それでも顔で稼ぎたい!コロナ禍にイケメンはここにいる

内藤みか 作家
更新日:2021-01-28 06:00
投稿日:2021-01-28 06:00
 コロナ禍は芸能界を目指すイケメンたちにも容赦なく襲いかかっています。出演予定の舞台が感染拡大の影響で次々と延期や中止に追い込まれ、女性ファンと撮るチェキが大きな収入源となるメンズ地下アイドルもなかなかステージに立てず、苦境に陥る人も。そんななか、自称イケメンタレントがマッチングアプリにも現れ始めました。

イケメンが社会に出るために

これからどうすれば…(写真:iStock)
これからどうすれば… (写真:iStock)

 先日、ジャニーズ事務所がジャニーズJr.に「22歳定年制」を導入すると発表しました。22歳に達すると、事務所の合意がなければその時点で契約終了となるのだとか。厳しい判断のようにも見えますが、22歳というと、4年生大学を卒業して就職する年齢です。

 芸能界から離れ、社会に旅立つにはちょうどいい年齢なのかもしれません。けれど、今まで芸能のレッスンに打ち込んできた彼らになんらかの実務スキルはあるのでしょうか。

セカンドキャリアとの直面

世を忍ぶ仮の姿のつもりだけど、いつまで続くんだろう(写真:iStock)
世を忍ぶ仮の姿のつもりだけど、いつまで続くんだろう (写真:iStock)

 Jリーグにも似たような問題があります。若くして引退するサッカー選手は多いのですが、サッカーに集中してきたので、いきなり会社に就職するといっても難しく、簿記などの資格取得のキャリアサポートが行われていた時期もありました。

 芸能界にもそうしたセカンドキャリア指導が必要かもしれません。芸能以外にどのような仕事があるのか、そしてそのためにはどのようなスキルがあればいいのか、自分はどういう方面に進みたいのかなどを考える機会が必要です。

ウーバーは一時的なもの

 キャリアについて考える機会がないまま、コロナ禍に直面した芸能を目指すイケメンは、混乱しつつも自分の売りである「ルックス」で稼ごうとします。もちろん当座の稼ぎとしてウーバーなどの配達員をする人もいますが、それは顔の良さは関係ない仕事であるため、やっぱり芸能で稼ぎたい、と強く望んでいるのです。

 彼らは配達などのバイトは「世をしのぶ仮の姿」であり、芸能の世界でキラキラしているのが本当の自分の姿だと思っているため、どうしてもそちらに向かいたがります。けれど、コロナ禍で芸能の仕事量は激減しているため、新人が十分に活動できる状態ではありません。

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ