本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-22 06:00
投稿日:2021-01-22 06:00
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男性が、交際後に残念なタイプだとわかっても、後悔先に立たず。付き合う前のいい雰囲気でLINEのやりとりをしている期間中に、相手が発している危険シグナルを見逃さないことも大事です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、付き合わないほうが賢明な「めんどくさい男」ほど使いがちなLINEの語尾を解説します。

1:毎回、飽きもせず同じ絵文字

「おはよう」「お疲れさま」「おやすみ」など、日常の挨拶文に絵文字を入れてくる男性は多いです。特に、脈あり女性に対するLINEには、冷たい印象を与えないよう、意識的に絵文字を盛り込むという男性も珍しくありません。

 しかしここで、飽きもせずに毎回同じ絵文字をせっせと送り続ける男性だとしたら、付き合うと面倒なタイプであるリスクが潜みます。

 どんな絵文字であったにせよ、毎回同じ絵文字をひたすらに使いまくるタイプは、よく言えば変化を嫌うタイプ、悪く言えば「向上心がなく、努力を嫌う無能タイプ」の男が少なくないのです。

 毎度のように同じメッセージを受け取っている相手が、どう感じるかまで気が回らず、ただ同じ文を使いまわしているだけでLINEをしている自分に満足するあたりは、気遣いができない男である危険も潜みます。

2:何が言いたいのかイマイチ不明瞭な「…」

「どうしようか…」「任せるよ…」「そうなんだね…」など、「…」をやたらに多用する男性も要注意です。こういった男性は、「…」を語尾につけることで、自分の言いたいことをふんわりと送っている気になっていて、自分の意見を言い切ることに臆病な人が多く、嫌われたくない願望が強い傾向です。また、言いたいことをなかなか言えない男性も、こういったLINEを送りがちです。

 毎回、「…」が付いてくるLINEなんて、多くの女性はまどろっこしさしか感じませんが、彼らなりに「嫌われないための努力」でもあるのでしょう。しかし、この手の男性と交際してしまえば、なかなか自分の考えを言ってくれないことにイライラさせられるばかりか、「ここぞ」というシーンでも頼りにならない、“腰砕け男”であるリスクをはらみます。

3:やたら丁寧すぎる句点

 仕事の連絡ではないのに、毎回、メッセージに律儀に「。」が入っているタイプは、よく言えば几帳面、悪く言えば生真面目すぎる男性に多い傾向です。

 何もかもが「ちゃんとしていないと気が済まない」と考える男性に多く、カジュアルな雑談のやりとりでも、いちいち句点を入れないと気持ちが悪いのでしょう。

 こういった男性は、よく言えば「しっかり者」なのですが、恋人として交際してしまうと、相手にも自分と同じくらい几帳面であることを望む人も多く、息が詰まるお付き合いに至りがちです。

まとめ

やめとこっかな(写真:iStock)
やめとこっかな (写真:iStock)

 LINEは今や、恋のはじまりには欠かせないと言っても過言ではないツール。そして、ちょっとしたメッセージの端々には、驚くほど送り主の本性が出ている例も多いのです。

 もしも、LINEの語尾にこんな危険シグナルをキャッチしたならば、もうちょっと相手の本性を探ってから距離を縮めてみても遅くないかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ