その気になられても…“勘違い男”に送ってはいけないLINE

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-31 06:00
投稿日:2020-12-31 06:00
男性の中には、恋愛経験が少ないピュアな人が存在します。彼らは、ちょっとした社交辞令や女の子らしい可愛い絵文字などを見ただけで、すぐに恋に落ちてしまいます。今回は、そんな素直な勘違い男たちに決して送ってはいけないLINEを、紹介しましょう。

すぐその気になっちゃう“勘違い男”に送ってはいけないLINE

1. ハートが含まれたスタンプ

 恋愛経験が乏しい男性は、ハートが含まれたスタンプを送られるとすぐ、「俺のことが好きなのかな?」と勘違いしてしまいます。その気になってしまうと、あなた一筋で本気になってしまうので、決してハートが含まれたスタンプは送らないようにしましょう。

2. 届いたLINEにすぐに返信

 すぐにその気になってしまう勘違い男性は、自分が送ったLINEにすぐに返信がきただけで、「もしかして俺からのLINEをずっと待ってた?」と思い込み、「自分のことが好きなのかも?」というところまで、一気に想像してしまいます。返信は、適度に時間を置いてから返すようにしましょう。

3. 2人で会うことに同意

 勘違い男から2人きりで会う誘いを受けた時には、慎重に回答しましょう。彼らは、「2人きりで会っても良い=恋愛対象」という認識でいます。女性との交友関係が少ない人が多いため、2人きりで会う約束をしただけでテンションが上がってしまうのです。

 2人きりで会うことになったら、あくまで友達として付き合っているということを、さりげなく伝えてあげましょう。

4. 男として言われて嬉しい褒め言葉

 勘違い男は、「すごいね!」「優しいね!」「頼りにしてる!」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に敏感です。少し褒められただけで、自分に気があると勘違いしてしまうので、ちゃんと言葉を選ぶようにしましょう。

5. 恋愛相談

 ピュアな勘違い男に、恋愛相談をする時は注意しましょう。映画などによくある、“恋愛相談をした男性と結ばれる”というようなストーリーが、彼らの頭の中で展開してしまいますから。

 相談をした途端に俄然乗り気になったり、謎の責任感を醸し出したりした時には、すでにその気になってしまっているかもしれません。

6. 長文LINE

 長文LINEも、ピュアな勘違い男をその気にさせてしまいます。長文を送るということは、「話したいことが山ほどある=俺に気がある」と、捉えられてしまいます。

 彼も同じように、長文LINEを返信するようになったら要注意。なんとなく気を使って、また同じように長文で返信をしていると、もう彼の気持ちを止めることができなくなってしまうかもしれません。

ピュアな勘違い男をその気にさせないLINEの返信テクニック

あえての未読スルー(写真:iStock)
あえての未読スルー (写真:iStock)

 続いては、ピュアな勘違い男へのおすすめ返信テクニックをご紹介します。

未読スルーを多めにする

 勘違い男がその気になっている様子が見られたら、未読スルーを多めにするようにしましょう。彼らはピュアで勘違いしやすい分、ちょっとした未読スルーにも傷つきやすいのが特徴だからです。

 その気がないということをさりげなく伝えて、やんわりと距離を置いてみてくださいね。

スタンプ&絵文字を使わない

 勘違い男に返信をする場合には、できるだけスタンプや絵文字を使わず、可愛らしさや優しさの見えない淡々とした文章で返信しましょう。それまで絵文字などを送っていればいるほど、「もう嫌いになったのかな?」と、すぐに身を引いてくれるはずです。

誘いを断る

 勘違い男から何か誘われた時には、容赦無く断りましょう。中途半端に誘いにOKしてしまうと、彼がますます確信を強めて本気になってしまいます。ピュアな彼を傷つけないためにも、心を鬼にしてばっさりと断るのも優しさではないでしょうか。

ピュアな勘違い男性とのLINEは要注意!

勘違いをこじらせてしまうことも…(写真:iStock)
勘違いをこじらせてしまうことも… (写真:iStock)

 単なる男友達として付き合っていても、恋愛経験が乏しい男性はすぐに勘違いしてしまいます。もしもあなたにその気がないのなら、彼らが些細なことでも勘違いしてしまうことを理解し、十分注意してLINEを送ってあげてくださいね。

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ