泣く子どもにチッ! 男を凍りつかせた婚活女子の無意識行動

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-07-02 06:01
投稿日:2019-07-02 06:01
「なぜあの人は、あんなに美人で才色兼備なのに結婚できないんだろう?」という婚活女性、誰しも周りに1人はいるのではないでしょうか。
 バリキャリOLのマリコ(仮名・35歳)も、まさに美人で仕事もできるのになかなか結婚しないので、周囲は不思議に思っていました。
 マリコと2人でデートした男性が一瞬で引いてしまったある行動とは? 今回は、美人な婚活女性がザンネンな恋(#ザン恋)を招いた理由についてご紹介します。

昔から「彼氏が途切れない女」だったのに

私の何がいけなかったの?(写真:iStock)
私の何がいけなかったの? (写真:iStock)

 横浜出身のマリコは、昔から可愛くて地元でも有名なモテ女でした。大学卒業後は東京の会社に就職し、都内で1人暮らしを謳歌していました。美貌に加えて軽快なトークも面白く、30を過ぎても合コンやパーティーにひっきりなしに声がかかり、彼氏が途切れることは皆無。

 ところが、35歳を迎える直前に、当時の彼氏・A君に突然フラれてしまい、マリコは初めて「彼氏がいない誕生日」をひとりぼっちで過ごすことに。この日を境に、マリコは「1人の人生は寂しい」「早く結婚しなきゃ」と焦り始めるようになっていきました。

彼氏にフラれた理由がわからない

 そもそも“なぜ彼にフラれたのか?”、マリコはわからずにいました。付き合う当初は、「結婚を見据えたお付き合いをしよう」と言われていたのに、彼からの最後のLINEには、「君とは一緒になれない」と告げられてお別れ。

 それまで半年間の交際は順調そのもので、ケンカも特になかったし、週に2回の食事デート(そのうち週末の1回は彼の家にお泊まり)をして、温泉旅行にも行ったし、「結婚したらあんな暮らしがしたいね」とか「そろそろ親に挨拶しに行かなきゃね」って言ってくれていた矢先だったのに。

 彼の方が、結婚に前向きだったのは明らかだったので、別れた後もマリコの心のモヤモヤはずっと残っていたのです。

共通の友人から聞いた

 学生時代から長い付き合いの女友達・ミユキ(仮名・35歳)と、定例の女子会ランチへ。その時に、マリコはA君と破局した報告や、なんでフラれたかわからない、という話をしました。ミユキはマリコとA君が出会った合コンにも同席していたので、話が通じやすいのです。

 するとミユキは、「実はあの合コンにいたB君と、後日別のメンバーで合コンしたんだよね」と話しはじめ、「その合コンの時に盛り上がった話が、マリコとA君のことなのよ!」と言うのです。

「えっ、なんの話で盛り上がったの?」と、マリコが恐る恐る聞くと……。

 ミユキは、「A君がマリコを振った理由よ、自分は知ってるの?」と聞いてくるので、マリコは首を横に振りました。

彼氏を一気に冷めさせてしまった行動

自らチャンスを手放していたなんて…(写真:iStock)
自らチャンスを手放していたなんて… (写真:iStock)

「交際は順調だったと思ったのに、ある日突然フラれたから腑に落ちないんだよね」とマリコは打ち明けます。

 すると、ミユキは言いづらそうに「A君も一気に冷めちゃったみたいだよ、マリコって子ども嫌いなの?」と、こう教えてくれました。

「食事デートに行ったお店で、隣のテーブルにいた家族連れの子どもが大泣きしちゃった時に、マリコが“チッ”で舌打ちしたんだって。しかも、その時のマリコの表情は子どもを睨むような目をしてたんだって。それでA君は、“マリコとは家庭を作れないな”って思って一気に引いたらしいよ」

 正直、マリコには舌打ちをした記憶がなかった。でも、もともと子ども好きではないのも確かでした。

 とはいえ、いつか自分の子どもをもうけたいという願望はあったので、自分がとっさの反応で見知らぬ子どもに舌打ちをしていたことに、自分のことながらショックを受けたマリコ。そりゃフラれるわ……と、妙に納得したようです。

 せっかく「結婚を前提に」交際していた彼がいたのに、もったいない! チャンスを逃してしまいましたね。

【今日の一言メモ】とっさの反応は、本音を隠しきれない。恐るべし!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ