彼も男だったと再認識…浮気されて気付いた夫への愛情と後悔

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-02-06 06:00
投稿日:2021-02-06 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。長年連れ添うとお互い空気のような存在になってきます。
 トキメキも薄れて相手の存在を気配で感じ取り、顔もきちんとは見ていません。こんな安定感は倦怠期とも言います。安心安全だと思っていても油断は禁物です。日頃の多少の努力は怠ってはいけません。今回は「まさかうちの夫に限って……」とうなだれて相談に来る妻たちの共通点について解説したいと思います。

結婚当初は立場が上だった妻

夫をほめることは負けじゃない(写真:iStock)
夫をほめることは負けじゃない (写真:iStock)

 学歴や仕事のキャリアが夫より上だった妻や、夫の実家より妻の実家の方が裕福だったり格式が高かったりした場合、男性側が心なしか一歩引いて、実は遠慮しているケースが多いのです。

 結婚当初はまだ若いので実家がお金持ちなどでない限り、収入は少なくて当然です。いつの間にか出世してお金を稼ぎだしても、結婚当初の立場の強さはすぐには入れ替わりません。それが、いくら頑張っても尊敬されないという男性側の不満が積もってくるのです。

 人間は過去の栄光やプライドを引きずり持ち続けます。夫婦げんかになっても『きちんと働いていたら私も出世したはずだけど、家庭に入ったの!』と言い放ち負けていません。

 謙虚さや可愛さを失った時に、男性は外に目を向けてしまいます。その心の根っこは「ほめられたい」願望です。

 しかし昔立場が上だった妻はやすやすと褒めてはくれません。折れて素直に歩み寄れないところに、夫婦の溝が出来てしまうのです。

 夫はライバルではありません。褒めておだてることは負けたことではありません。

甘え下手の克服

彼の父性本能をくすぐってみよう(写真:iStock)
彼の父性本能をくすぐってみよう (写真:iStock)

 ほんと偉いなあ~と思うことの一つに、甘えるのが上手な女の人っていますよね。

 筆者も兄弟が多くお姉さんだったから甘え下手です。甘えるってどうするんだろう?と考え観察を重ねた結果、ひとつの答えにたどり着きました。

「ねぇ〜」と猫なで声を出すのではなく、相手に自分をゆだねることなのです。

 つまり子供は親がすることや言うことを聞いています。あまり自己表現せず寄り添っているんですね。その間に「何食べる?」「今からどっちに行きたい?」など聞いてくれます。

「うどんが食べたい」と子供が言えば、親は必ず麺類を食べさせてあげようとします。尋ねられた時には「なんでもいい」なんて言わず、自分の我を通してもかまいません。

 そうすると彼の父性本能が目覚めて、何とかしてあげたい。放っておけないなと、甘えていないのに構ってくれるようになります。

 男性は頼られていると自尊心をくすぐられるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ