交際して1年半、46歳での再婚は「合う」から決めたんです。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-28 18:28
投稿日:2020-10-27 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」の連載です。

今の夫と46歳で再婚 どのように出会った?

大切なのは「感謝の言葉」
大切なのは「感謝の言葉」

case2-3.椎名さとみさん(仮名/50歳)


 前々回前回に続き、今回もお話を伺ったフリーアナウンサーの木佐彩子さん似の椎名さとみさん(仮名/50歳)は、46歳で4歳年上の男性と再婚しました。出会いの場所は?

大人婚の相手を見つける2つのキーワード

合コンより食事会(写真:iStock)
合コンより食事会 (写真:iStock)

「男女ともに既婚者が混ざっている、食事会です。当時、私は再婚願望がなかったのですが恋人はほしいと思っていたので、友達に声をかけていたんです。『なにかあったら誘ってね』と。だから、『みんなで飲もうよ、遊ぼうよ』というゆるい会に誘ってもらえたのだと思います。既婚の友達には、『独身(男性)がいたら連れて行くね』と言われていましたが、その場はカップルが成立してもしなくても、どちらでもいい雰囲気。だからこそ彼も私も気負わず、その場をリラックスして楽しめました」

 たったこれだけのエピソードから、さとみさんは大事なことを2つ教えてくれました。

1.食事会という名の「合コン」ではなく、正式な「食事会」に呼ばれる回数を増やしてみては。

 さとみさんが呼ばれたのは、食事会という名の「合コン」ではなく、正式な「食事会」でした。大人婚を望む女性は、既婚の友人に頼んでみてはいかがでしょうか。

 当然ですが理性ある既婚者は、食事会で異性を口説かないのでライバルになりません。そして、心からあなたの幸せを願う心理的余裕を持っています。ですから、自信を持って紹介できない人をその場には呼びません。

 単なる食事会、あるいは飲み会は縁が広がるメリットもあります。筆者もさとみさんと同じ再婚ですが、今の夫と出会った場所は、仕事関係の飲み会でした。縁はどこでつながるかわからないという一例です。

2.「いい人がいたら紹介してね」ではなく「なにかあったら誘ってね」へ言い換えを。

なにかあったら誘ってね」は、さとみさんが友達に伝えていた言葉です。「いい人がいたら~」の「いい人」は、人により異なります。筆者の実体験でもありますが、頼まれた側は、「いい人」選びに頭を悩ませることも珍しくありません。「自分がセッティングした会でカップリングさせなければ……」と、プレッシャーすら感じてしまうこともあります。

 ところが、「なにかあったら~」だと、言われた側に圧はかかりません。

 むしろノリがいいと受け止め、気軽に誘えるようになります。友人には事前に、恋人がほしい、結婚を考えているなど気持ちを明かしておき、この言葉を伝えてみるといいかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ