W不倫でも心の繋がりはある? 本気になった男女の恋愛の特徴

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-01 06:00
投稿日:2019-11-01 06:00
 既婚者同士の恋愛である「W不倫」。最初は遊びのつもりだったのに、気づけばのめり込んでしまっていた……なんてことはよくある話。本気になった男女に見られる特徴を見ていきましょう。

W不倫でも心で繋がる男女の9個の特徴

家に帰る前に指輪をつける…(写真:iStock)
家に帰る前に指輪をつける… (写真:iStock)

 W不倫というと、世間一般的には後ろ指を指される関係。そもそも、法律上もNG……という前提は今回、置いておいて。さっそく、W不倫でも心で繋がる男女の特徴をチェックしていきましょう。

1. 連絡を頻繁に取ってしまう

 当たり前ですが、W不倫の男女にはお互いに家族があるため、家庭に帰れば、妻の顔、夫の顔に戻ります。

 しかし、本気のW不倫をしている男女は、家庭にいても「今、何しているかな?」と相手のことを想像して、連絡を頻繁に取ってしまいます。もちろん、家族にバレるリスクは上がりますが、理性が抑えられないほどに気になってしまうのが、本気度の高いW不倫の特徴なのです。

2. 将来の話をしても気まずくならない

 一般的な不倫の場合、将来の話はタブー!女性が「奥さんと別れて結婚して!」なんて言おうものなら、途端に逃げ出す男性も多いですよね。

 しかし、心の繋がりを持つW不倫の場合には、将来の話が自然と会話の中で出てきます。刹那的な関係だけではなく、この先も一緒に生きていきたい。「結婚」や「離婚」という概念に囚われず、変わらず2人でいる将来を想像できるからこそ、気まずくならずに話すことができるのです。

3. 相手を心配して守りたくなる

 たとえばパートナーに不倫の事実がバレたなど、なんらかの緊急事態が起こった時、自分の身を守って相手を切り捨てるというケースは多いです。

 でも、本気のW不倫中の男女は、普通の恋愛と同じように体調や仕事面、家庭面など、全てのことに対して相手を心配して守りたくなります。

 中には相手の幸せを守るために、自分から身を引いて別れを選択するというケースも。たとえ周りが見えていなくても、そこにはピュアな相手への思いしかありません。

男性も女性もお金を出し渋らない(写真:iStock)
男性も女性もお金を出し渋らない (写真:iStock)

4. 体を重ねるたびに心の満足も感じる

 W不倫にハマっていくカップルが多いのは、体の相性が良いことも要因として挙げられます。性欲を解消するだけの相手、いわゆる“体だけの関係”になりやすい理由でもありますね。

 しかし、お互いに本気になったW不倫の関係では、体を重ねるたびに心まで満ち足ります。性欲の強さ、性癖なども合ってしまうと「もう離れられない」と、惹かれ合ってしまうでしょう。

 不倫のセオリーによくありがちな、「体だけの関係ではないかをチェックする」なんて考えは要りません。好きだからこそ体を重ねたくなる、計算抜きで自然なことなのです。

5. いつも笑い合える

 W不倫の関係は、並んで歩くことにさえも気を遣ったり、誰にも相談できなかったりと、決して気楽なものではありません。気が休まらない思いをすることもあるでしょう。

 でも、一緒にいると、なぜだかいつも笑い合える。パートナーといるよりも穏やかでほっとした時間を過ごせて癒しを感じる。そんな風にお互いが思い合えるのも、本気の恋愛。このまま相手とずっといたいと思うのは、無理がないことなのかもしれませんね。

6. お金を出し渋らない

 不倫をする上で必要不可欠なのが「お金」。会うためには食事代、ホテル代など、費用がかさんでしまいます。

 特に男性は、どうでも良いと思っている相手に対しては、お金を使いたくない、安く済ませたいと考えることが多いよう。でも、相手を本気で思っている場合には、「この時を楽しみたい・楽しませたい」という気持ちが優先するため、お金を出し渋りません。

 女性も同じ。男性ばかりにお金を出させるのではなく、給料日前にはさっと割り勘を申し出るなどの行動に出ます。逆を返せば、相手の気持ちが本気かどうかを見極めるためのポイントにもなりますね。

一緒にいるだけで笑顔になれる(写真:iStock)
一緒にいるだけで笑顔になれる (写真:iStock)

7. 信じているから不安にならない

 不倫関係でよくあるのが、男性側が「妻とは別れる」と言いつつも、実は夫婦関係はうまくいっていてただの遊びだった……というパターン。また、人によっては、不倫相手が何人もいるようなケースもありますね。だからこそ、不倫関係で相手を信じ続けることは難しいのです。

 でも、本気で恋愛をするW不倫の場合には、週末、それぞれが家族と過ごしたとしても、「こんなことをしていたよ」なんて連絡を取り合ったり、会えない時間のことを共有し合います。それは、相手を心配させたくない故の優しさの表れでもあるでしょう。

 一般的なカップルよりも会える機会が少なくても、お互いの愛情を強く信じることができるため、不安やストレスを感じにくいのです。

8. 運命を信じたくなる

 W不倫の相手にハマればハマるほど、「こんな恋愛ははじめて」と、運命を信じたくなることも。「大の大人が運命論なんて!」と思うかもしれませんが、深く恋愛中の男女にとっては、1つ1つの共通点や出会ったタイミングの全てが運命に感じられるものなのです。

 世間から見れば十分な「不貞行為」なのですが、童心にかえって「純愛」を楽しめるのも本気のW不倫の特徴でしょう。

9. 離婚へ向けて動き出す

 不倫をする上で「本気」を証明する唯一の方法、それは「離婚」をするということ。しかし、ただでさえ不倫は結ばれにくいのに、ましてやW不倫の相手と結ばれるということは、とても難しいこと。だって、2つの家庭が壊れることでもあるのですから。

 それでも、この先に何が待ち受けていようとも相手を安心させてあげたい、堂々と一緒に過ごしたい、そんな気持ちから離婚へ向けて動き出す。これこそ、相手に本気だという気持ちの表れでしょう。

W不倫の心の繋がりは、2人で思い合った結果生まれるもの

万が一のリスクが大きいことを忘れないで(写真:iStock)
万が一のリスクが大きいことを忘れないで (写真:iStock)

 世間的には後ろ指を指される「W不倫」。不倫をされている妻や夫からしたら、この上なく身勝手だとしか言えませんが、男女の関係によっては心の繋がりを確かに感じられることもあるのです。

 それは、相手を「手に入れたい」という身勝手な気持ちではなく、相手の存在が愛おしい、どうすれば幸せにしてあげられるのかを真剣に思い合った結果、生まれるもの。

 しかし、その反面、W不倫は万が一の事態が起こった時のリスクが大きいということも忘れてはいけません。不倫という甘美な刺激に舞い上がっていませんか? 恋わずらいが解けて相手が去っていったとしても、後悔しませんか?

 誰のせいにもせずにお互いが心の繋がりを求め合えたのであれば、それは本物の恋、それこそ「運命」なのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ