思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選

コクハク編集部
更新日:2021-03-02 06:09
投稿日:2021-03-02 06:00
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしないようにと適当に対処していると、エスカレートしてしまうことも……。そこで今回は、そんなゾワ〜ッとする“背筋が寒くなる”LINEの内容と効果的な対処法についてご紹介します。

勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選

1. 待ってないのに「俺のこと待ってた?」


 

 こちらの2人は、同じバイト仲間のようです。バレンタインデーに、「彼女は俺にチョコレートを渡したいはず!」という根拠のない自信によって、確認もせずにフライングで恥ずかしいLINEを送ってしまったようですね。

「もしも待ってなかったら恥ずかしいかも」と思わないメンタルの強さが、勘違い男の大きな特徴なのです。

2. 聞いていないのに「俺のタイプは〇〇だよ」

 こちらの彼は、女友達が自分に気があると確信してしまっているようですね。いつまでも告白してこない彼女にしびれを切らして、「とぼけちゃって」と言わんばかりに告白を後押ししてしまっています。

 これも、側から見ると非常に恥ずかしいのですが、指摘したところで勘違い男は「またまた照れちゃって」と、こちらの声に全く耳を傾けてくれないのでしょうね……。

3. 小分けに送ってくるウザ気持ち悪いLINE

 こちらのLINEは、たまにいる「俺のペースに巻き込みたいタイプ」の勘違い男からのLINEです。相手が気にしそうな文章を時間を置いて小分けに送ることで、嫌でも自分のことを意識させて自分のペースに巻き込みたいのでしょう……。

 最後の文章を読んだ時に、ついつい「はっ!?」と叫びたくなるようなウザ気持ち悪いLINEでした。

4. インテリぶりたい!? カタカナだらけのLINE

 勘違い男に多いのが、インテリに見せたいがためにわざわざカタカナ多めのLINEを入れてくること。本当に賢い人というのは、猿にでもわかるように説明できる人のことです。 

 カタカナを使って賢いと思ってもらいたい魂胆が、丸見えですね。

5. ただの愚痴なのにお説教してくるLINE

 こういう勘違い男っていますよね。ただ愚痴として聞き流して欲しいのに、がっつりお説教されてしまいました。しかも、相談しているわけではないのに、勝手に言動の善悪を判断してアドバイスしてくる厄介なタイプ……。空気が読めず、冗談が通じないので、話していて疲れてしまいますね。

6. 日程を決めたくて必死な痛いLINE

 文面に必死感が滲み出ていますね。なんとしても日程を決めたいのでしょう。空気が読める人なら少し時間を置いてみようと思うはずなのですが、再来月にまで期間を延長してでもとにかく約束を取り付けたいようです。

 こういった男性は、頑固で完璧主義な人が多いです。付き合ったとしても、彼のペースに振り回されてしまいそうですね。

“背筋が寒くなるLINE”が届いた時の賢い対処法

ブロックも一つの手段(写真:iStock)
ブロックも一つの手段 (写真:iStock)

 上記でご紹介したような、“背筋が寒くなるLINE”が男性から届いた場合の賢い対処法をご紹介しましょう。

スタンプのみで終わらせる

 一番シンプルで賢い方法が、スタンプのみで返信をするという方法です。スタンプのみの送信なら、無視しているわけでもないですし、こちらもいろいろ気を使って文章を考えるなどの労力を省くことができますね。

ブロックする

 あまりにも内容がひどくてしつこい場合には、ブロックしてしまうのもひとつの方法です。ちなみに、LINEの場合、ブロックされたことは相手にはわからない仕様になっているそうです。

 いちいち内容が見えては気になってしまうので、一切スマホの画面に表示されないようにするのが良いでしょう。

正直に迷惑なことを伝える

 上記のようなやり方だと相手に誠実ではないかも……と気になってしまう人は、いっそのこと、正直に「迷惑」だと伝えましょう。おそらく勘違い男たちは非常にメンタルが強いので、そんなことくらいではへこたれないはずですよ。

“背筋が寒くなるLINE”をする男性は変わらない!

勘違い男は変わらない!(写真:iStock)
勘違い男は変わらない! (写真:iStock)

 背筋が寒くなるLINEが届いた時、「空気を読んでくれるはず!」と、淡い期待を持ってやりとりを続けていても、多くの勘違い男はすぐには変わりません。こちらのストレスが溜まるだけなので、早めに賢く対処してみてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ