緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた

内藤みか 作家
更新日:2021-01-14 06:00
投稿日:2021-01-14 06:00
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り合ったばかりの女性に「会おうよ」と声をかける男性が後を絶ちません。そんな彼らに「なぜ今、会いたいの?」と聞いてみました。

なぜ不要不急に出かけたがる?

このご時勢で「会おうよ」という男性の心理は(写真:iStock)
このご時勢で「会おうよ」という男性の心理は (写真:iStock)

 私は40代ですが、このような年齢でもマッチングアプリに登録すると「会おうよ」と声をかけてくる男性がいます。サプリや宗教の勧誘をしている人もいるらしいし、いわゆるママ活でお金目当ての人もいるので、純粋にモテているというわけではありません。

 私自身はチキンで、緊急事態宣言が出て以降、ほとんどの時間を家の中で過ごしていますし、知らない人と会う気持ちにもなれません。けれど、このような感染流行期に「会おうよ」と言ってくる人がいるので、彼らはどんな気持ちなのか、聞いてみることにしました。

「会わないと何もわからないから」

会わなきゃわからない(写真:iStock)
会わなきゃわからない (写真:iStock)

 まず、一番多かった理由が「会わないと何もわからないから」というものでした。写真だけだと写真詐欺かもしれないし、まずは直接実物を見て本人確認したい、そうじゃないと恋愛を始められないという非常に現実的な考えで会おうとしているというのです。

 登録女性のなかにも勧誘をする人がいるのだそうで、そういう人に引っかからないためにも、直接会ってお互いのニーズが合うか確かめたいのだとか。緊急事態宣言発令中については「マンツーマンで大人数じゃないから安心だと思う」とのことでした。

「早く会わないと他の男にさらわれそうだから」

先手必勝あるのみ!……なのか?(写真:iStock)
先手必勝あるのみ!……なのか? (写真:iStock)

 その次に多かったのが「他の男性にさらわれてしまう前に、早く会いたい」というものでした。多くのマッチングアプリでは、男性の数のほうが女性よりもずっと多く、そのためなかなかマッチングに至らず、やりとりする女性を見つけることも一苦労なのだとか。だからこそ早めに掴まえておきたいと気がはやるのでしょう。

 先を急ぐ男性にとって、緊急事態宣言中であろうとなかろうと関係ありません。人気のあるホテルの予約のように女性を「早く押さえておきたい」のです。これと似たような事例として、オラオラ系の男性の「俺に早く会っておかないと、他の女に持ってかれちゃうけど、それでもいいの?」という上から目線的な返事もありました。

「最近してないから」

二人きりなら密じゃない!?(写真:iStock)
二人きりなら密じゃない!? (写真:iStock)

 そして「最近してないから」というイミシンな答もありました。これには「最近エッチをしていないから」という体目的の男性と「最近どこにもお出かけをしてないから」というデート目的の男性との2種類のパターンがありました。このような緊急事態であっても、ゆきずりの関係を止められない性欲旺盛な人がいるのですね。

 緊急事態宣言中ですが、と話を振ると、デート希望の人は「カフェくらいならいいかと思って」という考えでしたし、エッチ希望の人は「ホテルならふたりきりだから、密じゃないし」とのことでした。

会う人を厳選する必要

感染収束までは…(写真:iStock)
感染収束までは… (写真:iStock)

 本当の彼氏とならカフェでもホテルでそっとデートしたくなるものかもしれませんが、マッチングサプリで知り合った全く見ず知らずの人と会うのは、やはりリスキーです。万が一感染しても、相手の連絡先もわからないかもしれないのです。もし感染してしまったら、ということも考えながら行動する必要があるでしょう。

 今すぐ会いたがる男性たちに「感染は怖くないの?」と聞いてみたところ、ほぼ全員が「少しは怖いけど、もしうつっても高齢者じゃないから大丈夫」と返ってきました。そして「少しの時間だったら大丈夫だと思うから、ちょっとだけ会おうよ。いいでしょ?」と根拠のない誘い言葉で食い下がってくるのです。

 確かに、恋を始めるためには、実際に相手に会う必要はあるでしょう。けれど、なにも緊急事態宣言発令中に会わなくても、と思います。真実女性を大切に考える男性なら、宣言が解除になるまで待ってくれるはず。自分の身の安全を第一に考え、しつこく誘ってくる男性に対しては、「感染が落ち着いたらね」とかわしていいのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ