このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-07 06:00
投稿日:2021-04-07 06:00
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも、そんな不安や焦りを抱えているのは、あなただけではありませんよ。そこで今回は、女性が結婚に焦る瞬間や、焦ってしまった時の対処方法をご紹介します。

女性が結婚に焦る6つの瞬間とは?

早く結婚しなくちゃ!(写真:iStock)
早く結婚しなくちゃ! (写真:iStock)

 女性は、さまざまな瞬間に結婚への焦りを感じます。特に女性は人と自分を比べることが多いため、それが焦りの原因となっている人も多いのではないでしょうか? まずは、女性が結婚に焦りがちな瞬間を見ていきましょう。

1. 長く付き合っていた彼氏と別れた

 結婚に焦りを感じる人の中には、長く付き合っていた彼との別れが引き金になる人が少なくありません。

 長く付き合っていれば、結婚を考えていたでしょうし、中には「結婚相手は彼しかいない」と、思っていた人もいるはず。それがすべて白紙になるわけですから、「もう、結婚できないかもしれない」と焦りを感じるのは当然のことです。

2. 友達の結婚や出産が増えてきた

 女性が結婚に焦りを感じる瞬間として多いのは、友達の結婚話や出産話を聞いた時。特に、学生時代からの古い付き合いの友達の結婚や出産話は、「同じ年なのに、どうしてこんなに違うのだろう」と焦りを感じてしまう人が多いです。

 今まで、結婚や出産を現実的に考えていなかった人も、身近な人の結婚話によって「そろそろ私も真剣に考えなければ」と思ってしまうでしょう。

3. 30歳の誕生日を迎えた

 結婚は、いつまでにしなければいけないという決まりはありません。しかし、女性の多くは30歳を境に、結婚に焦りを感じる人が少なくありません。30歳の誕生日を迎えた時、「このまま結婚できなかったらどうしよう」と、不安になる人も多いようです。

 また、子供がほしいと思っていれば、女性は嫌でも出産のタイムリミットを意識せざるを得ません。そうなれば、年齢を重ねるごとに焦りを感じるのも仕方がないことでしょう。

4. 周りから「結婚しないの?」と聞かれることが増えた

 今まで結婚を現実的に考えていなかった人の中には、周りから「結婚しないの?」と聞かれるようになったことで、焦りを感じる人もいます。

 自分自身では、「結婚はまだまだ」と思っていても、周りから話を振られるようになったことで、結婚を現実的に感じるようになった人もいるでしょう。

5. 仕事がうまくいっていない

 現代は、社会で活躍する女性が増えてきています。仕事をバリバリこなしている女性の中には、「仕事を一生続けたい」と考えている人もいるでしょう。

 しかし、仕事がうまくいかなくなった時、結婚にシフトしようとする女性が少なくありません。また、「このまま一人で仕事を続けていくのだろうか?」と考えると不安になり、結婚に焦りを感じる人も多いです。

6. 周りに独身者がいなくなった

 社会人になってから、友達同士で食事や旅行を楽しんでいる人は多いはず。気のおけない友達との時間は、かけがえのないものですよね。

 しかし、女性は結婚すると生活がガラっと変わってしまうため、結婚を機に付き合いがなくなってしまうこともあります。年齢を重ねるにつれて既婚者が増え、一緒に遊べる友達が少なくなっている人もいるでしょう。「とうとう独身者は私だけになってしまった」と思った瞬間、結婚に焦りを感じてしまうこともあるでしょう。

結婚に焦った時の3つの対処方法

「人は人」周りに流されない余裕を持って(写真:iStock)
「人は人」周りに流されない余裕を持って (写真:iStock)

 結婚に焦りを感じたら、何をするにも不安や心配事が付きまとうもの。しかし、焦って結婚をすれば、後から後悔することになることも考えられます。そうならないためには、焦りに対して上手な対処方法で乗り越えることが大切です。

1.「人は人」と割り切る

 結婚に焦りを感じる瞬間があるのは、自分と周りを比べてしまうから。当然、周りにはさまざまな人がいる訳ですから、結婚が早い人もいるでしょう。

 しかし、結婚は早ければ良いわけでもありませんし、結婚したからといって必ずしも幸せになれるとは限りません。あくまでも、自分のタイミングが重要です。そのため、焦りを感じたら「人は人」と割り切ること。それができれば、周りの状況に振り回されることもなくなるでしょう。

2. 周りの意見に惑わされない

 独身者が少なくなってくると、周りから「あなたは結婚しないの?」と聞かれることが増えるでしょう。親や親戚からも、結婚をせっつかれる機会があるかもしれません。

 しかし、結婚は人のためにするものではなく、自分のためにするものです。もしもまだ「結婚したい」というタイミングでないのであれば、無理にする必要はないでしょう。今は結婚だって自由な時代ですから、周りの意見に惑わされず、自分の考えや価値観を大切にしましょう。

3. 本気で結婚したいのなら、婚活をはじめる

 結婚に焦りを感じている人の中には、結婚願望がある人もいます。そんな人は、その焦りをバネにして、本気で婚活をはじめるのも一案。

 もちろん、焦る必要はありませんが、結婚するためには動くしかありません。彼氏がいないのであれば、出会いを探す必要がありますし、彼氏がいるのであれば彼の考えを確認する必要があります。本気で動き出すことで、状況は変わってくるはずです。

結婚に焦る必要はない!自分に適したタイミングがベスト

結婚は自分に適したタイミングで(写真:iStock)
結婚は自分に適したタイミングで (写真:iStock)

 女性はその時々で、結婚ラッシュが起こります。友達が一人、また一人と結婚するたびに、焦りを感じる人が多いでしょう。しかし、結婚はそれぞれのタイミングがあります。どんなに周りが結婚しているからといって、あなたもしなければいけないわけではありません。何よりも、結婚は人と比べるものではないのです。

 焦らずじっくりと自分にとって相応しい相手、タイミングを見極めることが幸せへの近道ですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ