保護猫ってなあに 譲渡条件がとても厳しい理由を知ってる?

コクリコ 編集者
更新日:2021-03-21 14:20
投稿日:2021-03-07 06:00

保護猫を飼ってよかったなと思うこと

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 私が保護猫を飼うことになって1年半。見渡せば保護猫を飼っている人だらけです。自分が保護猫を飼い始めてから、周りがみんな保護猫を飼っているように錯覚してしまいます。インスタグラムでフォローする人も、買う本も、人との会話も保護猫の話になってしまっているからでしょうか。

 保護猫に限らず、猫はどの猫もみんなかわいいのですが、保護猫を飼ってよかったなと思うのは、ちょっとだけ社会の役に立った気持ちになれたときです。

 子を産み育むことでの社会貢献はできませんでしたが、野良猫を減らし、猫の殺処分を減らすためにほんのわずか協力できたかなと思っています。

アラフォーにして“猫なで声”を習得かっ!?

 猫を飼ってよかったと心から思っています。1日100回くらい、うちの猫のことをかわいいと思ってしまうし、スマホを開いて写真を眺めたり、ペットカメラでわが家の猫の様子をリアルタイムで観察したり。気持ち悪いねこおばさんになっている……! 猫なで声をどうやって出すのか、猫を飼ったらわかりました。

「猫には魔力がある」

猫は「かわいい」が仕事(写真:iStock)
猫は「かわいい」が仕事 (写真:iStock)

 あるとき60代未亡人のお宅へ取材で伺ったのですが、その方も保護猫を飼っていたのです。「猫には魔力があるのよ。その魔力にとりつかれたら、どうやっても離れられないの」と話す未亡人さんの言葉を借りると、私はもう猫の魔力に取りつかれています。

 毎日のトイレの処理、夜鳴き、通院などお世話はそれなりにあって、気ままに旅行にも行けないし、面倒だなと思うときもあるのですが、猫がひざに乗っかってきたり、お布団に忍び込んできたら、その思いは忘却の彼方へ。

「かわいい」だけで人間から愛されている

 犬は盲導犬、警察犬、麻薬犬、狩猟犬、牧羊犬とさまざまな場面で人の役に立っているのに、猫はかわいいというだけでずっと人に愛されているんですよね。魔物です。

 今となっては猫おばさんの私ですが、飼う前は猫についてまるで知識がなく、友人たちが飼っている保護猫のこともよくわかっていませんでした。

 でも、実家の犬を買った17年前とは異なり、ペットショップでの生体販売はよしとされていないことはわかっていました。ですので、もし猫を飼うなら保護猫にしようと思い、ちょっと時間ができると保護猫の里親募集サイトをながめるようになりました。

保護猫の譲渡条件がとても厳しい理由

猫好き男性には厳しい世の中(写真:iStock)
猫好き男性には厳しい世の中 (写真:iStock)

 ところが。保護猫の譲渡条件はとても厳しく、「一人暮らし・同棲カップルは禁止」「60歳以上の高齢者は禁止」「単身の男性はNG」や「留守番は4時間以内まで」「猫アレルギーがないこと」といったもので、そもそも条件的に私には無理だったのです。のちに知るところになるのですが、

・同棲カップルは別れる際に猫を引き取る、引き取らないでもめて保護団体に返されることがあること

・独身の女性の場合も、結婚や交際をする際にお相手に猫アレルギーがあるという理由で猫を返してくる人がいたということ

・完全室内飼育の猫は長いと20歳くらいまで生きることがあり、60歳を超えた高齢者は年齢的に猫より先に亡くなる可能性もあるということ

・子猫のうちは未熟で体調の変化が起こりやすく、また体力や好奇心にあふれているので留守中に思わぬ事故を引き起こすことがあるということ

コロナ禍が与える影響も…

 そして猫の好きな独身男性にはお気の毒ですが、猫の虐待のトラブルは男性が起こすことが多く、それを回避するために男性はNGということも多いのだそう。

 知人が保護団体に問い合わせところ、犯罪者のように扱われ、けんもほろろに断られたそうです。結果的に知人はペットショップで買ってしまったのですが……双方の思いがわかるので、苦しいです。

 そして、ここ1年では、コロナ禍で所得が下がったために猫を飼えなくなったと保護団体に返してくる人がいるそうです。所得についても今後は譲渡条件に含まれるかもしれませんね。

 ただ、譲渡条件が厳しい団体ほど1匹1匹を大切に思っているからこそなので、条件を安易に緩和できないことも今は理解しています。

 保護猫はもともと野良猫だったり、人によって遺棄された子猫だったり、飼っていた飼い主さんからなんらかの理由で飼育を放棄された猫。過酷な環境で育ってきたからこそ、幸せになってほしいという保護団体のお気持ちですね。

コクリコ
記事一覧
編集者
実用書の編集者(社畜)。アラフォー未婚のがんサバイバー2年生(進級しました!)。2018年、子宮頸がんにて広汎子宮全摘出術を受ける。現在ホルモン補充療法をしながら経過観察中。SNSをパトロールするのが趣味。“Twitter探偵”とも呼ばれる。でも幸せになりたい。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...