“長すぎた春”って交際歴何年? “長い春”に終止符を打つ方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-12 06:00
投稿日:2021-02-12 06:00
 長い間お付き合いしている人がいるものの、先が見えなくて悩んでいる方は多いでしょう。交際期間が長くとも、結婚に至らず破談になってしまうような状況を、俗に“長すぎた春”と呼ぶことがあります。そんな状況を防ぎ、幸せに結婚するにはどうしたらいいのでしょうか?

長すぎた春&長い春ってどんな意味? 期間はどれくらい?

学生の頃からつきあっていたけど…(写真:iStock)
学生の頃からつきあっていたけど… (写真:iStock)

 まずは、「長すぎた春」「長い春」の意味や期間について、お伝えします。

長すぎた春&長い春の由来

「長すぎた春」という言葉は、三島由紀夫原作の、“婚約期間が長い恋人同士の波乱”を描いた「永すぎた春」という小説が由来となっています。

 この作品になぞらえて、交際期間が長いのに結婚に至らずに終わる恋を「長すぎた春」と、交際期間が長いのに結婚の見通しが立たない状況を「長い春」と呼ぶようになったようです。

 ちなみに、この2つの言葉はことわざではないので、辞書には載っていません。

交際期間5年〜10年くらい

 “長すぎた春”や“長い春”には、明確な定義がありません。どのくらいの交際期間をもって「長い」と感じるかには個人差がありますが、一般的には交際期間が約5年〜10年、婚約期間が1年以上になると、「長い」と言われることが多いようです。

将来が見えないリスクや後悔も……

 長い交際期間が結婚に結びつけばいいのですが、交際スタート時点で将来のことを見据えていない場合、当然結婚に至らないこともあります。

 お互いが幸せであれば問題はありませんが、どちらかに「結婚したい」という意思があるのに交際期間だけが長い以下のような場合は、ライフプランが崩れるリスクがあるでしょう。

・学生時代の恋愛が、ダラダラと続いている
・友達関係の延長の交際で、ゴールが見えない
・同棲をはじめてから時間が経ち、すでに家族状態

 中にはパートナーに新しく好きな人ができて突然の破局を迎えてしまい、割いた時間を後悔する方も。そうならないためにも、現状としっかり向き合う必要がありそうですね。

長い春を経て結婚しても離婚するケースもある

 そもそも、交際期間は長ければいいというものではありません。むしろ、「お互いのことをよく知っている」という先入観が邪魔をしてしまい、お互いが結婚生活に望むことの擦り合わせをしないまま結婚してしまうことも。

 こうなると、結婚生活で起こる摩擦に耐えきれなくなり、離婚という結果に終わってしまうケースもあります。

長い春に疲れたら、話し合いが必要

結婚はいつまでにしたい?(写真:iStock)
結婚はいつまでにしたい? (写真:iStock)

 もしも、あなたが“長い春”に悩んでいるなら、やはり話し合いが必要でしょう。男性からのプロポーズを待ちたい気持ちは分かりますが、交際期間が長期化している場合は、このままの関係が続いてしまう可能性があります。まずは、あなたの意思を相手に伝えるところからはじめましょう。

「待ち」の姿勢ではきっかけが掴めない

 お付き合いが長期化しているのは、お互いにとって、今の関係性が心地よいからではないでしょうか? 中には、関係性を崩すのが怖いという方もいるかもしれませんね。そんな時は、「将来の関係性」について話し合うことがおすすめです。

「いつか一緒に住みたい」「毎日ご飯を作ってあげたい」など、あなたから未来への憧れを話しておけば、パートナーが頭の中で将来のビジョンを描きやすくなります。結果的に、彼がプロポーズをするハードルも下がるのではないでしょうか?

お互いの「結婚観」を話してみよう

 相手のリアクションを見て踏み込んだ話ができそうなら、ぜひ、“結婚観”について話し合ってみましょう。

 交際期間中に、擦り合わせをしておくことはとても大切。「きっとパートナーはこう思っているに違いない」と信じ込むのは、非常に危険です。お互いがこの先どういう生き方をしたいのか、住む場所や家事の分担などについても腹を割って話し合いましょう。

別れを切り出す勇気も必要

 いざ、パートナーと話し合いをしてみると、思い描く将来が違うケースもあります。「しばらく結婚する意思がない」「今は仕事を頑張りたい」「子どもは必要ないと思っている」「お金を自由に使いたい」など、自分とはまったく別の考えを持っていることも。

 こういった場合には、これからもお付き合いを継続できるのか考えてみましょう。どんなに素敵な恋人であっても、将来夫婦になるのが難しい場合は「別れ」を切り出す勇気も必要です。決断を先延ばしにして“長すぎた春”を後悔しないように、自分のこれからについて考えて行動しましょう。

“長い春”を乗り越えて、幸せの道へ進んでいこう

幸せな未来が待っていますように(写真:iStock)
幸せな未来が待っていますように (写真:iStock)

 交際期間が、ただひたすら長く続いてしまう“長い春”。ゴールが見えずに困っているなら、「待ち」の姿勢を辞めるのが大切。パートナーと将来について考え、自分の未来について真剣に話をしましょう。後悔のない決断をして、幸せになってくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ