“わざと間違いLINE”はバレる!送ってはいけない内容5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-14 06:00
投稿日:2021-02-14 06:00
 気になる彼にわざと間違いLINEを送って、好きな気持ちに気づかせたり、デートの約束につなげようと考えたことはありますか? でも、ちょっと待って! 冷静に考えてみると、その間違いLINEはバレる可能性が非常に高いですし、もしかしたら、マイナスイメージを与えるかもしれません……。そこで今回は、送ってはいけない“わざと間違いLINE”の内容をご紹介します!

不自然! わざと間違いLINE…高確率でバレる内容5選

「かっこいい」と本人に送る

 よくあるのが、本人への思いを友達に語るフリをして本人に送るというパターンです。でも、よく考えてみてください。会話の途中で誤送信しているなら、そこにはこれまでのやりとりした内容が表示されているはず……。

「恥ずかしいです」なんて奥ゆかしさを演出していますが、これも“わざとLINE”だとバレたうえでは、では、計算高い印象を与えてしまいます。

自分が可愛く映った写真を送る

 相手に気を持たせるために、友達に送るのを間違えたことにして、盛った可愛い写真を送る人もいます。でも、そもそも誤送信する前提として、相手のトークルームを開いておく必要がありますよね。

 ということは、彼とのトークルームを眺めていたor彼にLINEを送ろうとしていた以外の状況は考えられないのです。どちらにしても、彼のことを気にしていたことは伝わってしまうでしょう。

すぐに削除して「送信を取り消しました」を表示させる

 LINEには、24時間以内なら間違いLINEの送信取り消しができる機能があります。ただこの機能は、「送信を取り消しました」というメッセージが相手側に通知されてしまいます。

 これを利用して、相手に「何を取り消したの?」と、意識させるというテクニックを利用する人もいますが、でも、取り消した内容が「もしかして、思いを伝える内容かも!?」と考える男性は、多くありません。それよりも、意味ありげな言い訳に不信感を抱かれてしまう可能性が高いでしょう。

間違いLINEで自分の予定を送る

 こちらもバレる可能性大の危険な内容です。「暇になっちゃったなー」というあたりに、自作自演感が滲み出てしまっています。ここまであからさまだと、相手も誘いづらいでしょう。

 もしこれで相手が奇跡的にデートに誘ってくれたらラッキーですが、「あざとい女性」というイメージが刷り込まれた状態からのスタートになってしまうかもしれません。

ハートのスタンプをわざと送る

「文章より勇気が出そうだから送ってみようかな」と、誘惑にかられやすいのが「スタンプ」。でも、実はスタンプの間違いLINEは、バレる可能性大!

 そもそも、スタンプを送るのって、前回の相手の返信を見て最後にさくっと送ることが多いですよね。ある程度は続いていた友達との会話の途中に好きな人のトークルームを開いたという状況自体が不自然だからです。

 ハートのスタンプというところが、あざとさ満載と思われてしまうでしょう。それならまだ、おもしろスタンプを誤送信したフリをして、あざといけどくすっと笑えるほうが救いがあります。

“わざと間違いLINE”がバレるとこう思われる!

あざといなー…(写真:iStock)
あざといなー… (写真:iStock)

 では、もしもわざと間違ったLINEだと彼に気づかれた場合、どんなイメージを持たれてしまうのでしょうか? チェックしてみましょう!

あざとい女性だと思われる

 好きな彼に、わざとLINEを送り間違えてでもきっかけを掴もうとする女性は、押しが強く強引で、あざとい女性という印象がついてしまいます。それなら、素直に思いを伝えたほうが、100倍印象は良くなるはずです。

計算高い女性だと思われる

 わざと間違いLINEを送るためには、自分側の損得&相手の反応まで計算しながら行うはず。ということは、計算高い女性だという印象になってしまうのは否めません。

“わざと間違いLINE”より素直に気持ちを伝えるほうが成功率が高い!

素直が一番(写真:iStock)
素直が一番 (写真:iStock)

 勇気が出ないから、無理矢理にでもきっかけを作りたいから、わざと間違いLINEを送ってしまう女性たち。でも、やっぱり男性たちの意見を聞いてみると「素直に気持ちを伝えてほしい」と思う人が、圧倒的に多いようです。

 間違いLINEを送る勇気を出す前に、ぜひ一度冷静になって考え直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ