イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-09 07:11
投稿日:2021-03-12 07:00
 気がついたら落ちているのが「恋」である。それが結婚願望を持つ女性なら、そして、その相手が誰もが魅力的だと感じる長身イケメンの俳優だったらなおのこと、周囲が見えなくなっても不思議はありません。
 今回、インタビューに答えてくれたR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)もその一人です。しかし、彼女が経験した“現実”は予想外の出来事の連続でした――。

きっかけはSNS

彼はイケメン俳優(写真:iStock)
彼はイケメン俳優 (写真:iStock)

 今回は、イケメンナルシストな俳優の彼・Oさん(36歳)に振り回され、心身が疲弊してボロボロになった彼女に取材してみました。

――イケメン俳優・Oさんとの出会いから教えてください

「SNSです。以前からチョイ役でテレビに出ていた彼をフォローすると、翌日フォローバックされて。あまりに嬉しくて舞い上がっていたら、DMで『フォローありがとう』とメールが来ました。

 彼は俗にいう『イケメンだけど売れない俳優』の部類ですが、そんなことは関係ない。

 今までテレビを通してしか見られなかった彼と直接連絡を取っている事実に、とにかく幸せいっぱいでした」

――憧れの俳優Oさんと付き合うことになった経緯をお聞かせください。

「彼からは毎晩、23時くらいにLINEが来るようになりました。私のインスタを見てくれたようで、『R子ちゃんは、スリムだよね』『水着の写真、素敵だよ』とか、『今日はドラマの撮影だったんだ』などと他愛のない話からです。

 私がLINE電話で話そうと提案すると、『ごめん、住んでいるマンションが事務所の寮で、同室に後輩俳優もいるからメールのみで』と返信が来たんです。

 今考えれば怪しさ満載ですが、彼に嫌われたくない一心で、従いました。すると、彼は『まだリアルに会ってないけれど、Rちゃんの顔、めちゃくちゃタイプなんだ』などと、とにかく褒められ続けて――。

 元カレとは半年前に別れたので、のめり込みましたね。私、芸能人とメールしてるって……。でも、徐々に彼に対して違和感を覚えてきたんです」

違和感を抱くもときめきには勝てず

上から目線の発言が目立つように(写真:iStock)
上から目線の発言が目立つように (写真:iStock)

――詳しく教えてください

「はい、ちょっとこの人、ズレてるなと思ったのは、ある時LINEで

『僕はね、デブとブスが大嫌いなんだ。自分の体型を管理できない人間は時間を守らないし、約束も平気で破る。その点、R子ちゃんはスリムだから、自己管理ができる子だよね。エキゾチックな顔立ちも僕好み。身長185センチの僕にふさわしいルックスだよ』

 と、いきなり上から目線で来たことです。

 好みと言ってくれたのは嬉しいのですが、デブやブスなどひどい言い方をするなあと思いましたね。芸能人だからこんな感覚なのかな……と思いつつ、彼に嫌われたくない一心で『そうだよね』『嬉しい』などと、肯定し続けましたよ。

 やがて、彼は一方的に自慢話をするようになりました」

――続けてください

「はい、『僕は子供のころから、親戚中にカッコいいと言われ続けていた』とか、『外出したら、必ずスカウトされてた』などはまだ許せたとして、『大学時代には、7名の女と同時進行で付き合ったんだ。

 ナンパも、狙った女の目をじっと見て『二人でゆっくりしない?』とニッコリ笑えば、たいていの女はそのままラブホに直行だったよ』などと言うようになって……。

 その時点で、私も関係を断ち切ればよかったんですが、好きと言う気持ちは抑えられず……。それに、彼がチョイ役で出演したドラマを見ると『やっぱりカッコいいな』とトキめいてしまって……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ