夫に離婚を切り出されたらほぼ修復不可能…用意周到な男たち

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-10 06:00
投稿日:2020-10-10 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「私、実はバツついているんですよ~」と言われても、驚くことがなくなったこの時代。離婚経験者は、周りにたくさん存在します。誰しも結婚当初は、ずっとこの人と仲良くしていこうと心に決めて一緒になるわけですが、なぜ歯車が狂ってしまうのでしょうか?
 “備えあれば憂いなし”。離婚の二文字が浮かんだら、リスクマネジメントは必要です。しかしながら、離婚へ向けての用意周到さと忍耐力は男性の方がはるかに上なのです。別れようと男性から本気で言われた場合は、さまざまな有利な証拠や作戦を持っています。今回はそんな男性の習性についてお話ししましょう。

男は浮気の決定的証拠をつかむまで追及しない

忍耐強く、そのときがくるのを待つ(写真:iStock)
忍耐強く、そのときがくるのを待つ (写真:iStock)

 離婚事由の第5位以内にランクインしている“異性関係”。つまり浮気。そして、男女とも第1位に君臨するのは性格の不一致だということは、世間ではかなりの認知度でしょう。

 性格の不一致の中には、バレていない浮気も多数含まれているはずです。スマホに女の気配ありありのLINEが浮かび上がっただけで動揺し、すぐに彼を問い詰める女性は非常に多いです。しっぽを掴むまでとわかっていても、我慢は1カ月が限界でしょう。

 しかし男性は、必要であれば何年でも言わずに我慢できます。必要なケースとは、自分の親が介護をしてもらっている。もしくは、子供のお受験など家庭内に波風を立てたくない理由がある場合です。男性の特筆すべき習性は、徹底的に証拠をつかむまで中途半端に追及しません。言い逃れされるのが、何より悔しいのです。

男が離婚を切り出すと関係修復はほぼ不可能

ここまできたら戻れない(写真:iStock)
ここまできたら戻れない (写真:iStock)

 本気ではなくても、「離婚よ!」と言ったことがある女性は結構います。それもそのはず、「AERA」の一千人アンケートでは、離婚をしたいと思ったことがあるかという質問に約半分が「YES」と答えています。しかし男性は、「YES」と答えた女性の半分ほどしか離婚を意識していない結果でした。

 男性からの「別れたい」にはさまざまな理由がありますが、関係再構築はほぼ無理だと思ってください。特に、浮気が原因であれば、なおさらです。なんだかんだ言っても女性は男性に浮気をされた時、それが一度目であれば、ほとんどの場合許しています。

 男性は本能的に自分ではない浮気相手の遺伝子を宿す可能性を心配するため、浮気を許しません。女性の浮気は即アウト! 徹底的に調べ尽くし、相手が反論できない状態で話を切り出します。心当たりがある場合、「話がある」と言われたなら、全てを知られていると思って下手な言い訳はしないことです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ