緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた

内藤みか 作家
更新日:2021-01-14 06:00
投稿日:2021-01-14 06:00
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り合ったばかりの女性に「会おうよ」と声をかける男性が後を絶ちません。そんな彼らに「なぜ今、会いたいの?」と聞いてみました。

なぜ不要不急に出かけたがる?

このご時勢で「会おうよ」という男性の心理は(写真:iStock)
このご時勢で「会おうよ」という男性の心理は (写真:iStock)

 私は40代ですが、このような年齢でもマッチングアプリに登録すると「会おうよ」と声をかけてくる男性がいます。サプリや宗教の勧誘をしている人もいるらしいし、いわゆるママ活でお金目当ての人もいるので、純粋にモテているというわけではありません。

 私自身はチキンで、緊急事態宣言が出て以降、ほとんどの時間を家の中で過ごしていますし、知らない人と会う気持ちにもなれません。けれど、このような感染流行期に「会おうよ」と言ってくる人がいるので、彼らはどんな気持ちなのか、聞いてみることにしました。

「会わないと何もわからないから」

会わなきゃわからない(写真:iStock)
会わなきゃわからない (写真:iStock)

 まず、一番多かった理由が「会わないと何もわからないから」というものでした。写真だけだと写真詐欺かもしれないし、まずは直接実物を見て本人確認したい、そうじゃないと恋愛を始められないという非常に現実的な考えで会おうとしているというのです。

 登録女性のなかにも勧誘をする人がいるのだそうで、そういう人に引っかからないためにも、直接会ってお互いのニーズが合うか確かめたいのだとか。緊急事態宣言発令中については「マンツーマンで大人数じゃないから安心だと思う」とのことでした。

「早く会わないと他の男にさらわれそうだから」

先手必勝あるのみ!……なのか?(写真:iStock)
先手必勝あるのみ!……なのか? (写真:iStock)

 その次に多かったのが「他の男性にさらわれてしまう前に、早く会いたい」というものでした。多くのマッチングアプリでは、男性の数のほうが女性よりもずっと多く、そのためなかなかマッチングに至らず、やりとりする女性を見つけることも一苦労なのだとか。だからこそ早めに掴まえておきたいと気がはやるのでしょう。

 先を急ぐ男性にとって、緊急事態宣言中であろうとなかろうと関係ありません。人気のあるホテルの予約のように女性を「早く押さえておきたい」のです。これと似たような事例として、オラオラ系の男性の「俺に早く会っておかないと、他の女に持ってかれちゃうけど、それでもいいの?」という上から目線的な返事もありました。

「最近してないから」

二人きりなら密じゃない!?(写真:iStock)
二人きりなら密じゃない!? (写真:iStock)

 そして「最近してないから」というイミシンな答もありました。これには「最近エッチをしていないから」という体目的の男性と「最近どこにもお出かけをしてないから」というデート目的の男性との2種類のパターンがありました。このような緊急事態であっても、ゆきずりの関係を止められない性欲旺盛な人がいるのですね。

 緊急事態宣言中ですが、と話を振ると、デート希望の人は「カフェくらいならいいかと思って」という考えでしたし、エッチ希望の人は「ホテルならふたりきりだから、密じゃないし」とのことでした。

会う人を厳選する必要

感染収束までは…(写真:iStock)
感染収束までは… (写真:iStock)

 本当の彼氏とならカフェでもホテルでそっとデートしたくなるものかもしれませんが、マッチングサプリで知り合った全く見ず知らずの人と会うのは、やはりリスキーです。万が一感染しても、相手の連絡先もわからないかもしれないのです。もし感染してしまったら、ということも考えながら行動する必要があるでしょう。

 今すぐ会いたがる男性たちに「感染は怖くないの?」と聞いてみたところ、ほぼ全員が「少しは怖いけど、もしうつっても高齢者じゃないから大丈夫」と返ってきました。そして「少しの時間だったら大丈夫だと思うから、ちょっとだけ会おうよ。いいでしょ?」と根拠のない誘い言葉で食い下がってくるのです。

 確かに、恋を始めるためには、実際に相手に会う必要はあるでしょう。けれど、なにも緊急事態宣言発令中に会わなくても、と思います。真実女性を大切に考える男性なら、宣言が解除になるまで待ってくれるはず。自分の身の安全を第一に考え、しつこく誘ってくる男性に対しては、「感染が落ち着いたらね」とかわしていいのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ