イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-09 07:11
投稿日:2021-03-12 07:00
 気がついたら落ちているのが「恋」である。それが結婚願望を持つ女性なら、そして、その相手が誰もが魅力的だと感じる長身イケメンの俳優だったらなおのこと、周囲が見えなくなっても不思議はありません。
 今回、インタビューに答えてくれたR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)もその一人です。しかし、彼女が経験した“現実”は予想外の出来事の連続でした――。

きっかけはSNS

彼はイケメン俳優(写真:iStock)
彼はイケメン俳優 (写真:iStock)

 今回は、イケメンナルシストな俳優の彼・Oさん(36歳)に振り回され、心身が疲弊してボロボロになった彼女に取材してみました。

――イケメン俳優・Oさんとの出会いから教えてください

「SNSです。以前からチョイ役でテレビに出ていた彼をフォローすると、翌日フォローバックされて。あまりに嬉しくて舞い上がっていたら、DMで『フォローありがとう』とメールが来ました。

 彼は俗にいう『イケメンだけど売れない俳優』の部類ですが、そんなことは関係ない。

 今までテレビを通してしか見られなかった彼と直接連絡を取っている事実に、とにかく幸せいっぱいでした」

――憧れの俳優Oさんと付き合うことになった経緯をお聞かせください。

「彼からは毎晩、23時くらいにLINEが来るようになりました。私のインスタを見てくれたようで、『R子ちゃんは、スリムだよね』『水着の写真、素敵だよ』とか、『今日はドラマの撮影だったんだ』などと他愛のない話からです。

 私がLINE電話で話そうと提案すると、『ごめん、住んでいるマンションが事務所の寮で、同室に後輩俳優もいるからメールのみで』と返信が来たんです。

 今考えれば怪しさ満載ですが、彼に嫌われたくない一心で、従いました。すると、彼は『まだリアルに会ってないけれど、Rちゃんの顔、めちゃくちゃタイプなんだ』などと、とにかく褒められ続けて――。

 元カレとは半年前に別れたので、のめり込みましたね。私、芸能人とメールしてるって……。でも、徐々に彼に対して違和感を覚えてきたんです」

違和感を抱くもときめきには勝てず

上から目線の発言が目立つように(写真:iStock)
上から目線の発言が目立つように (写真:iStock)

――詳しく教えてください

「はい、ちょっとこの人、ズレてるなと思ったのは、ある時LINEで

『僕はね、デブとブスが大嫌いなんだ。自分の体型を管理できない人間は時間を守らないし、約束も平気で破る。その点、R子ちゃんはスリムだから、自己管理ができる子だよね。エキゾチックな顔立ちも僕好み。身長185センチの僕にふさわしいルックスだよ』

 と、いきなり上から目線で来たことです。

 好みと言ってくれたのは嬉しいのですが、デブやブスなどひどい言い方をするなあと思いましたね。芸能人だからこんな感覚なのかな……と思いつつ、彼に嫌われたくない一心で『そうだよね』『嬉しい』などと、肯定し続けましたよ。

 やがて、彼は一方的に自慢話をするようになりました」

――続けてください

「はい、『僕は子供のころから、親戚中にカッコいいと言われ続けていた』とか、『外出したら、必ずスカウトされてた』などはまだ許せたとして、『大学時代には、7名の女と同時進行で付き合ったんだ。

 ナンパも、狙った女の目をじっと見て『二人でゆっくりしない?』とニッコリ笑えば、たいていの女はそのままラブホに直行だったよ』などと言うようになって……。

 その時点で、私も関係を断ち切ればよかったんですが、好きと言う気持ちは抑えられず……。それに、彼がチョイ役で出演したドラマを見ると『やっぱりカッコいいな』とトキめいてしまって……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ