男性の「甘えさせて」はどういう意味?隠された本音と対処法

内藤みか 作家
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
「甘えさせて」と男性が言ってくることがあります。こうした場合、どんなことをすると喜んでもらえるのでしょうか。男性が「甘えたい」と言ってくる時の心理について、考えてみました。

甘えたいのはどんな時?

「甘えたい」=「少し休ませて」(写真:iStock)
「甘えたい」=「少し休ませて」 (写真:iStock)

 男性が女性に「甘えたい」と言ってくる時には、ある一定のパターンがあります。大抵は、疲れている時や、ストレスを感じている時に、女性に甘えたくなるのです。もちろん四六時中女性に甘えていたいというマザコン気味の男性もいますが、多くの男性は一時的に女性に甘えて、エネルギーをチャージさせてもらいたいのです。

 男性が女性に甘えたい時というのは、男性が弱っている状態であることがほとんど。「少し休ませて」という気持ちと「甘えさせて」という気持ちは、かなり近いものがあると思っていいでしょう。女性に優しくされて癒されたい、という思いを「甘えたい」という言葉で表現しているのです。

甘えたい彼に響くリアクションは

ひざ枕はマスト?それとも…(写真:iStock)
ひざ枕はマスト?それとも… (写真:iStock)

ひざ枕や耳かきはマスト?

 男の人を甘えさせる時、多くの女性の頭に浮かぶのは、ひざ枕や耳かきなど、男性をくつろがせる古典的な方法です。耳かき専門店があるほどに男性は女性に耳かきされることが好きなのですが、耳が敏感な人もいるため、マストというわけではありません。なかにはひざ枕は安定しないのであまり好きではないという人もいるのです。

 なので、男性から「甘えさせて」と言われても、ひざ枕をしてあげる必要はありません。彼がどんなことを希望しているのかを上手に聞き出すことが大切です。男性にはそれぞれ、自分の理想の甘えかたというものがあります。女性の胸の間に顔を埋めて赤ちゃん言葉で甘えたい、という人もいるので、彼の好みを知ることから始めましょう。

頭や背中を撫でるのは有効?

 いつもより元気がない男性の頭や背中を優しく撫でてあげるのは、どうでしょうか。それはほとんどの男性が喜ぶはずです。添い寝をしながら優しく背中を撫でたり、トントンと軽く指で叩いてあげたり、彼の前髪をゆっくりとなぞってあげると、彼は目を細めたり閉じたりして、リラックスすることでしょう。

 撫でるという行為は、子どもになって母親にいい子ね、と言われているかのような気持ちになるらしく、それだけでうっとりとなってしまう男性もいます。社会で色々とつらいことがあった時、男性は子どもがえりして女性に甘えて、現実を一瞬忘れたいのかもしれません。

究極の甘やかしとは?

ゆっくり休んでね(写真:iStock)
ゆっくり休んでね (写真:iStock)

 では、最大級に彼を甘やかすためには、どんなことをしたらいいのでしょうか。彼の大好きな料理を「あ〜ん」と食べさせてあげることでしょうか。それとも、彼と一緒にお風呂に入って、全身を優しく洗ってあげることでしょうか。もちろんそうしたことも喜ばれるかもしれません。

 でも、いちばんの甘やかしは、余計なおしゃべりも過剰なアクションもせず、彼をただ休ませてあげることでしょう。彼が「甘えさせて」と言ってきた時は、「休ませて」という意味でもあるのですから、気持ちの良い寝床を用意して、好きなだけ眠らせてあげること。もしかしたらこの状態こそが、男性が最高に甘えた状態なのかもしれないのです。

彼に安全と癒しを与えること

甘やかし上手は愛され上手(写真:iStock)
甘やかし上手は愛され上手 (写真:iStock)

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」という言葉があります。男性は社会に出ると多くの敵がいるものなのです。強がって働いている彼が、見栄もプライドも忘れ、ただ、静かに羽を伸ばせる場所、静かに休める時間を作ってあげる女性こそが、いちばんの甘やかし上手ではないでしょうか。

 安全な場所で思い切り休めれば、彼はまた外で頑張ることができます。あまり絡まず、静かに彼を見守ってくれる女性のところは居心地がいいので、彼はまた訪れることでしょう。逆に言えば、疲れている彼にあれこれ話しかけてくるかまってちゃんな女性のところはゆっくり休めないので寄り付かなくなるかもしれません。

 男性にとって、チャージできる場所はとても貴重なもの。余計な口を挟まず「好きに休んでていいよ」と言ってもらえると、このうえなく幸せな気持ちになるものです。彼に「甘えさせて」と言われたら疲れているんだなと察し、上手に彼を回復させてあげましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ