それでも顔で稼ぎたい!コロナ禍にイケメンはここにいる

内藤みか 作家
更新日:2021-01-28 06:00
投稿日:2021-01-28 06:00
 コロナ禍は芸能界を目指すイケメンたちにも容赦なく襲いかかっています。出演予定の舞台が感染拡大の影響で次々と延期や中止に追い込まれ、女性ファンと撮るチェキが大きな収入源となるメンズ地下アイドルもなかなかステージに立てず、苦境に陥る人も。そんななか、自称イケメンタレントがマッチングアプリにも現れ始めました。

イケメンが社会に出るために

これからどうすれば…(写真:iStock)
これからどうすれば… (写真:iStock)

 先日、ジャニーズ事務所がジャニーズJr.に「22歳定年制」を導入すると発表しました。22歳に達すると、事務所の合意がなければその時点で契約終了となるのだとか。厳しい判断のようにも見えますが、22歳というと、4年生大学を卒業して就職する年齢です。

 芸能界から離れ、社会に旅立つにはちょうどいい年齢なのかもしれません。けれど、今まで芸能のレッスンに打ち込んできた彼らになんらかの実務スキルはあるのでしょうか。

セカンドキャリアとの直面

世を忍ぶ仮の姿のつもりだけど、いつまで続くんだろう(写真:iStock)
世を忍ぶ仮の姿のつもりだけど、いつまで続くんだろう (写真:iStock)

 Jリーグにも似たような問題があります。若くして引退するサッカー選手は多いのですが、サッカーに集中してきたので、いきなり会社に就職するといっても難しく、簿記などの資格取得のキャリアサポートが行われていた時期もありました。

 芸能界にもそうしたセカンドキャリア指導が必要かもしれません。芸能以外にどのような仕事があるのか、そしてそのためにはどのようなスキルがあればいいのか、自分はどういう方面に進みたいのかなどを考える機会が必要です。

ウーバーは一時的なもの

 キャリアについて考える機会がないまま、コロナ禍に直面した芸能を目指すイケメンは、混乱しつつも自分の売りである「ルックス」で稼ごうとします。もちろん当座の稼ぎとしてウーバーなどの配達員をする人もいますが、それは顔の良さは関係ない仕事であるため、やっぱり芸能で稼ぎたい、と強く望んでいるのです。

 彼らは配達などのバイトは「世をしのぶ仮の姿」であり、芸能の世界でキラキラしているのが本当の自分の姿だと思っているため、どうしてもそちらに向かいたがります。けれど、コロナ禍で芸能の仕事量は激減しているため、新人が十分に活動できる状態ではありません。

ラブ 新着一覧


現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ
冷たい態度をとる男性に秘められた5つの心理&対処方法
 好意を抱いている男性から冷たくされると、ショックですよね。勇気を出してアプローチしたのにそっけない態度をとられたら、「...
恋バナ調査隊 2021-06-07 06:00 ラブ
腐れ縁からの結婚ってあり…?見極めておくべき7つのポイント
 長く交際している彼氏がいる人の中には、別れては復縁を繰り返している人もいれば、“長い春”のように交際が続いている人もい...
恋バナ調査隊 2021-06-06 06:00 ラブ