イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-09 07:11
投稿日:2021-03-12 07:00
 気がついたら落ちているのが「恋」である。それが結婚願望を持つ女性なら、そして、その相手が誰もが魅力的だと感じる長身イケメンの俳優だったらなおのこと、周囲が見えなくなっても不思議はありません。
 今回、インタビューに答えてくれたR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)もその一人です。しかし、彼女が経験した“現実”は予想外の出来事の連続でした――。

きっかけはSNS

彼はイケメン俳優(写真:iStock)
彼はイケメン俳優 (写真:iStock)

 今回は、イケメンナルシストな俳優の彼・Oさん(36歳)に振り回され、心身が疲弊してボロボロになった彼女に取材してみました。

――イケメン俳優・Oさんとの出会いから教えてください

「SNSです。以前からチョイ役でテレビに出ていた彼をフォローすると、翌日フォローバックされて。あまりに嬉しくて舞い上がっていたら、DMで『フォローありがとう』とメールが来ました。

 彼は俗にいう『イケメンだけど売れない俳優』の部類ですが、そんなことは関係ない。

 今までテレビを通してしか見られなかった彼と直接連絡を取っている事実に、とにかく幸せいっぱいでした」

――憧れの俳優Oさんと付き合うことになった経緯をお聞かせください。

「彼からは毎晩、23時くらいにLINEが来るようになりました。私のインスタを見てくれたようで、『R子ちゃんは、スリムだよね』『水着の写真、素敵だよ』とか、『今日はドラマの撮影だったんだ』などと他愛のない話からです。

 私がLINE電話で話そうと提案すると、『ごめん、住んでいるマンションが事務所の寮で、同室に後輩俳優もいるからメールのみで』と返信が来たんです。

 今考えれば怪しさ満載ですが、彼に嫌われたくない一心で、従いました。すると、彼は『まだリアルに会ってないけれど、Rちゃんの顔、めちゃくちゃタイプなんだ』などと、とにかく褒められ続けて――。

 元カレとは半年前に別れたので、のめり込みましたね。私、芸能人とメールしてるって……。でも、徐々に彼に対して違和感を覚えてきたんです」

違和感を抱くもときめきには勝てず

上から目線の発言が目立つように(写真:iStock)
上から目線の発言が目立つように (写真:iStock)

――詳しく教えてください

「はい、ちょっとこの人、ズレてるなと思ったのは、ある時LINEで

『僕はね、デブとブスが大嫌いなんだ。自分の体型を管理できない人間は時間を守らないし、約束も平気で破る。その点、R子ちゃんはスリムだから、自己管理ができる子だよね。エキゾチックな顔立ちも僕好み。身長185センチの僕にふさわしいルックスだよ』

 と、いきなり上から目線で来たことです。

 好みと言ってくれたのは嬉しいのですが、デブやブスなどひどい言い方をするなあと思いましたね。芸能人だからこんな感覚なのかな……と思いつつ、彼に嫌われたくない一心で『そうだよね』『嬉しい』などと、肯定し続けましたよ。

 やがて、彼は一方的に自慢話をするようになりました」

――続けてください

「はい、『僕は子供のころから、親戚中にカッコいいと言われ続けていた』とか、『外出したら、必ずスカウトされてた』などはまだ許せたとして、『大学時代には、7名の女と同時進行で付き合ったんだ。

 ナンパも、狙った女の目をじっと見て『二人でゆっくりしない?』とニッコリ笑えば、たいていの女はそのままラブホに直行だったよ』などと言うようになって……。

 その時点で、私も関係を断ち切ればよかったんですが、好きと言う気持ちは抑えられず……。それに、彼がチョイ役で出演したドラマを見ると『やっぱりカッコいいな』とトキめいてしまって……」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ