彼にとってタイプ圏外でも…距離を縮める“好み寄せ”のコツ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-11-16 06:00
投稿日:2020-11-16 06:00
 気になる彼の好みのタイプが自分とかけ離れているという時、あなたならどうしますか? 男性にとって、見た目や性格のフィーリングは重要です。やはり好みからずれていたら、恋は上手くいかないものなのでしょうか。
 だからといって簡単には諦めたくない。そんな人のために「彼の好みを凌駕して彼氏をゲットした」女性たちに、そのコツを聞いてみました。

顔の好みは服と髪型で寄せられる

見た目については研究あるのみ(写真:iStock)
見た目については研究あるのみ (写真:iStock)

「2年前から付き合っている彼氏は、私が好きでがんばって落とした彼氏です。私は身長が149cmしかなくて、知り合う人すべてに小動物キャラ扱いをされますが、彼の好みのタイプは大人っぽい女性。当初は『かわいい系のあざとい女は無理』と言われて、とても凹みました。

 でも、結局男性の顔の好みなんてざっくり判定なんですよね。彼の好みに合わせて、じっくりと外見をリブランディングしました。今まで着ていた若見え服を封印して、モノトーンベースのシックな服を着るように。髪型も前髪アリのショートボブから、前髪を流したストレートヘアに伸ばしてみると、だいぶ印象も変わりました。結果、半年後に彼を落とすことに成功しました」(29歳・公務員)

「男性のいう外見の好みはざっくり判定」、そのとおりです。女性ほど細かい要素を見ていないので、雰囲気さえつかめば彼の好みのタイプに寄せることが可能です。「カワイイ系か、キレイ系か」と言ったざっくりした好みは、服や髪型、メイクで寄せちゃいましょう。

性格の好みは彼の趣味をトレースして学べ

趣味が合うって思われたい(写真:iStock)
趣味が合うって思われたい (写真:iStock)

「学生時代に落とした彼は、私のことが苦手だったそうです。誰とでも仲良くできておちゃらけている私と、物静かで落ち着いた彼。最初は全然仲良くなれなかったので、彼の趣味を周りから聞き出して、完璧にトレースしていきました。

 読んでいる漫画、聞く音楽、好きなお笑い芸人など……。とにかく彼と話す時に『それ、俺も好き』と言わせるべく頑張りました。すると、彼も話が合うと思ってくれたのか、徐々に心を開いてくれるように。彼の口からタイプを聞き出してからは、おかしくない範囲で彼のタイプに近い振る舞いを装いつつ、趣味の場にデートに行っていたら、付き合うことができました」(24歳・広告関係)

 内面の好みは、情報さえ分かれば寄せていくことが可能ですね。趣味からトレースするのは有効な方法です。共通言語が多いと会話も弾みますし、仲良くなるきっかけになります。

 あとは彼の口から好みを聞き出していきましょう。その代わり、寄せて付き合ったのなら、付き合ったあとも彼に寄せた振る舞いをしていかないと、すぐにケンカが起きる可能性もあります。やるなら完璧にやりましょう。

体型は努力で寄せると好感触

彼好みのクール系に寄せてみた(写真:iStock)
彼好みのクール系に寄せてみた (写真:iStock)

「今付き合っている彼は私と付き合う前、『ぽっちゃりしている女性のことが生理的に受け付けない』と言っていました。しかし、その時の私は身長160㎝、体重62kg。彼の歯牙にもかからないことは分かっていました。

 とにもかくにも、そこからはダイエットを決意。食事制限と運動で、10kg痩せることに成功しました。正直、痩せ始めてからは彼の私を見る目が変わったことに自覚があります。恋のためにダイエットって、本当に意味があるんだなと感動」(28歳・物流関係)

 外見の好みにスタイルのいい女性をあげる男性は多いですね。特に痩せ型にこだわる男性はハードルが高いため、努力が必要でしょう。しかし、逆の「健康的体型・ぽっちゃり体型」を望む男性は、そこまでハードルを高く設定してこない傾向です。

 身体を絞ることは自分にとってもメリットがあることですから、努力してみるのもいいかも。

寄せたなら…寄せきるべきよ、乙女たち

意中の相手を落とすため!(写真:iStock)
意中の相手を落とすため! (写真:iStock)

 外見、内面……。相手の好みさえ分かっていれば、あとから寄せても恋が実る可能性はありそうです。ただし、「自分に寄せてきた」ということを嫌がる男性もいるでしょう。こだわりの強い男性、人心掌握がうまい男性にはバレてしまうかもしれませんが、ぬるっと恋愛している多くの男性には効果的かも。

 しかし、一度好みに寄せてアピールしてしまったなら、男性もその時のあなたのことを好きになるでしょう。付き合ってから急に「本当の私を受け入れて」……というわけにはいきません。好みに寄せて落とすなら、落とした後も彼の前では彼の好みに寄せたあなたでいなくてはいけない……そこまでの覚悟があるなら、レッツ好み寄せ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ