本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-22 06:00
投稿日:2021-01-22 06:00
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男性が、交際後に残念なタイプだとわかっても、後悔先に立たず。付き合う前のいい雰囲気でLINEのやりとりをしている期間中に、相手が発している危険シグナルを見逃さないことも大事です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、付き合わないほうが賢明な「めんどくさい男」ほど使いがちなLINEの語尾を解説します。

1:毎回、飽きもせず同じ絵文字

「おはよう」「お疲れさま」「おやすみ」など、日常の挨拶文に絵文字を入れてくる男性は多いです。特に、脈あり女性に対するLINEには、冷たい印象を与えないよう、意識的に絵文字を盛り込むという男性も珍しくありません。

 しかしここで、飽きもせずに毎回同じ絵文字をせっせと送り続ける男性だとしたら、付き合うと面倒なタイプであるリスクが潜みます。

 どんな絵文字であったにせよ、毎回同じ絵文字をひたすらに使いまくるタイプは、よく言えば変化を嫌うタイプ、悪く言えば「向上心がなく、努力を嫌う無能タイプ」の男が少なくないのです。

 毎度のように同じメッセージを受け取っている相手が、どう感じるかまで気が回らず、ただ同じ文を使いまわしているだけでLINEをしている自分に満足するあたりは、気遣いができない男である危険も潜みます。

2:何が言いたいのかイマイチ不明瞭な「…」

「どうしようか…」「任せるよ…」「そうなんだね…」など、「…」をやたらに多用する男性も要注意です。こういった男性は、「…」を語尾につけることで、自分の言いたいことをふんわりと送っている気になっていて、自分の意見を言い切ることに臆病な人が多く、嫌われたくない願望が強い傾向です。また、言いたいことをなかなか言えない男性も、こういったLINEを送りがちです。

 毎回、「…」が付いてくるLINEなんて、多くの女性はまどろっこしさしか感じませんが、彼らなりに「嫌われないための努力」でもあるのでしょう。しかし、この手の男性と交際してしまえば、なかなか自分の考えを言ってくれないことにイライラさせられるばかりか、「ここぞ」というシーンでも頼りにならない、“腰砕け男”であるリスクをはらみます。

3:やたら丁寧すぎる句点

 仕事の連絡ではないのに、毎回、メッセージに律儀に「。」が入っているタイプは、よく言えば几帳面、悪く言えば生真面目すぎる男性に多い傾向です。

 何もかもが「ちゃんとしていないと気が済まない」と考える男性に多く、カジュアルな雑談のやりとりでも、いちいち句点を入れないと気持ちが悪いのでしょう。

 こういった男性は、よく言えば「しっかり者」なのですが、恋人として交際してしまうと、相手にも自分と同じくらい几帳面であることを望む人も多く、息が詰まるお付き合いに至りがちです。

まとめ

やめとこっかな(写真:iStock)
やめとこっかな (写真:iStock)

 LINEは今や、恋のはじまりには欠かせないと言っても過言ではないツール。そして、ちょっとしたメッセージの端々には、驚くほど送り主の本性が出ている例も多いのです。

 もしも、LINEの語尾にこんな危険シグナルをキャッチしたならば、もうちょっと相手の本性を探ってから距離を縮めてみても遅くないかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ
長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいま...
田中絵音 2021-09-14 18:11 ラブ
恋愛にドライになりたい…真似したい性格の特徴&恋愛傾向
 恋愛に依存してしまうと精神的に追い詰められてしまうことも多く、疲れてしまいますよね。恋愛にドライな友人を見て、「あんな...
恋バナ調査隊 2021-09-14 06:00 ラブ