婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策

内藤みか 作家
更新日:2021-01-21 06:00
投稿日:2021-01-21 06:00
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ具合が生じているのか、そしてどんな風に接すると仲良くなれるのかを考えてみました。

幸せになりたいこじらせ

今度こそ幸せになりたい…って(写真:iStock)
今度こそ幸せになりたい…って (写真:iStock)

 中高年多数のアプリでしばしば遭遇するのは「今度こそ幸せになりたい」というワードです。もう40年以上生きてきて、離婚や海外暮らしや転職などなど、人生の様々なことを味わっている方々なので、プロフィールも長め。たとえば、どのような原因で離婚したか、子どもは何歳で離婚後は会っているか、など書くことがたくさんあるのです。

 若い男性のプロフィールはあっさりしたものがほとんどですが、中高年アプリは長いです。そして長いプロフィールの最後には「今度こそ本当の幸せを見つけ、新しいパートナーと共に温かい家庭を築きたいです」などと書かれています。幸せを探しているので、家庭料理など、幸せそうなワードに反応します。

 こういうタイプの男性は、「大変だったのですね、私の人生にも色々ありました」などと書くと「一緒ですね!」とノッてきます。お互いに励まし合ってお付き合いしていきたいと考えている人には、いいのではないでしょうか。

俺はスゴいんだぞこじらせ

「スゴいんだぜ」おじさまはグラス片手のプロフが鉄板(写真:iStock)
「スゴいんだぜ」おじさまはグラス片手のプロフが鉄板 (写真:iStock)

 20年以上働いてきてキャリアを築き、年収1000万円over(あくまでも自己申告)という男性も、この年代だと大勢います。素晴らしい条件だと思います。そうした男性のプロフィール写真は、大抵高そうなスーツ姿で写っていたり、レストランでワイングラスを持って微笑んでいたりとプチセレブ風です。

 ただし、やりとりが始まると、やたらと「私はすごいんだぞ圧」がすごいです。「私はコロナにかかることはできない!私がかかったら何百万人もの人に迷惑がかかる」などと影響力が絶大な重要人物であることを誇ってくるのです。

「ほめてほめてオーラ」をとても出してくるので、「すごいんですね〜!」を連発して話を合わせるしかないと思われますが、誇張している可能性も十分にあるので、言っていることをすべて信じないほうがいいでしょう。

俺は遊んでる男だよこじらせ

妻と子供の目を盗んで…なんてケースも(写真:iStock)
妻と子供の目を盗んで…なんてケースも (写真:iStock)

 大人の男性のなかには、遊んでますアピールが強い方もいます。高級車の画像を載せていたり、なかにはクルーザーや別荘などの画像も。「いつか一緒にハワイでサーフィンしませんか」などと、豪華なお誘いが書かれていることもあります。

 ワインセラーでワインをコレクションしていたり、高いギターを何本も持っていたりと、大人なので趣味にかなりお金をかけている人もいます。温泉旅行を楽しんでいる人も少なくありません。こうした男性と同じ趣味を持っている女性は、心惹かれてしまうかもしれませんね。

 ただしよく読むと、遊んでいます系男性は、女性関係も同じように遊んでいることが多いです。既婚者で浮気相手を探していたり、恋人ではなく遊び相手を探していたりというケースが多いので、本気で婚活している女性とはニーズが一致しないかもしれません。

こじらせ中年男性は夢いっぱい

こじらせ中年は持ち上げてなんぼ!(写真:iStock)
こじらせ中年は持ち上げてなんぼ! (写真:iStock)

 長く生きてくるとこじらせる部分は出てくるものです。お相手のこじらせている部分を可愛いなどと好感が持てるのであれば、楽しいお付き合いもできるはずでしょう。結局のところ、どの男性も女性から「すごい」と感心されたいのです。なので持ち上げ上手の女子であれば、万事うまくいくはず。

 逆に、つい男性と張り合ってしまう女性は、こじらせ系中年男子とは険悪な関係になってしまいやすいです。彼の仕事に口出しをしたり、自分こそすごいのだと負けずにアピールするのを控え、彼に寄り添う優しさ、結局はそこを求めている男性が多いのです。せっかく婚活するので自分に尽くしてくれる女性がいい、と中年男性たちも夢いっぱいなので、できるだけ彼らの希望に合った女性を演じることがうまくいくポイントなのでしょう。

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ