その気になられても…“勘違い男”に送ってはいけないLINE

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-31 06:00
投稿日:2020-12-31 06:00
男性の中には、恋愛経験が少ないピュアな人が存在します。彼らは、ちょっとした社交辞令や女の子らしい可愛い絵文字などを見ただけで、すぐに恋に落ちてしまいます。今回は、そんな素直な勘違い男たちに決して送ってはいけないLINEを、紹介しましょう。

すぐその気になっちゃう“勘違い男”に送ってはいけないLINE

1. ハートが含まれたスタンプ

 恋愛経験が乏しい男性は、ハートが含まれたスタンプを送られるとすぐ、「俺のことが好きなのかな?」と勘違いしてしまいます。その気になってしまうと、あなた一筋で本気になってしまうので、決してハートが含まれたスタンプは送らないようにしましょう。

2. 届いたLINEにすぐに返信

 すぐにその気になってしまう勘違い男性は、自分が送ったLINEにすぐに返信がきただけで、「もしかして俺からのLINEをずっと待ってた?」と思い込み、「自分のことが好きなのかも?」というところまで、一気に想像してしまいます。返信は、適度に時間を置いてから返すようにしましょう。

3. 2人で会うことに同意

 勘違い男から2人きりで会う誘いを受けた時には、慎重に回答しましょう。彼らは、「2人きりで会っても良い=恋愛対象」という認識でいます。女性との交友関係が少ない人が多いため、2人きりで会う約束をしただけでテンションが上がってしまうのです。

 2人きりで会うことになったら、あくまで友達として付き合っているということを、さりげなく伝えてあげましょう。

4. 男として言われて嬉しい褒め言葉

 勘違い男は、「すごいね!」「優しいね!」「頼りにしてる!」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に敏感です。少し褒められただけで、自分に気があると勘違いしてしまうので、ちゃんと言葉を選ぶようにしましょう。

5. 恋愛相談

 ピュアな勘違い男に、恋愛相談をする時は注意しましょう。映画などによくある、“恋愛相談をした男性と結ばれる”というようなストーリーが、彼らの頭の中で展開してしまいますから。

 相談をした途端に俄然乗り気になったり、謎の責任感を醸し出したりした時には、すでにその気になってしまっているかもしれません。

6. 長文LINE

 長文LINEも、ピュアな勘違い男をその気にさせてしまいます。長文を送るということは、「話したいことが山ほどある=俺に気がある」と、捉えられてしまいます。

 彼も同じように、長文LINEを返信するようになったら要注意。なんとなく気を使って、また同じように長文で返信をしていると、もう彼の気持ちを止めることができなくなってしまうかもしれません。

ピュアな勘違い男をその気にさせないLINEの返信テクニック

あえての未読スルー(写真:iStock)
あえての未読スルー (写真:iStock)

 続いては、ピュアな勘違い男へのおすすめ返信テクニックをご紹介します。

未読スルーを多めにする

 勘違い男がその気になっている様子が見られたら、未読スルーを多めにするようにしましょう。彼らはピュアで勘違いしやすい分、ちょっとした未読スルーにも傷つきやすいのが特徴だからです。

 その気がないということをさりげなく伝えて、やんわりと距離を置いてみてくださいね。

スタンプ&絵文字を使わない

 勘違い男に返信をする場合には、できるだけスタンプや絵文字を使わず、可愛らしさや優しさの見えない淡々とした文章で返信しましょう。それまで絵文字などを送っていればいるほど、「もう嫌いになったのかな?」と、すぐに身を引いてくれるはずです。

誘いを断る

 勘違い男から何か誘われた時には、容赦無く断りましょう。中途半端に誘いにOKしてしまうと、彼がますます確信を強めて本気になってしまいます。ピュアな彼を傷つけないためにも、心を鬼にしてばっさりと断るのも優しさではないでしょうか。

ピュアな勘違い男性とのLINEは要注意!

勘違いをこじらせてしまうことも…(写真:iStock)
勘違いをこじらせてしまうことも… (写真:iStock)

 単なる男友達として付き合っていても、恋愛経験が乏しい男性はすぐに勘違いしてしまいます。もしもあなたにその気がないのなら、彼らが些細なことでも勘違いしてしまうことを理解し、十分注意してLINEを送ってあげてくださいね。

ラブ 新着一覧


“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ