夫に離婚を切り出されたらほぼ修復不可能…用意周到な男たち

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-10 06:00
投稿日:2020-10-10 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「私、実はバツついているんですよ~」と言われても、驚くことがなくなったこの時代。離婚経験者は、周りにたくさん存在します。誰しも結婚当初は、ずっとこの人と仲良くしていこうと心に決めて一緒になるわけですが、なぜ歯車が狂ってしまうのでしょうか?
 “備えあれば憂いなし”。離婚の二文字が浮かんだら、リスクマネジメントは必要です。しかしながら、離婚へ向けての用意周到さと忍耐力は男性の方がはるかに上なのです。別れようと男性から本気で言われた場合は、さまざまな有利な証拠や作戦を持っています。今回はそんな男性の習性についてお話ししましょう。

男は浮気の決定的証拠をつかむまで追及しない

忍耐強く、そのときがくるのを待つ(写真:iStock)
忍耐強く、そのときがくるのを待つ (写真:iStock)

 離婚事由の第5位以内にランクインしている“異性関係”。つまり浮気。そして、男女とも第1位に君臨するのは性格の不一致だということは、世間ではかなりの認知度でしょう。

 性格の不一致の中には、バレていない浮気も多数含まれているはずです。スマホに女の気配ありありのLINEが浮かび上がっただけで動揺し、すぐに彼を問い詰める女性は非常に多いです。しっぽを掴むまでとわかっていても、我慢は1カ月が限界でしょう。

 しかし男性は、必要であれば何年でも言わずに我慢できます。必要なケースとは、自分の親が介護をしてもらっている。もしくは、子供のお受験など家庭内に波風を立てたくない理由がある場合です。男性の特筆すべき習性は、徹底的に証拠をつかむまで中途半端に追及しません。言い逃れされるのが、何より悔しいのです。

男が離婚を切り出すと関係修復はほぼ不可能

ここまできたら戻れない(写真:iStock)
ここまできたら戻れない (写真:iStock)

 本気ではなくても、「離婚よ!」と言ったことがある女性は結構います。それもそのはず、「AERA」の一千人アンケートでは、離婚をしたいと思ったことがあるかという質問に約半分が「YES」と答えています。しかし男性は、「YES」と答えた女性の半分ほどしか離婚を意識していない結果でした。

 男性からの「別れたい」にはさまざまな理由がありますが、関係再構築はほぼ無理だと思ってください。特に、浮気が原因であれば、なおさらです。なんだかんだ言っても女性は男性に浮気をされた時、それが一度目であれば、ほとんどの場合許しています。

 男性は本能的に自分ではない浮気相手の遺伝子を宿す可能性を心配するため、浮気を許しません。女性の浮気は即アウト! 徹底的に調べ尽くし、相手が反論できない状態で話を切り出します。心当たりがある場合、「話がある」と言われたなら、全てを知られていると思って下手な言い訳はしないことです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ