30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-23 06:00
投稿日:2021-02-23 06:00
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動していた人もいるはず。 しかし、30代にもなれば、そうはいきません。「恋愛が面倒」とすら、思っている人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、30代の恋愛が難しくなる原因や、恋愛を楽しむポイントをご紹介します。

30代になると恋愛が難しくなる…6つの原因

この年になると恋愛がちょっぴり面倒なんです(写真:iStock)
この年になると恋愛がちょっぴり面倒なんです (写真:iStock)

 しばらく恋愛から遠ざかっている30代の人の中には、「恋愛がしたい」と思いながらも、時間だけが過ぎてしまっている人がいます。そもそもなぜ、30代になると恋愛がしづらくなってしまうのでしょうか? もしかしたら、自分でも気づかない原因が隠れているかもしれませんよ。

1. 結婚を視野に入れてしまい、現実的に考えてしまう

 10代、20代の頃には、タイプの男性やアプローチしてきた男性と気軽にデートを楽しむことができたはず。深く考えすぎないからこそ、気軽に交際をはじめることができたでしょう。

 しかし、30代ともなれば、どことなく結婚を意識してしまうため、「デート=交際」「交際=結婚」と、どんどん先を考えてしまいます。それゆえに、「まずはデートに行ってみようかな」「付き合ってから考えよう」と、気軽に捉えることができず、結局一歩踏み出せずに終わってしまうことも増えるでしょう。

2. 価値観やスタイルができあがっている

 仕事でもプライベートでもさまざまな経験を積み、自分なりの価値観やスタイルができてくるのが「30代」。今まで頑張ってきたからこその、自分の武器ともいえるでしょう。

 しかし、これが恋愛で邪魔をしてしまうこともあります。自分の価値観で男性を見てしまったり、「素敵だな」と思う男性が現れても、自分の生活スタイルを壊したくないがために、恋愛に発展しないケースが少なくありません。

3. 過去の経験が邪魔をする

 30代ともなれば、いくつかの恋愛を経験しているでしょう。中には、「結婚のチャンスがあった」なんて人もいるかもしれません。

 実は、過去の経験が邪魔をして、恋愛ができなくなっている人もいます。「彼氏に裏切られた」「ひどい別れ方だった」など、辛い経験をした人は、それがトラウマとなり「また同じ思いをするのでは?」と、新たな一歩を踏み出せなくなってしまいます。

4. 年齢を重ねたことで自分に自信がない

「恋愛がしたい」と思っている30代女性の中には、自分に自信がないことで動き出せない人もいます。

 年齢を重ねるということは、老化するということ。30代はまだまだ若いですが、10代や20代の子と比べてしまうと、「もうおばさんだから」と自信を失ってしまう人もいます。

5. 恋をしている自分に恥ずかしさを感じる

 しばらく恋愛から遠ざかっていた人の中には、自分が恋をしている姿に恥ずかしさを感じ、恋愛できなくなる人もいます。

 好きな人が現れるとドキドキしたり、ウキウキしている自分に、「大人なのに何やっているんだろう……」と、勝手に引いてしまう人もいます。

6. ダメだった時のことを考えると、立ち直る自信がない

 好きな人に振られても、若い頃であれば「次がある」と思えた人も多いでしょう。しかし、この気持ちは年々薄れていくもの。

 30代女性の中には好きな人ができても「万が一、振られたらどうしよう」と思うと動けなくなってしまう人もいます。「次がダメだったら、立ち直れない」と感じて、恋愛を始めることが怖くなってしまいます。

30代でも恋愛は楽しめる♡ 大人の恋愛を楽しむ3つのポイント

一回結婚のことは忘れよう(写真:iStock)
一回結婚のことは忘れよう (写真:iStock)

 30代女子の中には、「恋愛がしたい」「結婚がしたい」と思いながらも、さまざまな原因から恋愛を遠ざけてしまう人がいます。しかし、恋愛は30代になったからこそ楽しめることも、たくさんあるんですよ。

 そこで、大人の恋愛を楽しむポイントをご紹介します。

1. お互いに自立して依存しない

 若い頃は、恋人ができると四六時中べったりだったという人もいたでしょう。好かれようと、彼氏に無理して合わせていた人もいるはず!

 しかし、30代にもなれば、そんな無理をする必要はありません。お互いに大人になったからこそ、自立した恋愛を楽しむことができます。お互いの仕事や生活も受け入れることができるため、依存しない楽な関係を築くことができるでしょう。

2. 経験を活かして心にゆとりを持つ

 年齢を重ねるということは、それだけ経験が増えているということ。恋愛に関わらず、人と接する際のコツやコミュニケーション能力は、確実に上がっているはずです。

 30代の恋愛では、それを活かしましょう。「こんな時は、こう返した方がいいかな」「こう思っているのかな?」と、経験から得たことを応用することで、余裕を持った対応ができるでしょう。

3. 結婚に捕らわれ過ぎない

「結婚したい」と思っている30代女性の多くは、恋人ができるたびに相手を結婚相手として見ているはず。確かに、恋愛から結婚に進展するのは理想的ですよね。

 しかし、あまりにも結婚に捕らわれてしまうと、条件ばかりが気になって相手の本質を見られなくなったり、大切なことを見逃してしまいます。何より、純粋に恋愛を楽しむことができなくなるでしょう。

 また、付き合って間もないのに「結婚、結婚」と思っていると、「重い女」だと思われかねません。そうならないためには、純粋に彼との時間を楽しむことが大切です。それがあってこその、結婚なのですから。

30代こそ恋愛を満喫!諦めず、新しい恋を楽しもう♪

30代だからこそ楽しめる恋もある(写真:iStock)
30代だからこそ楽しめる恋もある (写真:iStock)

 年を重ねるごとに結婚への焦りを感じながらも、「恋愛が面倒になる」という人もいるでしょう。そう思ってしまう原因は、意外と自分の中にあったりもするんです。原因が分かれば、自分自身との向き合い方も見えてくるでしょう。

 恋愛は、30代だからこそ楽しめることがたくさんあります。諦めずに、ここから新たな一歩を踏み出してみませんか?

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ