友人関係の断捨離〜我慢してまで友達でいる必要ありません〜

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-01-30 06:00
投稿日:2021-01-30 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。突然ですが、友達と呼べる人って何人いますか? 人間関係は悩みごとも多い大きなテーマです。「古くからの友人」「親友」といった言葉に執着して我慢や忍耐の上に成り立つ人間関係を続けている人もいます。ストレスは心身に大きなダメージを受けるので、年を重ねれば自分にとって無意味な煩わしい関係は切り捨ててもいいのではないでしょうか。

人間関係は変化する

ずっと仲良しでいられると思ってた(写真:iStock)
ずっと仲良しでいられると思ってた (写真:iStock)

 学生時代に深く悩んでいたことも、振りかえれば大した問題ではなかったと思える時がやってきます。それは人間的な成長のあかしです。

 進歩するスピードは人それぞれです。

 同じ学校だったから共通の話題があって楽しく過ごせていましたが、就職や大学進学を機にケンカをしたわけでもなく、環境が変わっただけで疎遠になってしまうのはよくあることです。

 大きく分けるとこの4つの節目に人間関係が変化していきます。

1. 高校を卒業した18才~
2. 就職してから~
3. 結婚してから~
4. 子供が出来てから~
5. 子育てが落ち着いてから~

 その間、頻繁に会わずとも連絡を取り合っているのなら、親友と呼べる良き関係です。

生活水準の差は友人関係にヒビがはいりやすい

彼女はホンモノ、私はレプリカ(写真:iStock)
彼女はホンモノ、私はレプリカ (写真:iStock)

 子供の頃は気づきにくい、実家の貧富の差は大人になるほど浮き彫りになります。

 大学生にもなればブランドもののバックや時計に興味が出てきますが、値が張るのでおいそれと手が出せません。

 実家が裕福な人たちは持っている人が多いので、「ひがみ」「妬み」の感情を持たれてしまいます。段々とお互いに気に食わない存在になっていったりするのです。

 仕事や収入格差も友人関係にヒビが入りやすくなります。

 お洒落な高級イタリアンに行きたくても、片方がもし無職なら誘いませんよね。それと同じで、収入が少ないとわかっていたら誘えません。

 だからと言って安い居酒屋も嫌になる年齢になってくると、夜の会食がランチかお茶になり自然と疎遠になっていきます。

 類は友を呼ぶではなく、類でなければ友を継続しにくいのかもしれませんね。もちろん、背伸びして無理に合わす必要もありませんし、行きたくないお店に行かなくてもいいのです。

 そんなこだわりや壁を感じない、人をうらやましく思わず妬みの気持ちがない人は友として信頼できます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 11月21日~27日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連...