彼にとってタイプ圏外でも…距離を縮める“好み寄せ”のコツ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-11-16 06:00
投稿日:2020-11-16 06:00
 気になる彼の好みのタイプが自分とかけ離れているという時、あなたならどうしますか? 男性にとって、見た目や性格のフィーリングは重要です。やはり好みからずれていたら、恋は上手くいかないものなのでしょうか。
 だからといって簡単には諦めたくない。そんな人のために「彼の好みを凌駕して彼氏をゲットした」女性たちに、そのコツを聞いてみました。

顔の好みは服と髪型で寄せられる

見た目については研究あるのみ(写真:iStock)
見た目については研究あるのみ (写真:iStock)

「2年前から付き合っている彼氏は、私が好きでがんばって落とした彼氏です。私は身長が149cmしかなくて、知り合う人すべてに小動物キャラ扱いをされますが、彼の好みのタイプは大人っぽい女性。当初は『かわいい系のあざとい女は無理』と言われて、とても凹みました。

 でも、結局男性の顔の好みなんてざっくり判定なんですよね。彼の好みに合わせて、じっくりと外見をリブランディングしました。今まで着ていた若見え服を封印して、モノトーンベースのシックな服を着るように。髪型も前髪アリのショートボブから、前髪を流したストレートヘアに伸ばしてみると、だいぶ印象も変わりました。結果、半年後に彼を落とすことに成功しました」(29歳・公務員)

「男性のいう外見の好みはざっくり判定」、そのとおりです。女性ほど細かい要素を見ていないので、雰囲気さえつかめば彼の好みのタイプに寄せることが可能です。「カワイイ系か、キレイ系か」と言ったざっくりした好みは、服や髪型、メイクで寄せちゃいましょう。

性格の好みは彼の趣味をトレースして学べ

趣味が合うって思われたい(写真:iStock)
趣味が合うって思われたい (写真:iStock)

「学生時代に落とした彼は、私のことが苦手だったそうです。誰とでも仲良くできておちゃらけている私と、物静かで落ち着いた彼。最初は全然仲良くなれなかったので、彼の趣味を周りから聞き出して、完璧にトレースしていきました。

 読んでいる漫画、聞く音楽、好きなお笑い芸人など……。とにかく彼と話す時に『それ、俺も好き』と言わせるべく頑張りました。すると、彼も話が合うと思ってくれたのか、徐々に心を開いてくれるように。彼の口からタイプを聞き出してからは、おかしくない範囲で彼のタイプに近い振る舞いを装いつつ、趣味の場にデートに行っていたら、付き合うことができました」(24歳・広告関係)

 内面の好みは、情報さえ分かれば寄せていくことが可能ですね。趣味からトレースするのは有効な方法です。共通言語が多いと会話も弾みますし、仲良くなるきっかけになります。

 あとは彼の口から好みを聞き出していきましょう。その代わり、寄せて付き合ったのなら、付き合ったあとも彼に寄せた振る舞いをしていかないと、すぐにケンカが起きる可能性もあります。やるなら完璧にやりましょう。

体型は努力で寄せると好感触

彼好みのクール系に寄せてみた(写真:iStock)
彼好みのクール系に寄せてみた (写真:iStock)

「今付き合っている彼は私と付き合う前、『ぽっちゃりしている女性のことが生理的に受け付けない』と言っていました。しかし、その時の私は身長160㎝、体重62kg。彼の歯牙にもかからないことは分かっていました。

 とにもかくにも、そこからはダイエットを決意。食事制限と運動で、10kg痩せることに成功しました。正直、痩せ始めてからは彼の私を見る目が変わったことに自覚があります。恋のためにダイエットって、本当に意味があるんだなと感動」(28歳・物流関係)

 外見の好みにスタイルのいい女性をあげる男性は多いですね。特に痩せ型にこだわる男性はハードルが高いため、努力が必要でしょう。しかし、逆の「健康的体型・ぽっちゃり体型」を望む男性は、そこまでハードルを高く設定してこない傾向です。

 身体を絞ることは自分にとってもメリットがあることですから、努力してみるのもいいかも。

寄せたなら…寄せきるべきよ、乙女たち

意中の相手を落とすため!(写真:iStock)
意中の相手を落とすため! (写真:iStock)

 外見、内面……。相手の好みさえ分かっていれば、あとから寄せても恋が実る可能性はありそうです。ただし、「自分に寄せてきた」ということを嫌がる男性もいるでしょう。こだわりの強い男性、人心掌握がうまい男性にはバレてしまうかもしれませんが、ぬるっと恋愛している多くの男性には効果的かも。

 しかし、一度好みに寄せてアピールしてしまったなら、男性もその時のあなたのことを好きになるでしょう。付き合ってから急に「本当の私を受け入れて」……というわけにはいきません。好みに寄せて落とすなら、落とした後も彼の前では彼の好みに寄せたあなたでいなくてはいけない……そこまでの覚悟があるなら、レッツ好み寄せ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...