あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-07 06:00
投稿日:2021-03-07 06:00
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけでなく、男性からも嫌われがちでした。しかし今では、男性の心を掴む、モテる“あざと女子”が増えてきているそうなんです。そこで今回は、そんなあざとい女性がモテる理由や、真似したい特徴をご紹介します。

同性からは敬遠されるけど…あざとい女性がモテる3つの理由

あざとい女子、目指してみる?(写真:iStock)
あざとい女子、目指してみる? (写真:iStock)

 男性ウケするタイプの女性は、どうしても同性からは敬遠されがち。当然、あざとい女性を「苦手」だと思う女性も多いはずです。しかし、そんなあざとさを武器にする彼女たちがモテるのも事実。まずは、その理由から見ていきましょう。

1. 見た目が女性らしい

 あざとい女性は常に男性からの目線を意識しているため、メイクやファッション、仕草に至るまで女性らしいスタイルを心がけています。

 当然、そんな女性は男性から見れば、素直に「可愛い」と思える存在。見た目は第一印象に大きな影響を与えますから、ひとめぼれのように恋に落ちる男性もいるはずです。たとえ、「計算しているな」と気づいたとしても、見た目の可愛さでチャラになるはずです。

2. 男性を喜ばせるスキルが高い

 男性は女性から褒められたり、喜ばれたりすると、それだけで気分が上がるものです。「素敵なスーツですね」「髪型、素敵ですね」なんて褒められたことがきっかけで、好意を抱く人も少なくありません。

 実は、あざとい女性は、そんな風に自然に男性を褒めたり、喜ばせることが上手なんです! 男性としてのプライドを立ててくれるからこそ、あざとい女性に惹かれる男性も多いのでしょう。

3. 高嶺の花と思わせず、親近感がある

 可愛らしく、周りからも人気があるとなると、いくら好意を抱いている女性でも、「高嶺の花」と思われて諦めてしまう男性も多いでしょう。

 しかし、あざとい女性は、いつも誰にでも笑顔で接し、距離感が近いため、親近感を与えます。「もしかしたら、俺に気があるのかも」と思わせるような素振りも上手ですので、「自分にも可能性があるかも?」と期待させられてしまう男性も多いでしょう。

こっそり真似したい! 男性からモテるあざとい女性5つの特徴

女性らしいファッションは鉄則(写真:iStock)
女性らしいファッションは鉄則 (写真:iStock)

 あざとくてもモテると聞けば「私も、そんな技を身につけたい!」なんて思う女性も多いのではないでしょうか? そんな人は、モテるあざとい女性の特徴の真似からはじめてみましょう。

1. メイクはナチュラル&女性らしいファッション

 前述したように、モテるあざとい女性は常に男性目線を意識しています。そのため、メイクは派手さや流行は求めず、ナチュラルメイクが基本。

 また、ファッションは女性らしいスタイルが特徴です。ふんわりとした女性らしいワンピースだけでなく、時には露出をすることで男性をドキッとさせることも。その時々のTPOに合わせたスタイルができるのも、あざとい女性の特徴です。 

2. リアクションが大きい

 男性にとって、女性の喜怒哀楽は可愛らしく映るものです。「嬉しそうだな」「辛そうだな」なんて、気持ちが分かりやすいほうが安心できると思う男性が多いでしょう。

 あざとい女性はそれを知っているのか、リアクションが大きいのも特徴のひとつ。何かプレゼントをされたら、大げさなくらいに「嬉しい!」と喜ぶことができますし、辛い時にはわざとらしいくらい哀しそうな表情を作り、男性の心を引きつけます。

3. 女としてのプライドが高い

 あざとい女性というと、「男性に媚びてばかりで、プライドなんて気にしない」なんてイメージを持つ人が多いでしょう。

 しかし、あざとい女性は男性から好かれるために、さまざまな努力をしています。そして、自分の価値を知っているからこそ、女としてのプライドが高い人が多い傾向にあります。根本的な部分で自信があるからこそ、モテにつながっているのかもしれませんね。

4. ボディタッチが多い

 男性は女性に触れられると意識してしまうことを知っているゆえ、あざとい女性はボディタッチをうまく使い、男性の心を掴みます。

 まるで癖であるかのように、あいさつをする時や会話の節々で、自然にさりげなく肩や腕に触れます。何度も触れられた男性は、「俺に気があるのでは?」と意識することになるでしょう。

5. 損得勘定で動く

 損得勘定で動くのも、あざとい女性の特徴かもしれません。本来であれば、「タイプだな」「優しいな」なんてところから恋心が生まれますが、あざとい女性は「この人と付き合ったら、どんなメリットがあるだろう?」からはじまります。

 当然、メリットがないと判断した男性からのアプローチは、タイプであってもきっぱりと断ります。

モテる“あざと女子”を真似て、嫌われないあざとさを身につけよう♪

あざといは正義!(写真:iStock)
あざといは正義! (写真:iStock)

 あざとさを武器にする“あざと女子”というと、「私にはできない」「そうはなりたくない」と思う人が多いでしょう。しかし、モテるとなれば話は変わってきませんか?

 最近では、「あざといな……」と気づきながらも、心惹かれる男性も増えています。自分のために、「好かれたい」と頑張っている姿が「可愛い」と映るのは、ある意味自然なことかもしれません。あなたも、この記事を参考に、モテるあざとい女性を目指してみませんか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...