あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-22 06:00
投稿日:2020-11-22 06:00
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず。それもそのはず、最近では100種類以上の◯系が存在していて、その数はどんどん増加傾向にあるそうなんですよ。今回は、そんな◯系女子の中でも代表的なものをピックアップしてその特徴をご紹介します。

男性からモテる◯系女子の種類と特徴

ゆるーい雰囲気の「脱力系女子」も人気(写真:iStock)
ゆるーい雰囲気の「脱力系女子」も人気 (写真:iStock)

 女性だったら、誰もが男性から好印象を持たれたいと思うもの。特に、恋活中は男性からどう思われているか気になりますよね。まずはじめに、男性からモテる◯系女子の種類と特徴を見ていきましょう。自分が何系女子なのか、自己診断しながら読んでみてくださいね!

1. 癒し系女子

「癒し系女子」は、ふんわりした柔らかい雰囲気が特徴。美人系よりも可愛い系で、ナチュラルな印象があります。聞き上手が多く、男性からモテる代表の系統だと言えるでしょう。

 見た目だけでなく、性格の穏やかさも特徴のひとつ。人の陰口を言うこともほとんどないので、人間関係のトラブルは少ないでしょう。仕事で忙しい毎日を送っている男性が、癒し系女子に惹かれるのもわかる気がしますね。

【あわせて読みたい】癒されたい男性の心理って?“真の癒し系女子”になるポイント

2. 清楚系女子

 上品で清潔感のある「清楚系女子」は、基本的に黒髪でナチュラルメイクが多く、ファッションもあまり派手ではないのが特徴。とはいうものの、トレンドには敏感でオシャレな人が多い傾向に。

 男性からモテる清楚系女子は、「親に紹介したい彼女」の代表。言葉遣いも丁寧で気が利くタイプが多いので、どこに連れて行っても恥ずかしくない理想の彼女だと言えるでしょう。

3. サバサバ系女子

「サバサバ系女子」は、さっぱりした性格の持ち主。明るい性格で友達も多く、年齢や性別問わず、人気者が多いのが特徴です。「男っぽいから友達向き」と思われそうですが、持ち前の性格の良さで男性からもモテます。

 また、「私、男っぽいから~」と、サバサバ系女子アピールする「自称サバサバ系女子」も存在するそうですが、モテるサバサバ系女子とは全く別物のようです。

4. 小悪魔系女子

 さりげないボディタッチや、あざとい手段で男性を翻弄するのが特徴の「小悪魔系女子」。男性から好印象を持たれることが多い小悪魔系女子ですが、女性からは嫌われがちです。

 あの手この手で男性にアピールして、狙った獲物は絶対に逃しません。男性を虜にするのが得意な行動派なので、恋のライバルにはしたくないタイプでしょう。

【あわせて読みたい】小悪魔系女子とは一味違う「魔性の女」のモテ力♡7つの特徴

5. 脱力系女子

 ガツガツした印象が全くなく、のんびりしていて力が抜けているような雰囲気が特徴の「脱力系女子」。ゆるい感じが魅力的で、男性からも人気があります。

 表裏がない性格でマイペースな脱力系女子は、いつも自然体。「一緒にいて楽」という意見がもっとも多く、特別美人なタイプでなくてもモテる系統だと言えます。

恋愛傾向別!◯系女子の種類と特徴

グイグイ行っちゃう「肉食系」(写真:iStock)
グイグイ行っちゃう「肉食系」 (写真:iStock)

 続いては、恋愛傾向別に代表的な系統の特徴を見ていきましょう。自分がどのタイプかわかれば、どんな男性と相性が良いのかも見えてくるはず。まずは、自分の恋愛傾向を知ることからはじめてみましょう。

1. 肉食系女子

 恋愛傾向を示す◯系女子の中でも、もっともメジャーなのが「肉食系女子」でしょう。肉食系女子は、気になる男性がいたら積極的にアピールするのが特徴で、ズバ抜けた行動力の持ち主。

 メイクは濃いめで、露出度もわりと高めの「派手系ファッション」を好む傾向にありますが、最近では見た目ではわかりにくい「隠れ肉食系女子」もいるそうですよ。

2. 草食系女子

 肉食系女子とは真逆で、恋愛に消極的なのが「草食系女子」。気になる男性がいても自分からはアプローチせず、男性からのアクションを待つ女性らしい性格が特徴です。

 また、性格だけではなく見た目も肉食系女子とは正反対。ファッションも控えめで、どちらかといえば地味なタイプが多いようです。

3. 絶食系女子

「絶食系女子」とは、恋愛をお休みしている女性を言います。「今は恋愛よりも大事なものがある」「恋愛に疲れた」という理由で、恋愛を一時的に休んでいます。

 コミュニケーションが上手な人が多く、基本的に友達は多め。恋人よりも友達と時間を楽しんだり、一人の時間を大切にするタイプで、彼氏がいなくても充実した毎日を送っているのが特徴です。

あわせて読みたい】恋は引き際も重要?気になる5つのタイミング&諦める方法

4. 断食系女子

「断食系女子」とは、絶食系女子のように一時的に恋愛を休んでいるのではなく、恋愛そのものに興味がないタイプを言います。恋愛には興味がないものの、男性嫌いではありません。ただ単に、「今は、恋愛したくない」という心境の女性のことを示す系統です。

◯系女子はあなたの魅力!上手にアピールして素敵な恋をしよう♡

あなたは何系女子?(写真:iStock)
あなたは何系女子? (写真:iStock)

 数多くの◯系女子が存在しますが、あなたに当てはまる◯系女子はありましたか?今回は、男性にモテる◯系女子と恋愛傾向別の◯系女子をご紹介しましたが、ほかにも多くの◯系女子が存在し、その数は年々増加しているようです。

 自分の系統を知ることは、自分の魅力やアプローチする方法を知ることにつながります。「◯系女子」はあなたの魅力そのもの! 無理に隠さず、上手にアピールして素敵な恋をしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ