泣く子どもにチッ! 男を凍りつかせた婚活女子の無意識行動

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-07-02 06:01
投稿日:2019-07-02 06:01
「なぜあの人は、あんなに美人で才色兼備なのに結婚できないんだろう?」という婚活女性、誰しも周りに1人はいるのではないでしょうか。
 バリキャリOLのマリコ(仮名・35歳)も、まさに美人で仕事もできるのになかなか結婚しないので、周囲は不思議に思っていました。
 マリコと2人でデートした男性が一瞬で引いてしまったある行動とは? 今回は、美人な婚活女性がザンネンな恋(#ザン恋)を招いた理由についてご紹介します。

昔から「彼氏が途切れない女」だったのに

私の何がいけなかったの?(写真:iStock)
私の何がいけなかったの? (写真:iStock)

 横浜出身のマリコは、昔から可愛くて地元でも有名なモテ女でした。大学卒業後は東京の会社に就職し、都内で1人暮らしを謳歌していました。美貌に加えて軽快なトークも面白く、30を過ぎても合コンやパーティーにひっきりなしに声がかかり、彼氏が途切れることは皆無。

 ところが、35歳を迎える直前に、当時の彼氏・A君に突然フラれてしまい、マリコは初めて「彼氏がいない誕生日」をひとりぼっちで過ごすことに。この日を境に、マリコは「1人の人生は寂しい」「早く結婚しなきゃ」と焦り始めるようになっていきました。

彼氏にフラれた理由がわからない

 そもそも“なぜ彼にフラれたのか?”、マリコはわからずにいました。付き合う当初は、「結婚を見据えたお付き合いをしよう」と言われていたのに、彼からの最後のLINEには、「君とは一緒になれない」と告げられてお別れ。

 それまで半年間の交際は順調そのもので、ケンカも特になかったし、週に2回の食事デート(そのうち週末の1回は彼の家にお泊まり)をして、温泉旅行にも行ったし、「結婚したらあんな暮らしがしたいね」とか「そろそろ親に挨拶しに行かなきゃね」って言ってくれていた矢先だったのに。

 彼の方が、結婚に前向きだったのは明らかだったので、別れた後もマリコの心のモヤモヤはずっと残っていたのです。

共通の友人から聞いた

 学生時代から長い付き合いの女友達・ミユキ(仮名・35歳)と、定例の女子会ランチへ。その時に、マリコはA君と破局した報告や、なんでフラれたかわからない、という話をしました。ミユキはマリコとA君が出会った合コンにも同席していたので、話が通じやすいのです。

 するとミユキは、「実はあの合コンにいたB君と、後日別のメンバーで合コンしたんだよね」と話しはじめ、「その合コンの時に盛り上がった話が、マリコとA君のことなのよ!」と言うのです。

「えっ、なんの話で盛り上がったの?」と、マリコが恐る恐る聞くと……。

 ミユキは、「A君がマリコを振った理由よ、自分は知ってるの?」と聞いてくるので、マリコは首を横に振りました。

彼氏を一気に冷めさせてしまった行動

自らチャンスを手放していたなんて…(写真:iStock)
自らチャンスを手放していたなんて… (写真:iStock)

「交際は順調だったと思ったのに、ある日突然フラれたから腑に落ちないんだよね」とマリコは打ち明けます。

 すると、ミユキは言いづらそうに「A君も一気に冷めちゃったみたいだよ、マリコって子ども嫌いなの?」と、こう教えてくれました。

「食事デートに行ったお店で、隣のテーブルにいた家族連れの子どもが大泣きしちゃった時に、マリコが“チッ”で舌打ちしたんだって。しかも、その時のマリコの表情は子どもを睨むような目をしてたんだって。それでA君は、“マリコとは家庭を作れないな”って思って一気に引いたらしいよ」

 正直、マリコには舌打ちをした記憶がなかった。でも、もともと子ども好きではないのも確かでした。

 とはいえ、いつか自分の子どもをもうけたいという願望はあったので、自分がとっさの反応で見知らぬ子どもに舌打ちをしていたことに、自分のことながらショックを受けたマリコ。そりゃフラれるわ……と、妙に納得したようです。

 せっかく「結婚を前提に」交際していた彼がいたのに、もったいない! チャンスを逃してしまいましたね。

【今日の一言メモ】とっさの反応は、本音を隠しきれない。恐るべし!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相...
恋バナ調査隊 2020-04-10 06:00 ラブ
FILM
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるな...
恋バナ調査隊 2020-04-09 06:00 ラブ
FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ