まさに、“デキた人柄”を思い浮かべ...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
コロナ禍のLINE恋愛術5選♡彼との距離をぐっと縮めよう
 長引くコロナ禍によって、人と会う機会が大幅に減ってしまった昨今。その影響は、これから彼氏を作ろうと思っていた女性たちに...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
運命の結婚相手とは相性が悪いという少しスピリチュアルなお話
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。出会って一緒になった運命の相手。結婚披露宴は人生で一番と言っていいほど“自分...
山崎世美子 2021-05-01 12:56 ラブ
法律婚から事実婚へ…結婚関係の格下げを提案された夫の狼狽
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-01 06:22 ラブ
この人とはもう無理…法律婚を解消し事実婚を望んだ妻の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.37〜男性編〜」では、法律婚をしていた妻から「事実婚」への変更を提案され、どうしても受け入れ...
並木まき 2021-05-01 06:19 ラブ
ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラ...
七色翡翠 2021-05-01 06:00 ラブ
コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる...
田中絵音 2021-04-30 06:00 ラブ
“ギャップモテ”したい女子必見♡ 男性が惚れる7つのケース
 いつもキツい女性がふいに見せる笑顔や、強気な女性が弱音を吐く瞬間など、いわゆる“女性のギャップ”に弱い男性は多いです。...
恋バナ調査隊 2021-04-30 06:00 ラブ
コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかな...
内藤みか 2021-04-29 06:00 ラブ