交際して1年半、46歳での再婚は「合う」から決めたんです。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-28 18:28
投稿日:2020-10-27 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」の連載です。

今の夫と46歳で再婚 どのように出会った?

大切なのは「感謝の言葉」
大切なのは「感謝の言葉」

case2-3.椎名さとみさん(仮名/50歳)


 前々回前回に続き、今回もお話を伺ったフリーアナウンサーの木佐彩子さん似の椎名さとみさん(仮名/50歳)は、46歳で4歳年上の男性と再婚しました。出会いの場所は?

大人婚の相手を見つける2つのキーワード

合コンより食事会(写真:iStock)
合コンより食事会 (写真:iStock)

「男女ともに既婚者が混ざっている、食事会です。当時、私は再婚願望がなかったのですが恋人はほしいと思っていたので、友達に声をかけていたんです。『なにかあったら誘ってね』と。だから、『みんなで飲もうよ、遊ぼうよ』というゆるい会に誘ってもらえたのだと思います。既婚の友達には、『独身(男性)がいたら連れて行くね』と言われていましたが、その場はカップルが成立してもしなくても、どちらでもいい雰囲気。だからこそ彼も私も気負わず、その場をリラックスして楽しめました」

 たったこれだけのエピソードから、さとみさんは大事なことを2つ教えてくれました。

1.食事会という名の「合コン」ではなく、正式な「食事会」に呼ばれる回数を増やしてみては。

 さとみさんが呼ばれたのは、食事会という名の「合コン」ではなく、正式な「食事会」でした。大人婚を望む女性は、既婚の友人に頼んでみてはいかがでしょうか。

 当然ですが理性ある既婚者は、食事会で異性を口説かないのでライバルになりません。そして、心からあなたの幸せを願う心理的余裕を持っています。ですから、自信を持って紹介できない人をその場には呼びません。

 単なる食事会、あるいは飲み会は縁が広がるメリットもあります。筆者もさとみさんと同じ再婚ですが、今の夫と出会った場所は、仕事関係の飲み会でした。縁はどこでつながるかわからないという一例です。

2.「いい人がいたら紹介してね」ではなく「なにかあったら誘ってね」へ言い換えを。

なにかあったら誘ってね」は、さとみさんが友達に伝えていた言葉です。「いい人がいたら~」の「いい人」は、人により異なります。筆者の実体験でもありますが、頼まれた側は、「いい人」選びに頭を悩ませることも珍しくありません。「自分がセッティングした会でカップリングさせなければ……」と、プレッシャーすら感じてしまうこともあります。

 ところが、「なにかあったら~」だと、言われた側に圧はかかりません。

 むしろノリがいいと受け止め、気軽に誘えるようになります。友人には事前に、恋人がほしい、結婚を考えているなど気持ちを明かしておき、この言葉を伝えてみるといいかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ