夫に離婚を切り出されたらほぼ修復不可能…用意周到な男たち

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-10 06:00
投稿日:2020-10-10 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「私、実はバツついているんですよ~」と言われても、驚くことがなくなったこの時代。離婚経験者は、周りにたくさん存在します。誰しも結婚当初は、ずっとこの人と仲良くしていこうと心に決めて一緒になるわけですが、なぜ歯車が狂ってしまうのでしょうか?
 “備えあれば憂いなし”。離婚の二文字が浮かんだら、リスクマネジメントは必要です。しかしながら、離婚へ向けての用意周到さと忍耐力は男性の方がはるかに上なのです。別れようと男性から本気で言われた場合は、さまざまな有利な証拠や作戦を持っています。今回はそんな男性の習性についてお話ししましょう。

男は浮気の決定的証拠をつかむまで追及しない

忍耐強く、そのときがくるのを待つ(写真:iStock)
忍耐強く、そのときがくるのを待つ (写真:iStock)

 離婚事由の第5位以内にランクインしている“異性関係”。つまり浮気。そして、男女とも第1位に君臨するのは性格の不一致だということは、世間ではかなりの認知度でしょう。

 性格の不一致の中には、バレていない浮気も多数含まれているはずです。スマホに女の気配ありありのLINEが浮かび上がっただけで動揺し、すぐに彼を問い詰める女性は非常に多いです。しっぽを掴むまでとわかっていても、我慢は1カ月が限界でしょう。

 しかし男性は、必要であれば何年でも言わずに我慢できます。必要なケースとは、自分の親が介護をしてもらっている。もしくは、子供のお受験など家庭内に波風を立てたくない理由がある場合です。男性の特筆すべき習性は、徹底的に証拠をつかむまで中途半端に追及しません。言い逃れされるのが、何より悔しいのです。

男が離婚を切り出すと関係修復はほぼ不可能

ここまできたら戻れない(写真:iStock)
ここまできたら戻れない (写真:iStock)

 本気ではなくても、「離婚よ!」と言ったことがある女性は結構います。それもそのはず、「AERA」の一千人アンケートでは、離婚をしたいと思ったことがあるかという質問に約半分が「YES」と答えています。しかし男性は、「YES」と答えた女性の半分ほどしか離婚を意識していない結果でした。

 男性からの「別れたい」にはさまざまな理由がありますが、関係再構築はほぼ無理だと思ってください。特に、浮気が原因であれば、なおさらです。なんだかんだ言っても女性は男性に浮気をされた時、それが一度目であれば、ほとんどの場合許しています。

 男性は本能的に自分ではない浮気相手の遺伝子を宿す可能性を心配するため、浮気を許しません。女性の浮気は即アウト! 徹底的に調べ尽くし、相手が反論できない状態で話を切り出します。心当たりがある場合、「話がある」と言われたなら、全てを知られていると思って下手な言い訳はしないことです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ