“逆プロポーズ”ってあり?男性の本音&やりがちなNG行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-07 06:00
投稿日:2020-09-07 06:00
 友達や同僚の結婚が続くと、焦りを感じてしまう女性は多いでしょう。彼氏がいる人は「いつになったらプロポーズしてくれるの?」と、不満を抱いてしまうこともありますよね。そんな女性の中には、逆プロポーズを考えている人もいるのではないでしょうか?
 そこで今回は、逆プロポーズされた男性の本音や、逆プロポーズを成功させるために知っておきたいNG行動をご紹介します。

逆プロポーズされた男性の本音は? 両極端な男性の反応

逆プロポーズしてみる?(写真:iStock)
逆プロポーズしてみる? (写真:iStock)

 交際を始めて数年が経ち、関係が順調に進んでいるのに結婚の話が全く出ないとなると、女性は焦りや不安を感じるもの。中には、「私から、プロポーズしようかな」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。

 もちろん、プロポーズは女性からすることも可能です。逆プロポーズを受けた男性は、どんな風に思うのでしょうか?

逆プロポーズあり派

 プロポーズはどちらがするという決まりはありませんが、やはり男性から女性というのが一般的。でも、逆プロポーズが"なし"という訳ではありません。逆プロポーズにより、結婚に至ったカップルもたくさんいます。

 そもそも、交際している相手からプロポーズされて「嫌」という人はいませんよね。男性だって同じ。好きな人からプロポーズされれば、「嬉しい」と思うのは当然のこと。特に、自分に自信がなかったり、シャイな男性にとって、女性からの逆プロポーズは「ありがたい」と感じているようです。

逆プロポーズなし派

 今では女性が社会で活躍し、男性も家事を行う男女平等な時代。プロポーズだって、どちらがしたっておかしなことではありません。しかし、そう思っていながらも「プロポーズは、自分からしたい」と思っている男性が大多数を占めます。

 結婚は人生の中でも大きな決断であり、ターニングポイントでもありますから、「俺が引っ張っていきたい」と、男性は考えるのでしょう。特に、プライドが高い男性や交際の主導権を握りたい男性にとっては、逆プロポーズは"なし"と思っている傾向にあります。

逆プロポーズを成功させるには? 知っておきたい5つのNG行動

結婚してくれないと、どうなるかわかるよね?(写真:iStock)
結婚してくれないと、どうなるかわかるよね? (写真:iStock)

 彼のタイプを考えると、「逆プロポーズでもしなければ、前に進めない」と思っている女性もいるでしょう。そんな人は思い切って行動を起こすのも、ひとつの方法。

 しかし、逆プロポーズが原因で関係が悪くなってしまっては本末転倒です。NG行動に気を付けて、慎重に計画を立てましょう。

1. 自分の気持ちだけで突っ走ってしまう

 逆プロポーズを考えているのであれば、まずは、二人の気持ちが同じ方向を見ているか客観的に見つめ直してみましょう。

 女性の中には、「結婚したい!」という自分の気持ちだけが先走ってしまい、彼の気持ちを考えずに逆プロポーズしてしまう人も。これではOKをもらうどころか、別れの原因となってしまうこともあります。自分の気持ちを押し付けるような、逆プロポーズは避けましょう。

2. LINEや友達を通した間接的逆プロポーズ

 逆プロポーズを考えている女性の中には、「直接、顔を見て伝えるのは怖い」と思っている人もいるでしょう。いざ、その場に立つと、なかなか言葉が出てこないケースもあります。

 しかし、だからといってLINEや電話で伝えたり、友達を通した間接的な逆プロポーズはNG。プロポーズは、お互いにとって告白以上に人生を左右するものです。勇気を出して、ちゃんと顔を見て心を込めて気持ちを伝えましょう。

3. サプライズでの逆プロポーズ

 逆プロポーズをする際、「思い出に残るサプライズ的なことをしたい!」と、考える女性もいるでしょう。男性は鈍感な人が多いため、確かに分かりやすいプロポーズの方が伝わりやすいですが、過度な演出はNG。

 フラッシュモブや街中での派手な逆プロポーズは、男性のタイプによって喜ばれるどころか引かれてしまうこともあります。人目が気にならない、部屋で過ごしている時などが理想的かもしれません。

4. タイミングを考えない逆プロポーズ

 結婚は、なんといってもタイミングが重要。プロポーズのタイミングを間違えてしまうと、取り返しがつかなくなってしまうこともあります。

 そのため、逆プロポーズを計画する場合には、相手の状況を考える必要があります。たとえ結婚話が出ていたとしても、彼が忙しい時期に逆プロポーズをしてしまうと、「自分のことしか考えていない」と思われ、「この人と結婚するのは無理かもしれない」と思われてしまうことも。そうならないためには、彼の仕事やプライベートなどが落ち着いているタイミングを見極めましょう。

5. 断れないような逆プロポーズ

 プロポーズは交際している相手にするのが一般的ですから、「OKしてもらえる」と思っている人が多いでしょう。しかし、中にはOKをもらえる自信がなく、彼が断れないような伝え方をしたり、場合によっては脅迫のような逆プロポーズをしてしまう人もいるようです。

 そうなれば、結婚まではこじつけられたとしても、結婚生活はうまくいかなくなることが多いでしょう。プロポーズはOKをもらうことだけが目的ではなく、その後の人生につながること。相手を思いやる気持ちを、忘れないようにしましょう。

逆プロポーズは彼のタイプを見極めることが重要♡

彼のタイプを見極めて幸せな結婚を(写真:iStock)
彼のタイプを見極めて幸せな結婚を (写真:iStock)

 結婚は、男性にとっても女性にとっても大きな決断。そのきっかけとなるプロポーズは、どちらがしなければならないと決まっているわけではありません。

 しかし、男性によっては「逆プロポーズはなし」と思っている人もいるため、彼のタイプを見極めることが大切でしょう。彼のタイプを見極めた上で逆プロポーズをしようと決めた人は、ご紹介したNG行動に気を付けて挑んでくださいね!

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 14:55 ラブ