その気になられても…“勘違い男”に送ってはいけないLINE

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-31 06:00
投稿日:2020-12-31 06:00
男性の中には、恋愛経験が少ないピュアな人が存在します。彼らは、ちょっとした社交辞令や女の子らしい可愛い絵文字などを見ただけで、すぐに恋に落ちてしまいます。今回は、そんな素直な勘違い男たちに決して送ってはいけないLINEを、紹介しましょう。

すぐその気になっちゃう“勘違い男”に送ってはいけないLINE

1. ハートが含まれたスタンプ

 恋愛経験が乏しい男性は、ハートが含まれたスタンプを送られるとすぐ、「俺のことが好きなのかな?」と勘違いしてしまいます。その気になってしまうと、あなた一筋で本気になってしまうので、決してハートが含まれたスタンプは送らないようにしましょう。

2. 届いたLINEにすぐに返信

 すぐにその気になってしまう勘違い男性は、自分が送ったLINEにすぐに返信がきただけで、「もしかして俺からのLINEをずっと待ってた?」と思い込み、「自分のことが好きなのかも?」というところまで、一気に想像してしまいます。返信は、適度に時間を置いてから返すようにしましょう。

3. 2人で会うことに同意

 勘違い男から2人きりで会う誘いを受けた時には、慎重に回答しましょう。彼らは、「2人きりで会っても良い=恋愛対象」という認識でいます。女性との交友関係が少ない人が多いため、2人きりで会う約束をしただけでテンションが上がってしまうのです。

 2人きりで会うことになったら、あくまで友達として付き合っているということを、さりげなく伝えてあげましょう。

4. 男として言われて嬉しい褒め言葉

 勘違い男は、「すごいね!」「優しいね!」「頼りにしてる!」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に敏感です。少し褒められただけで、自分に気があると勘違いしてしまうので、ちゃんと言葉を選ぶようにしましょう。

5. 恋愛相談

 ピュアな勘違い男に、恋愛相談をする時は注意しましょう。映画などによくある、“恋愛相談をした男性と結ばれる”というようなストーリーが、彼らの頭の中で展開してしまいますから。

 相談をした途端に俄然乗り気になったり、謎の責任感を醸し出したりした時には、すでにその気になってしまっているかもしれません。

6. 長文LINE

 長文LINEも、ピュアな勘違い男をその気にさせてしまいます。長文を送るということは、「話したいことが山ほどある=俺に気がある」と、捉えられてしまいます。

 彼も同じように、長文LINEを返信するようになったら要注意。なんとなく気を使って、また同じように長文で返信をしていると、もう彼の気持ちを止めることができなくなってしまうかもしれません。

ピュアな勘違い男をその気にさせないLINEの返信テクニック

あえての未読スルー(写真:iStock)
あえての未読スルー (写真:iStock)

 続いては、ピュアな勘違い男へのおすすめ返信テクニックをご紹介します。

未読スルーを多めにする

 勘違い男がその気になっている様子が見られたら、未読スルーを多めにするようにしましょう。彼らはピュアで勘違いしやすい分、ちょっとした未読スルーにも傷つきやすいのが特徴だからです。

 その気がないということをさりげなく伝えて、やんわりと距離を置いてみてくださいね。

スタンプ&絵文字を使わない

 勘違い男に返信をする場合には、できるだけスタンプや絵文字を使わず、可愛らしさや優しさの見えない淡々とした文章で返信しましょう。それまで絵文字などを送っていればいるほど、「もう嫌いになったのかな?」と、すぐに身を引いてくれるはずです。

誘いを断る

 勘違い男から何か誘われた時には、容赦無く断りましょう。中途半端に誘いにOKしてしまうと、彼がますます確信を強めて本気になってしまいます。ピュアな彼を傷つけないためにも、心を鬼にしてばっさりと断るのも優しさではないでしょうか。

ピュアな勘違い男性とのLINEは要注意!

勘違いをこじらせてしまうことも…(写真:iStock)
勘違いをこじらせてしまうことも… (写真:iStock)

 単なる男友達として付き合っていても、恋愛経験が乏しい男性はすぐに勘違いしてしまいます。もしもあなたにその気がないのなら、彼らが些細なことでも勘違いしてしまうことを理解し、十分注意してLINEを送ってあげてくださいね。

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ