交際して1年半、46歳での再婚は「合う」から決めたんです。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-28 18:28
投稿日:2020-10-27 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」の連載です。

今の夫と46歳で再婚 どのように出会った?

大切なのは「感謝の言葉」
大切なのは「感謝の言葉」

case2-3.椎名さとみさん(仮名/50歳)


 前々回前回に続き、今回もお話を伺ったフリーアナウンサーの木佐彩子さん似の椎名さとみさん(仮名/50歳)は、46歳で4歳年上の男性と再婚しました。出会いの場所は?

大人婚の相手を見つける2つのキーワード

合コンより食事会(写真:iStock)
合コンより食事会 (写真:iStock)

「男女ともに既婚者が混ざっている、食事会です。当時、私は再婚願望がなかったのですが恋人はほしいと思っていたので、友達に声をかけていたんです。『なにかあったら誘ってね』と。だから、『みんなで飲もうよ、遊ぼうよ』というゆるい会に誘ってもらえたのだと思います。既婚の友達には、『独身(男性)がいたら連れて行くね』と言われていましたが、その場はカップルが成立してもしなくても、どちらでもいい雰囲気。だからこそ彼も私も気負わず、その場をリラックスして楽しめました」

 たったこれだけのエピソードから、さとみさんは大事なことを2つ教えてくれました。

1.食事会という名の「合コン」ではなく、正式な「食事会」に呼ばれる回数を増やしてみては。

 さとみさんが呼ばれたのは、食事会という名の「合コン」ではなく、正式な「食事会」でした。大人婚を望む女性は、既婚の友人に頼んでみてはいかがでしょうか。

 当然ですが理性ある既婚者は、食事会で異性を口説かないのでライバルになりません。そして、心からあなたの幸せを願う心理的余裕を持っています。ですから、自信を持って紹介できない人をその場には呼びません。

 単なる食事会、あるいは飲み会は縁が広がるメリットもあります。筆者もさとみさんと同じ再婚ですが、今の夫と出会った場所は、仕事関係の飲み会でした。縁はどこでつながるかわからないという一例です。

2.「いい人がいたら紹介してね」ではなく「なにかあったら誘ってね」へ言い換えを。

なにかあったら誘ってね」は、さとみさんが友達に伝えていた言葉です。「いい人がいたら~」の「いい人」は、人により異なります。筆者の実体験でもありますが、頼まれた側は、「いい人」選びに頭を悩ませることも珍しくありません。「自分がセッティングした会でカップリングさせなければ……」と、プレッシャーすら感じてしまうこともあります。

 ところが、「なにかあったら~」だと、言われた側に圧はかかりません。

 むしろノリがいいと受け止め、気軽に誘えるようになります。友人には事前に、恋人がほしい、結婚を考えているなど気持ちを明かしておき、この言葉を伝えてみるといいかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ