泣く子どもにチッ! 男を凍りつかせた婚活女子の無意識行動

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-07-02 06:01
投稿日:2019-07-02 06:01
「なぜあの人は、あんなに美人で才色兼備なのに結婚できないんだろう?」という婚活女性、誰しも周りに1人はいるのではないでしょうか。
 バリキャリOLのマリコ(仮名・35歳)も、まさに美人で仕事もできるのになかなか結婚しないので、周囲は不思議に思っていました。
 マリコと2人でデートした男性が一瞬で引いてしまったある行動とは? 今回は、美人な婚活女性がザンネンな恋(#ザン恋)を招いた理由についてご紹介します。

昔から「彼氏が途切れない女」だったのに

私の何がいけなかったの?(写真:iStock)
私の何がいけなかったの? (写真:iStock)

 横浜出身のマリコは、昔から可愛くて地元でも有名なモテ女でした。大学卒業後は東京の会社に就職し、都内で1人暮らしを謳歌していました。美貌に加えて軽快なトークも面白く、30を過ぎても合コンやパーティーにひっきりなしに声がかかり、彼氏が途切れることは皆無。

 ところが、35歳を迎える直前に、当時の彼氏・A君に突然フラれてしまい、マリコは初めて「彼氏がいない誕生日」をひとりぼっちで過ごすことに。この日を境に、マリコは「1人の人生は寂しい」「早く結婚しなきゃ」と焦り始めるようになっていきました。

彼氏にフラれた理由がわからない

 そもそも“なぜ彼にフラれたのか?”、マリコはわからずにいました。付き合う当初は、「結婚を見据えたお付き合いをしよう」と言われていたのに、彼からの最後のLINEには、「君とは一緒になれない」と告げられてお別れ。

 それまで半年間の交際は順調そのもので、ケンカも特になかったし、週に2回の食事デート(そのうち週末の1回は彼の家にお泊まり)をして、温泉旅行にも行ったし、「結婚したらあんな暮らしがしたいね」とか「そろそろ親に挨拶しに行かなきゃね」って言ってくれていた矢先だったのに。

 彼の方が、結婚に前向きだったのは明らかだったので、別れた後もマリコの心のモヤモヤはずっと残っていたのです。

共通の友人から聞いた

 学生時代から長い付き合いの女友達・ミユキ(仮名・35歳)と、定例の女子会ランチへ。その時に、マリコはA君と破局した報告や、なんでフラれたかわからない、という話をしました。ミユキはマリコとA君が出会った合コンにも同席していたので、話が通じやすいのです。

 するとミユキは、「実はあの合コンにいたB君と、後日別のメンバーで合コンしたんだよね」と話しはじめ、「その合コンの時に盛り上がった話が、マリコとA君のことなのよ!」と言うのです。

「えっ、なんの話で盛り上がったの?」と、マリコが恐る恐る聞くと……。

 ミユキは、「A君がマリコを振った理由よ、自分は知ってるの?」と聞いてくるので、マリコは首を横に振りました。

彼氏を一気に冷めさせてしまった行動

自らチャンスを手放していたなんて…(写真:iStock)
自らチャンスを手放していたなんて… (写真:iStock)

「交際は順調だったと思ったのに、ある日突然フラれたから腑に落ちないんだよね」とマリコは打ち明けます。

 すると、ミユキは言いづらそうに「A君も一気に冷めちゃったみたいだよ、マリコって子ども嫌いなの?」と、こう教えてくれました。

「食事デートに行ったお店で、隣のテーブルにいた家族連れの子どもが大泣きしちゃった時に、マリコが“チッ”で舌打ちしたんだって。しかも、その時のマリコの表情は子どもを睨むような目をしてたんだって。それでA君は、“マリコとは家庭を作れないな”って思って一気に引いたらしいよ」

 正直、マリコには舌打ちをした記憶がなかった。でも、もともと子ども好きではないのも確かでした。

 とはいえ、いつか自分の子どもをもうけたいという願望はあったので、自分がとっさの反応で見知らぬ子どもに舌打ちをしていたことに、自分のことながらショックを受けたマリコ。そりゃフラれるわ……と、妙に納得したようです。

 せっかく「結婚を前提に」交際していた彼がいたのに、もったいない! チャンスを逃してしまいましたね。

【今日の一言メモ】とっさの反応は、本音を隠しきれない。恐るべし!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ