「猫のきもち」熟読!子猫のいる生活を前のめりで夢想(笑)

コクリコ 編集者
更新日:2021-03-21 14:18
投稿日:2021-03-21 06:00

子猫を迎える準備を始める

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 さて5月の半ばに子猫8匹とのお見合いを終え、書面で改めて茶トラ柄の男の子とサビ柄の女の子、2匹の子猫の里親に申し込みをしました。そして無事に受理され、2回のワクチンを終える7月上旬からトライアルが開始されることに。ここから約2カ月。その間に私がすることは、猫のお迎えの準備です。

 幸いにも、というか偶然にも、わが家はそもそもペット飼育可の物件で、斜め前に動物病院、隣にペット用品のお店がありました。飼育環境としては完璧。

 子猫のいる生活を夢想しながら、ミルクボランティアさんに言われたように高さのあるケージを用意し、組み立てます。高さ190㎝もあるものを1人で組み立てなくてはいけないのがひとり暮らしのつらさ……。窓には脱走防止柵もつけます。週末ごとになにかを組み立てていました。費用はケージが2万円ちょっと、脱走防止柵が8000円ほどでしたでしょうか。この時点で3万円ほどがかかっています。

猫になった気持ちであれこれ物色

猫グッズそろえるの楽しいよね(写真:iStock)
猫グッズそろえるの楽しいよね (写真:iStock)

 それだけでは終わりません。猫様に快適にお過ごしいただくべく、もてなしの心で隣のペット用品のお店やネットショップを覗いては、ベッドやおもちゃを物色します。これは肌触りがガサガサしてる、これはにおいがいやだな、と猫になった気持ちで。猫の気持ちは知らんけど。

 通っている美容院ではタブレットでdマガジンが読めるのですが、ファッション誌には目もくれず、「猫のきもち」を熟読。ちょうどはじめて猫を飼う人のためのQ&Aが掲載されていて、なにこれ、引き寄せの法則!? と興奮しながら読み込みます。

 猫を6匹飼っている友人も質問攻めにし、トイレには砂タイプとシステムトイレがあって、システムトイレの手入れの方がラクであるという情報を入手。なんでも、砂タイプは鉱物砂がおしっこを吸ってぎゅっと固まるので、それをその都度捨てる必要があるそう。

 それに対し、システムトイレは2層式になっており、1層目に置いた木材で作られたペレットは固まらず、2層目にセットしたペットシートが吸水する仕組みで、週イチの交換でOK(うんちはその都度)だという。ほなシステムトイレやな。さっそくシステムトイレを買い、ほくほくとケージにセット。

「猫は気に入らないと全然使ってくれない」

 猫の食器は偶然通りがかった有楽町の東急ハンズで。ペット用品売り場の店員さんも猫を飼っている方で、時間をかけてひとつずつ説明してくださいました。子猫が食べやすい高さで、私が洗いやすく(つまり衛生的に使えるように)、ダサくないものという私のリクエストをかなえ、かつ店員さんの「猫は気に入らないと全然使ってくれないことがあるから、高いものを飼うのはもったいない」というアドバイスを踏まえて、店員さんイチオシのアルミの食器を2セット買いました。猫が来る日も決まってないけれど準備だけはどんどん進めてしまう。

2匹ともコクシジウム症に感染!

野良猫は厳しい環境で生きている(写真:iStock)
野良猫は厳しい環境で生きている (写真:iStock)

 その頃、猫たちはというと……ミルクボランティアさんのお宅で育てられていたのですが、ひどい下痢が続いていて病院に通っていました。2匹の子猫ともにコクシジウム症です。

 コクシジウムという寄生虫は小腸に寄生し、増殖することで起こる病気のことです。母子感染でしょうか。おそらく野良猫のお母さんからの感染で、棄てられたときにはすでに感染していたのではという見立てでした。過酷な環境で生きている野良猫に寄生虫がいることはまったく驚くことではありません。

 近年、家猫の寿命は延びていて、長生な猫では20歳を超えることもあるそうですが、野良猫はだいたい4歳くらいで命を落とすそう。その原因のひとつに寄生虫による感染症があり、ほかにも交通事故、餓死、虐待などさまざまあります。

 適切な処置を受けると感染後3週間もすれば症状は軽くなっていくそうですが、体力のない子猫はそれまでに命を落としてしまうこともあるというではありませんか! 私の猫ちゃんたちは……。私にできることはなく、ただただ頑張って欲しいと祈るばかりです。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


遭遇前に備えておく!コミュニティークラッシャーの対処法
 突然ですが、あなたはこれまでに”コミュニティークラッシャー”と遭遇したことはありますか? もちろん人間なので合う、合わ...
トレーニングの成果は上々!“にゃんたま”プロレスを観戦中
 きょうも、猫プロレス「闘いごっこ」のにゃんたま君たち。  白熱する試合にレフェリーの目が光ります。  飛び...
目指せ開運!節分は“最強の魔除けカラー”赤色の花を味方に
 ワタクシ、お花屋さんという商売をさせていただいておりますが、今の状況になにがしかの不安があるときや新しいことを始める際...
1月24日~1月30日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
天草四郎にあやかって…“にゃんたま四郎”とお呼びします!
 有明海に浮かぶ「湯島」で出会ったにゃんたま君。  1637年、当時16歳だったカリスマ美少年・天草四郎は、 ...
うんざり…職場で泣く大人の特徴6つ&泣かれた時の対処法
 大人になれば、つらいことがあっても、悲しいことがあっても、人前で泣くことは避けるものです。特に、職場は仕事をする場です...
「厄除け」のご祈祷に行ってみた 2022.1.22(土)
 突然ですが、今年の厄年年表はチェックしましたか? 女性の本厄は、1990年生まれの33歳(数え年)。しかも、「大厄」に...
風の時代だもの! 自信のある人たちの“神がかった”去り方
 皆さんは、自分が生活している環境をガラリと変える決断をしたことはありますか? 私はどちらかと言えば変化を好まない、腰の...
40代転職の厳しい現実よ…今すぐできる「才能」の見つけ方
 アラフォーになってから「自分の才能を知りたい」と思い始める女性は少なくありません。今まで淡々と仕事をこなしてきた女性た...
ドヤ顔!? ハンサムな“見返りにゃんたま”にキュン♡
 きょうは、ハンサムな見返りにゃんたま君!  菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」は、振り返る瞬間的な動きの中に女性の...
2022年運気UPに「ミニ胡蝶蘭」のススメ! 長持ち5カ条も
「日持ちするって言ったのに、全然モタナイじゃんかよー!」  猫店長こと「さぶ」率いる我が花屋。今日も悩めるお客様が...
エンディングノートを書くことを決めた!息子に残したい思い
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...