泣く子どもにチッ! 男を凍りつかせた婚活女子の無意識行動

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-07-02 06:01
投稿日:2019-07-02 06:01
「なぜあの人は、あんなに美人で才色兼備なのに結婚できないんだろう?」という婚活女性、誰しも周りに1人はいるのではないでしょうか。
 バリキャリOLのマリコ(仮名・35歳)も、まさに美人で仕事もできるのになかなか結婚しないので、周囲は不思議に思っていました。
 マリコと2人でデートした男性が一瞬で引いてしまったある行動とは? 今回は、美人な婚活女性がザンネンな恋(#ザン恋)を招いた理由についてご紹介します。

昔から「彼氏が途切れない女」だったのに

私の何がいけなかったの?(写真:iStock)
私の何がいけなかったの? (写真:iStock)

 横浜出身のマリコは、昔から可愛くて地元でも有名なモテ女でした。大学卒業後は東京の会社に就職し、都内で1人暮らしを謳歌していました。美貌に加えて軽快なトークも面白く、30を過ぎても合コンやパーティーにひっきりなしに声がかかり、彼氏が途切れることは皆無。

 ところが、35歳を迎える直前に、当時の彼氏・A君に突然フラれてしまい、マリコは初めて「彼氏がいない誕生日」をひとりぼっちで過ごすことに。この日を境に、マリコは「1人の人生は寂しい」「早く結婚しなきゃ」と焦り始めるようになっていきました。

彼氏にフラれた理由がわからない

 そもそも“なぜ彼にフラれたのか?”、マリコはわからずにいました。付き合う当初は、「結婚を見据えたお付き合いをしよう」と言われていたのに、彼からの最後のLINEには、「君とは一緒になれない」と告げられてお別れ。

 それまで半年間の交際は順調そのもので、ケンカも特になかったし、週に2回の食事デート(そのうち週末の1回は彼の家にお泊まり)をして、温泉旅行にも行ったし、「結婚したらあんな暮らしがしたいね」とか「そろそろ親に挨拶しに行かなきゃね」って言ってくれていた矢先だったのに。

 彼の方が、結婚に前向きだったのは明らかだったので、別れた後もマリコの心のモヤモヤはずっと残っていたのです。

共通の友人から聞いた

 学生時代から長い付き合いの女友達・ミユキ(仮名・35歳)と、定例の女子会ランチへ。その時に、マリコはA君と破局した報告や、なんでフラれたかわからない、という話をしました。ミユキはマリコとA君が出会った合コンにも同席していたので、話が通じやすいのです。

 するとミユキは、「実はあの合コンにいたB君と、後日別のメンバーで合コンしたんだよね」と話しはじめ、「その合コンの時に盛り上がった話が、マリコとA君のことなのよ!」と言うのです。

「えっ、なんの話で盛り上がったの?」と、マリコが恐る恐る聞くと……。

 ミユキは、「A君がマリコを振った理由よ、自分は知ってるの?」と聞いてくるので、マリコは首を横に振りました。

彼氏を一気に冷めさせてしまった行動

自らチャンスを手放していたなんて…(写真:iStock)
自らチャンスを手放していたなんて… (写真:iStock)

「交際は順調だったと思ったのに、ある日突然フラれたから腑に落ちないんだよね」とマリコは打ち明けます。

 すると、ミユキは言いづらそうに「A君も一気に冷めちゃったみたいだよ、マリコって子ども嫌いなの?」と、こう教えてくれました。

「食事デートに行ったお店で、隣のテーブルにいた家族連れの子どもが大泣きしちゃった時に、マリコが“チッ”で舌打ちしたんだって。しかも、その時のマリコの表情は子どもを睨むような目をしてたんだって。それでA君は、“マリコとは家庭を作れないな”って思って一気に引いたらしいよ」

 正直、マリコには舌打ちをした記憶がなかった。でも、もともと子ども好きではないのも確かでした。

 とはいえ、いつか自分の子どもをもうけたいという願望はあったので、自分がとっさの反応で見知らぬ子どもに舌打ちをしていたことに、自分のことながらショックを受けたマリコ。そりゃフラれるわ……と、妙に納得したようです。

 せっかく「結婚を前提に」交際していた彼がいたのに、もったいない! チャンスを逃してしまいましたね。

【今日の一言メモ】とっさの反応は、本音を隠しきれない。恐るべし!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ