自意識過剰な男性の勘違い度MAXなLINE7選&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-22 06:00
投稿日:2020-12-22 06:00
 自意識過剰な男性は、LINEにもその心理が表れていますよね。どんなにかっこよくても、自分に酔ったLINEにドン引きする女子も多いようです。そこで今回は、そんな勘違い度MAXな自意識過剰LINE7つと、彼らへの対処法をご紹介します。

正直うざい…自意識過剰な男性からの勘違いLINE

1. 「俺から告白するべき?」

 普通にLINEをしていただけなのに、気づけば相手に自分が好きだと勘違いされているパターン。「なかなか好きと言い出せないんだろう」と勝手に思い込んだ男性が、痺れを切らして告白してくることも。逆に、こちらから“イタい男性”だと思っていることを告白してあげたほうが良いのでしょうか……。

2. 「いつも仕事仲間から恋愛対象に見られて困ってるんだ」

 自意識過剰な男性は、とにかくモテ自慢が激しいのも特徴。すべての女性が、自分のことを見ていると思い込んでいるんです。ちょっと目を見て会話をしただけで、「俺にまた惚れちゃったの?」と、勝手に悩んで困っている人も多いようです。

3. 「今日の写真、SNSに載せる前に送ってくれる?」

 写真写りを異常に気にするタイプの男性も、自意識過剰でしょう。一緒に遊んだ時の写真を、いちいちチェックさせてと言ってきます。毎回確認のために送らないといけないとなると、本当にストレスが溜まりますね。

4. 「俺の前では泣いていいんだよ」

「俺だけはわかっている」「心で泣いているのを知っているよ」と言わんばかりに、「泣いていいよ」とLINEで囁いてくるのも自意識過剰男の特徴。いつだって、俺だけは特別だと思っているんです。いえ、何にも泣きたいことなんてありません!という感じですが……。

5. 「俺も楽しかった!」

 自意識過剰な男性は、社交辞令がわかりません。ただのお礼LINEだけでも、相手が自分に惚れていると都合よく解釈してしまうため、「俺も楽しかった!」と、相手も楽しかった前提で返信をしてきます。楽しいなんて言った覚えはないこちらとしては、返信に困ってしまいますね。

6. 「家に着いたら連絡してね」

 自意識過剰な男性は、ほんの数回LINEをしただけで彼氏面をしてきます。帰りが遅いと「気をつけろよ」「家についたら連絡してね」など、世話を焼いてくれることも。「知り合った女性は俺に惚れるはず」と勘違いしているからこそ、できる言動ですよね。

7. 「俺って◯◯じゃん?」

 勘違いが激しい男性は、誰もが自分に注目していると思い込んでいます。そのため、「俺って◯◯じゃん?」と、彼の性格を知っている前提で話を進めていきます。彼らに「ちょっと待って、それ知らない!」という声が届く日は来ないのかもしれません。

ストレス対策!自意識過剰LINEを送ってくる男性への対処法

スルー推奨(写真:iStock)
スルー推奨 (写真:iStock)

 自意識過剰な男性からのLINEは、本当にストレスが溜まるもの。続いては、そんな男性から送られてくる勘違いLINEへの対処法をご紹介します。

適当に話を聞き流す

 自意識過剰な男性からのLINEに、いちいち反応しているとストレスが溜まってしまいます。可能ならブロックをしたいものですが、仕事関係だとそうはいかないこともありますよね。

 そういった場合は、「そうなんだね」と同意しない程度で、相槌を打っておくのがおすすめ。話半分で聞き流すようにしましょう。ただし、「そうだね」と言ってしまうと、「俺に惚れた?」と勘違いされてしまうので、注意してくださいね。

さらっと突っ込んですぐに話題を変える

 どうしても自意識過剰LINEが激しい時には、さらっと勘違いに対して「そんなことなくない?」と指摘してから、「ところでさ」と話題を変えてしまいましょう。自意識過剰な男性は、まさか否定されるとは思ってもいないので、意外とショックを受けて勘違いLINEが減るかもしれません。

自意識過剰な男性からのLINEは適当に聞き流して

面倒くさいけど上手に付き合いましょう…(写真:iStock)
面倒くさいけど上手に付き合いましょう… (写真:iStock)

 自意識過剰な男性との付き合いって、ストレスが溜まりますよね。特に、容赦無く送られてくる勘違いLINEにはぐったりしてしまう人も多いはず。そんな時は、適当に聞き流してしまいましょう。疲れない程度に上手にお付き合いする方法を、見つけてみてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
“半径3m”に合コンの指示書…芸人だけにあらず! 必死感ダダもれLINE
 芸能界でも話題となっている“合コン指示書”ですが、一般社会でも出回っているようです。合コンに向けて送られてくる命令や要...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
「40代の婚約者が別居婚を望むのは年齢的な問題?」とブルーな43歳男
「冷酷と激情のあいだvol.182〜女性編〜」では、婚約したヨシテルさん(43歳・仮名)のニオイを生理的に受け付けなくな...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
そうだ、別居婚だ!婚約者のツンとしたニオイに倒れそうな43歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
女性への理想はエベレスト級? 陰キャ男性のこじらせ恋愛あるある5選
 今回は、陰キャ男性の恋愛あるあるを紹介します。陽キャ男性は男性・女性関係なくフレンドリーにコミュニケーションを取ろうと...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
幸せにはなれないかも…体だけの「割り切った関係」を望む男たちの事情
「セックスする仲でも付き合うのは無理」と、割り切った関係を望む男性は一定数いるもの。そんな彼に悩んでいる女性もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ