結婚したら変わる男性の特徴&パターンは? 回避方法もご紹介

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-04 06:00
投稿日:2021-04-04 06:00
「あんなに優しかった彼が、結婚したら変わった……」と、夫の変化に嘆く声をよく聞きます。未婚の女性は、「本当に変わってしまうの?」「未然に防ぐ方法はないの?」と不安に思う人もいるでしょう。そこで今回は、結婚したら変わる男性の特徴や変わるパターン、今からできる回避方法をご紹介します!

結婚したら変わる男性の4つの特徴

結婚しないほうがいいかも(写真:iStock)
結婚しないほうがいいかも (写真:iStock)

 結婚した後に変わってしまう男性には、いくつかの特徴があるようです。今の彼に当てはまる点がないかどうか、チェックしてみてくださいね。

1. 運転すると人が変わる

 車を運転すると、人が変わったように突然言動が激しくなる男性には要注意です。これは、“車”というシールドをまとうことで本来の自分が隠れるため、本当の自分を剥き出しにしやすい環境が整っているから。

 要するに、気を使わず本音を出しやすくなった結婚後の環境では、運転中の彼の姿になってしまう可能性があるということです。

2. 少額でも必ず割り勘にする

 結婚前からデートの際に少額まで必ず割り勘にする男性は、結婚後にケチで口うるさい夫になる可能性があります。貯金や奢られることは大好きでも、プレゼントや募金など、人のために自分のお金を使いたがらない男性だと、女性が自由に使えるお金を許してもらえず、窮屈な生活になるかもしれません。

3. 片付けができない&だらしない

 一人暮らしの彼の家は、昨日食べたものがそのまま、郵便受けはパンパンになっていませんか? 恋人時代はデートの時に優しければ良いため、家のことは「仕方ないなぁ」と笑って流せても、結婚すると、その後始末はすべてあなたの仕事になる可能性があります。

 彼自身は変わっていないとしても、結婚後にあなたを苦しめる彼のだらしない姿に「変わってしまった」と感じてしまうかもしれません。

4. 相手を見て態度を変える

 飲食店などの店員に横柄な態度をとる男性は、結婚してから変わる可能性があります。人を損得や優劣の順番で評価して態度を変えるということは、あなたも「手に入れたい彼女」から「手に入れた女性」に変わり、彼の中での順位が下がってしまう可能性があります。そうなると、途端に態度が変わることもあり得るでしょう。

男性は結婚したらこう変わる! ありがちパターン

最低限の会話、しかもお願いばっかり!(写真:iStock)
最低限の会話、しかもお願いばっかり! (写真:iStock)

 続いては、結婚したらどのように変わってしまうことが多いのか、ありがちなパターンをチェックしてみましょう。

必要最低限以外の話をしなくなる

 結婚して子供が生まれ、家事に育児に仕事にと慌ただしい生活を送っていると、お互いが空気のような存在になります。そのため、「コーヒーちょうだい」「リモコンとって」「これアイロンかけといて」など、生活する上での必要最低限の話しかしなくなることもあります。

1人の時間をとりたがる

 男性が結婚して家庭を持つと、妻に家事のことで口うるさく叱られたり、騒がしい子供との時間に疲れて、やたらと1人の時間を取りたがる人もいます。すべて妻に任せて悠々自適に1人の時間を楽しんでいる夫に、怒り心頭の女性も多いようです。

名前を呼んでくれなくなる

 お互いが空気のような存在になっていくにつれて、「おい、あれして」「ねえ、これして」と、名前すら読んでくれなくなることも。どんなに愛情があっても、言葉や態度で伝えてくれなければわからないのに、男性は「言わなくてもわかるでしょ」と考えてしまい、2人の間に溝ができてしまうパターンは多いです。

「結婚したら変わる男性」になってほしくない! 今できる3つのこと

キツい言葉は使わないように(写真:iStock)
キツい言葉は使わないように (写真:iStock)

 今の彼が「結婚したら変わる男性」の特徴に当てはまっていたとしても、好きな気持ちがあるなら、やっぱり彼との結婚を考えてしまいますよね。そんな時には、3つのことを結婚前に身につけておきましょう。

1. 嫌なことは結婚前に解決しておく

 恋人時代に嫌だなと思ったことは、結婚後には、さらに嫌になります。恋愛中はフィルターがかかったような状態で彼を見ていますが、結婚したらフィルターはなくなり、ほかの嫌な面などすべてを知ることになるからです。

 そのため、今「嫌だな」と感じることはすべて、結婚前に解決しておくことが重要です。

2. 相手に期待しないことを学ぶ

 結婚後の夫に対するストレスのほとんどは、「こうしてくれる」「こうしてほしい」という願望をことごとく裏切られることにあります。そうなる前に、「相手に対して期待する」ことをやめる練習しておきましょう。

 期待していないと「やっぱりしてくれなかった」がなくなり、してくれた時には「え! 嬉しい! ありがとう!」となります。「期待しない」という力は、いい意味でとても役に立つのです。

3. プライドを傷つける言葉は言わない

 結婚して当たり前の存在になってくると、相手が傷つくかどうかまで考えずに、思ったことをバンバン言い合う関係になることがあります。特に男性は、仕事やお給料のことについて女性から馬鹿にされると、プライドがズタズタに傷ついて優しさや愛情を与える余裕はなくなってしまいます。

 親しき仲にこそ、相手を思いやった優しい言葉を使うように意識していくと良いでしょう。

結婚したら変わる男性かどうかは結婚前に見抜こう!

結婚前によーくチェック!(写真:iStock)
結婚前によーくチェック! (写真:iStock)

 一度結婚すると、2人だけの問題に両親や親族が関わってきます。さらに子供が生まれれば、簡単に離婚はできなくなるでしょう。だからこそ、結婚を決める前に、もう一度彼との将来をよく考えてみてください。そして、めでたく結婚する際には、この記事で紹介した3つの力を使って、円満な家庭を築いてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ