浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-17 05:52
投稿日:2021-02-23 06:00
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は彼からのLINEの送り間違え=誤爆によって、浮気や嘘、ドン引きするような事実を知ることになってしまった女性たちの体験をご紹介しましょう。

浮気がバレた…カップル修羅場の誤爆LINE

1. 彼女いないよLINEで誤爆

 カップル同士のLINEで、一番送ってはいけないパターンですね。こちらの彼氏は「クリスマスは仕事」と彼女に嘘をついて、気になる女性に彼女がいないと告げてしまいました。彼氏にとっても彼女にとっても、最悪なクリスマスになってしまいましたね……。

2. 寝込んでいるはずなのに遅刻LINEで誤爆

 風邪で寝込んでいるはずの彼氏が、浮気相手との待ち合わせの遅刻を伝えるLINEを彼女に送ってしまったようです。それにしても、友達と待ち合わせて病院に行くという言い訳が、痛々しいですね。

3. 予測変換で誤爆

 便利なスマホの予測変換機能ですが、浮気をしている人にとっては非常に危険な機能になるようです。こちらのLINEにある「暑い→敦子い」のように、慌てて送ると文章の中に浮気相手のヒントを散りばめてしまうことも……。

【あわせて読みたい】思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選

4. 浮気相手とのデートの思い出を語って誤爆

 普段から浮気をしていると、思い出の場所にどの女性と一緒に行ったのかがわからなくなってしまうことがあるようです。こちらの彼氏は、彼女から旅行の提案を受けた時、以前に浮気相手と行った時の思い出を語ってしまいました……。

5. 隠語を送り間違えて誤爆

 浮気している男女が使いがちな「隠語」。デートのことを「会議」と呼ぶなど、仕事連絡のように文章に織り交ぜることで、万が一彼女にLINEを覗かれても、仕事の話だと言い訳できるそうです。

 でも、そんな隠語も、送り間違えたらアウト。彼氏から「明日の会議楽しみだね!」なんて送られてきたら明らかに不自然ですし、このLINEのようにせっかくの隠語がバレる原因となるケースもありますね。

6. 送り間違いで隠し子発覚

 養育費の連絡を彼女に送ってしまったようです。これは言い訳しようがないうえ、嘘が重すぎて取り返しがつかないことになってしまうでしょう。

7. 送り間違いでエリート社員ではないことが発覚

 こちらの彼氏は、普段、彼女に「俺は証券会社の正社員」と伝えていたようです。バイト仲間に送ったLINEが彼女に届いて、アルバイトだとバレてしまいましたね。

 正社員ではなくバイトであったことはもちろん、“嘘をつく人”だと知り、彼女はダブルでショックを受けてしまったはずです。

8. 彼女に植毛をおすすめして秘密がバレる

 こちらの彼氏は、よりによって彼女には絶対に気づかれたくないであろう秘密をLINEで誤爆してしまったようです。「嘘つくとか最低」と言われていますが、じゃあ正直に話した時、それでも別れないでいてくれたのかは確信が持てませんよね……。なんとも切ない誤爆です。

9. 男友達と間違えて彼女への不満を暴露してしまう

 男性たちは日頃から、自分の彼女の胸のサイズを暴露し合っているのでしょうか? こちらの彼女は、小さい胸をコンプレックスに思っていたであろうに、男友達にバラされ、彼の本音まで知ってしまうという辛い誤爆LINEが届いてしまいました。返信文の激しさを見ると、その後、彼氏の安否が心配なところです。

カップルの誤爆LINEは本性を知るきっかけになる!

 誤爆LINEは、内容によっては確かにショックです。でも、よく考えてみれば、そこで彼氏の本性を知ることができたことはラッキーなのかもしれません。ご縁があれば、ショックな出来事を乗り越えて愛を深められるかもしれませんし、全ては必然なのでしょう。

 あなたの彼氏が隠し事をしていないことを祈ります!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ