“わざと間違いLINE”はバレる!送ってはいけない内容5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-14 06:00
投稿日:2021-02-14 06:00
 気になる彼にわざと間違いLINEを送って、好きな気持ちに気づかせたり、デートの約束につなげようと考えたことはありますか? でも、ちょっと待って! 冷静に考えてみると、その間違いLINEはバレる可能性が非常に高いですし、もしかしたら、マイナスイメージを与えるかもしれません……。そこで今回は、送ってはいけない“わざと間違いLINE”の内容をご紹介します!

不自然! わざと間違いLINE…高確率でバレる内容5選

「かっこいい」と本人に送る

 よくあるのが、本人への思いを友達に語るフリをして本人に送るというパターンです。でも、よく考えてみてください。会話の途中で誤送信しているなら、そこにはこれまでのやりとりした内容が表示されているはず……。

「恥ずかしいです」なんて奥ゆかしさを演出していますが、これも“わざとLINE”だとバレたうえでは、では、計算高い印象を与えてしまいます。

自分が可愛く映った写真を送る

 相手に気を持たせるために、友達に送るのを間違えたことにして、盛った可愛い写真を送る人もいます。でも、そもそも誤送信する前提として、相手のトークルームを開いておく必要がありますよね。

 ということは、彼とのトークルームを眺めていたor彼にLINEを送ろうとしていた以外の状況は考えられないのです。どちらにしても、彼のことを気にしていたことは伝わってしまうでしょう。

すぐに削除して「送信を取り消しました」を表示させる

 LINEには、24時間以内なら間違いLINEの送信取り消しができる機能があります。ただこの機能は、「送信を取り消しました」というメッセージが相手側に通知されてしまいます。

 これを利用して、相手に「何を取り消したの?」と、意識させるというテクニックを利用する人もいますが、でも、取り消した内容が「もしかして、思いを伝える内容かも!?」と考える男性は、多くありません。それよりも、意味ありげな言い訳に不信感を抱かれてしまう可能性が高いでしょう。

間違いLINEで自分の予定を送る

 こちらもバレる可能性大の危険な内容です。「暇になっちゃったなー」というあたりに、自作自演感が滲み出てしまっています。ここまであからさまだと、相手も誘いづらいでしょう。

 もしこれで相手が奇跡的にデートに誘ってくれたらラッキーですが、「あざとい女性」というイメージが刷り込まれた状態からのスタートになってしまうかもしれません。

ハートのスタンプをわざと送る

「文章より勇気が出そうだから送ってみようかな」と、誘惑にかられやすいのが「スタンプ」。でも、実はスタンプの間違いLINEは、バレる可能性大!

 そもそも、スタンプを送るのって、前回の相手の返信を見て最後にさくっと送ることが多いですよね。ある程度は続いていた友達との会話の途中に好きな人のトークルームを開いたという状況自体が不自然だからです。

 ハートのスタンプというところが、あざとさ満載と思われてしまうでしょう。それならまだ、おもしろスタンプを誤送信したフリをして、あざといけどくすっと笑えるほうが救いがあります。

“わざと間違いLINE”がバレるとこう思われる!

あざといなー…(写真:iStock)
あざといなー… (写真:iStock)

 では、もしもわざと間違ったLINEだと彼に気づかれた場合、どんなイメージを持たれてしまうのでしょうか? チェックしてみましょう!

あざとい女性だと思われる

 好きな彼に、わざとLINEを送り間違えてでもきっかけを掴もうとする女性は、押しが強く強引で、あざとい女性という印象がついてしまいます。それなら、素直に思いを伝えたほうが、100倍印象は良くなるはずです。

計算高い女性だと思われる

 わざと間違いLINEを送るためには、自分側の損得&相手の反応まで計算しながら行うはず。ということは、計算高い女性だという印象になってしまうのは否めません。

“わざと間違いLINE”より素直に気持ちを伝えるほうが成功率が高い!

素直が一番(写真:iStock)
素直が一番 (写真:iStock)

 勇気が出ないから、無理矢理にでもきっかけを作りたいから、わざと間違いLINEを送ってしまう女性たち。でも、やっぱり男性たちの意見を聞いてみると「素直に気持ちを伝えてほしい」と思う人が、圧倒的に多いようです。

 間違いLINEを送る勇気を出す前に、ぜひ一度冷静になって考え直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ