“わざと間違いLINE”はバレる!送ってはいけない内容5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-14 06:00
投稿日:2021-02-14 06:00
 気になる彼にわざと間違いLINEを送って、好きな気持ちに気づかせたり、デートの約束につなげようと考えたことはありますか? でも、ちょっと待って! 冷静に考えてみると、その間違いLINEはバレる可能性が非常に高いですし、もしかしたら、マイナスイメージを与えるかもしれません……。そこで今回は、送ってはいけない“わざと間違いLINE”の内容をご紹介します!

不自然! わざと間違いLINE…高確率でバレる内容5選

「かっこいい」と本人に送る

 よくあるのが、本人への思いを友達に語るフリをして本人に送るというパターンです。でも、よく考えてみてください。会話の途中で誤送信しているなら、そこにはこれまでのやりとりした内容が表示されているはず……。

「恥ずかしいです」なんて奥ゆかしさを演出していますが、これも“わざとLINE”だとバレたうえでは、では、計算高い印象を与えてしまいます。

自分が可愛く映った写真を送る

 相手に気を持たせるために、友達に送るのを間違えたことにして、盛った可愛い写真を送る人もいます。でも、そもそも誤送信する前提として、相手のトークルームを開いておく必要がありますよね。

 ということは、彼とのトークルームを眺めていたor彼にLINEを送ろうとしていた以外の状況は考えられないのです。どちらにしても、彼のことを気にしていたことは伝わってしまうでしょう。

すぐに削除して「送信を取り消しました」を表示させる

 LINEには、24時間以内なら間違いLINEの送信取り消しができる機能があります。ただこの機能は、「送信を取り消しました」というメッセージが相手側に通知されてしまいます。

 これを利用して、相手に「何を取り消したの?」と、意識させるというテクニックを利用する人もいますが、でも、取り消した内容が「もしかして、思いを伝える内容かも!?」と考える男性は、多くありません。それよりも、意味ありげな言い訳に不信感を抱かれてしまう可能性が高いでしょう。

間違いLINEで自分の予定を送る

 こちらもバレる可能性大の危険な内容です。「暇になっちゃったなー」というあたりに、自作自演感が滲み出てしまっています。ここまであからさまだと、相手も誘いづらいでしょう。

 もしこれで相手が奇跡的にデートに誘ってくれたらラッキーですが、「あざとい女性」というイメージが刷り込まれた状態からのスタートになってしまうかもしれません。

ハートのスタンプをわざと送る

「文章より勇気が出そうだから送ってみようかな」と、誘惑にかられやすいのが「スタンプ」。でも、実はスタンプの間違いLINEは、バレる可能性大!

 そもそも、スタンプを送るのって、前回の相手の返信を見て最後にさくっと送ることが多いですよね。ある程度は続いていた友達との会話の途中に好きな人のトークルームを開いたという状況自体が不自然だからです。

 ハートのスタンプというところが、あざとさ満載と思われてしまうでしょう。それならまだ、おもしろスタンプを誤送信したフリをして、あざといけどくすっと笑えるほうが救いがあります。

“わざと間違いLINE”がバレるとこう思われる!

あざといなー…(写真:iStock)
あざといなー… (写真:iStock)

 では、もしもわざと間違ったLINEだと彼に気づかれた場合、どんなイメージを持たれてしまうのでしょうか? チェックしてみましょう!

あざとい女性だと思われる

 好きな彼に、わざとLINEを送り間違えてでもきっかけを掴もうとする女性は、押しが強く強引で、あざとい女性という印象がついてしまいます。それなら、素直に思いを伝えたほうが、100倍印象は良くなるはずです。

計算高い女性だと思われる

 わざと間違いLINEを送るためには、自分側の損得&相手の反応まで計算しながら行うはず。ということは、計算高い女性だという印象になってしまうのは否めません。

“わざと間違いLINE”より素直に気持ちを伝えるほうが成功率が高い!

素直が一番(写真:iStock)
素直が一番 (写真:iStock)

 勇気が出ないから、無理矢理にでもきっかけを作りたいから、わざと間違いLINEを送ってしまう女性たち。でも、やっぱり男性たちの意見を聞いてみると「素直に気持ちを伝えてほしい」と思う人が、圧倒的に多いようです。

 間違いLINEを送る勇気を出す前に、ぜひ一度冷静になって考え直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ