W不倫でも心の繋がりはある? 本気になった男女の恋愛の特徴

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-01 06:00
投稿日:2019-11-01 06:00
 既婚者同士の恋愛である「W不倫」。最初は遊びのつもりだったのに、気づけばのめり込んでしまっていた……なんてことはよくある話。本気になった男女に見られる特徴を見ていきましょう。

W不倫でも心で繋がる男女の9個の特徴

家に帰る前に指輪をつける…(写真:iStock)
家に帰る前に指輪をつける… (写真:iStock)

 W不倫というと、世間一般的には後ろ指を指される関係。そもそも、法律上もNG……という前提は今回、置いておいて。さっそく、W不倫でも心で繋がる男女の特徴をチェックしていきましょう。

1. 連絡を頻繁に取ってしまう

 当たり前ですが、W不倫の男女にはお互いに家族があるため、家庭に帰れば、妻の顔、夫の顔に戻ります。

 しかし、本気のW不倫をしている男女は、家庭にいても「今、何しているかな?」と相手のことを想像して、連絡を頻繁に取ってしまいます。もちろん、家族にバレるリスクは上がりますが、理性が抑えられないほどに気になってしまうのが、本気度の高いW不倫の特徴なのです。

2. 将来の話をしても気まずくならない

 一般的な不倫の場合、将来の話はタブー!女性が「奥さんと別れて結婚して!」なんて言おうものなら、途端に逃げ出す男性も多いですよね。

 しかし、心の繋がりを持つW不倫の場合には、将来の話が自然と会話の中で出てきます。刹那的な関係だけではなく、この先も一緒に生きていきたい。「結婚」や「離婚」という概念に囚われず、変わらず2人でいる将来を想像できるからこそ、気まずくならずに話すことができるのです。

3. 相手を心配して守りたくなる

 たとえばパートナーに不倫の事実がバレたなど、なんらかの緊急事態が起こった時、自分の身を守って相手を切り捨てるというケースは多いです。

 でも、本気のW不倫中の男女は、普通の恋愛と同じように体調や仕事面、家庭面など、全てのことに対して相手を心配して守りたくなります。

 中には相手の幸せを守るために、自分から身を引いて別れを選択するというケースも。たとえ周りが見えていなくても、そこにはピュアな相手への思いしかありません。

男性も女性もお金を出し渋らない(写真:iStock)
男性も女性もお金を出し渋らない (写真:iStock)

4. 体を重ねるたびに心の満足も感じる

 W不倫にハマっていくカップルが多いのは、体の相性が良いことも要因として挙げられます。性欲を解消するだけの相手、いわゆる“体だけの関係”になりやすい理由でもありますね。

 しかし、お互いに本気になったW不倫の関係では、体を重ねるたびに心まで満ち足ります。性欲の強さ、性癖なども合ってしまうと「もう離れられない」と、惹かれ合ってしまうでしょう。

 不倫のセオリーによくありがちな、「体だけの関係ではないかをチェックする」なんて考えは要りません。好きだからこそ体を重ねたくなる、計算抜きで自然なことなのです。

5. いつも笑い合える

 W不倫の関係は、並んで歩くことにさえも気を遣ったり、誰にも相談できなかったりと、決して気楽なものではありません。気が休まらない思いをすることもあるでしょう。

 でも、一緒にいると、なぜだかいつも笑い合える。パートナーといるよりも穏やかでほっとした時間を過ごせて癒しを感じる。そんな風にお互いが思い合えるのも、本気の恋愛。このまま相手とずっといたいと思うのは、無理がないことなのかもしれませんね。

6. お金を出し渋らない

 不倫をする上で必要不可欠なのが「お金」。会うためには食事代、ホテル代など、費用がかさんでしまいます。

 特に男性は、どうでも良いと思っている相手に対しては、お金を使いたくない、安く済ませたいと考えることが多いよう。でも、相手を本気で思っている場合には、「この時を楽しみたい・楽しませたい」という気持ちが優先するため、お金を出し渋りません。

 女性も同じ。男性ばかりにお金を出させるのではなく、給料日前にはさっと割り勘を申し出るなどの行動に出ます。逆を返せば、相手の気持ちが本気かどうかを見極めるためのポイントにもなりますね。

一緒にいるだけで笑顔になれる(写真:iStock)
一緒にいるだけで笑顔になれる (写真:iStock)

7. 信じているから不安にならない

 不倫関係でよくあるのが、男性側が「妻とは別れる」と言いつつも、実は夫婦関係はうまくいっていてただの遊びだった……というパターン。また、人によっては、不倫相手が何人もいるようなケースもありますね。だからこそ、不倫関係で相手を信じ続けることは難しいのです。

 でも、本気で恋愛をするW不倫の場合には、週末、それぞれが家族と過ごしたとしても、「こんなことをしていたよ」なんて連絡を取り合ったり、会えない時間のことを共有し合います。それは、相手を心配させたくない故の優しさの表れでもあるでしょう。

 一般的なカップルよりも会える機会が少なくても、お互いの愛情を強く信じることができるため、不安やストレスを感じにくいのです。

8. 運命を信じたくなる

 W不倫の相手にハマればハマるほど、「こんな恋愛ははじめて」と、運命を信じたくなることも。「大の大人が運命論なんて!」と思うかもしれませんが、深く恋愛中の男女にとっては、1つ1つの共通点や出会ったタイミングの全てが運命に感じられるものなのです。

 世間から見れば十分な「不貞行為」なのですが、童心にかえって「純愛」を楽しめるのも本気のW不倫の特徴でしょう。

9. 離婚へ向けて動き出す

 不倫をする上で「本気」を証明する唯一の方法、それは「離婚」をするということ。しかし、ただでさえ不倫は結ばれにくいのに、ましてやW不倫の相手と結ばれるということは、とても難しいこと。だって、2つの家庭が壊れることでもあるのですから。

 それでも、この先に何が待ち受けていようとも相手を安心させてあげたい、堂々と一緒に過ごしたい、そんな気持ちから離婚へ向けて動き出す。これこそ、相手に本気だという気持ちの表れでしょう。

W不倫の心の繋がりは、2人で思い合った結果生まれるもの

万が一のリスクが大きいことを忘れないで(写真:iStock)
万が一のリスクが大きいことを忘れないで (写真:iStock)

 世間的には後ろ指を指される「W不倫」。不倫をされている妻や夫からしたら、この上なく身勝手だとしか言えませんが、男女の関係によっては心の繋がりを確かに感じられることもあるのです。

 それは、相手を「手に入れたい」という身勝手な気持ちではなく、相手の存在が愛おしい、どうすれば幸せにしてあげられるのかを真剣に思い合った結果、生まれるもの。

 しかし、その反面、W不倫は万が一の事態が起こった時のリスクが大きいということも忘れてはいけません。不倫という甘美な刺激に舞い上がっていませんか? 恋わずらいが解けて相手が去っていったとしても、後悔しませんか?

 誰のせいにもせずにお互いが心の繋がりを求め合えたのであれば、それは本物の恋、それこそ「運命」なのかもしれませんね。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ