男性の「甘えさせて」はどういう意味?隠された本音と対処法

内藤みか 作家
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
「甘えさせて」と男性が言ってくることがあります。こうした場合、どんなことをすると喜んでもらえるのでしょうか。男性が「甘えたい」と言ってくる時の心理について、考えてみました。

甘えたいのはどんな時?

「甘えたい」=「少し休ませて」(写真:iStock)
「甘えたい」=「少し休ませて」 (写真:iStock)

 男性が女性に「甘えたい」と言ってくる時には、ある一定のパターンがあります。大抵は、疲れている時や、ストレスを感じている時に、女性に甘えたくなるのです。もちろん四六時中女性に甘えていたいというマザコン気味の男性もいますが、多くの男性は一時的に女性に甘えて、エネルギーをチャージさせてもらいたいのです。

 男性が女性に甘えたい時というのは、男性が弱っている状態であることがほとんど。「少し休ませて」という気持ちと「甘えさせて」という気持ちは、かなり近いものがあると思っていいでしょう。女性に優しくされて癒されたい、という思いを「甘えたい」という言葉で表現しているのです。

甘えたい彼に響くリアクションは

ひざ枕はマスト?それとも…(写真:iStock)
ひざ枕はマスト?それとも… (写真:iStock)

ひざ枕や耳かきはマスト?

 男の人を甘えさせる時、多くの女性の頭に浮かぶのは、ひざ枕や耳かきなど、男性をくつろがせる古典的な方法です。耳かき専門店があるほどに男性は女性に耳かきされることが好きなのですが、耳が敏感な人もいるため、マストというわけではありません。なかにはひざ枕は安定しないのであまり好きではないという人もいるのです。

 なので、男性から「甘えさせて」と言われても、ひざ枕をしてあげる必要はありません。彼がどんなことを希望しているのかを上手に聞き出すことが大切です。男性にはそれぞれ、自分の理想の甘えかたというものがあります。女性の胸の間に顔を埋めて赤ちゃん言葉で甘えたい、という人もいるので、彼の好みを知ることから始めましょう。

頭や背中を撫でるのは有効?

 いつもより元気がない男性の頭や背中を優しく撫でてあげるのは、どうでしょうか。それはほとんどの男性が喜ぶはずです。添い寝をしながら優しく背中を撫でたり、トントンと軽く指で叩いてあげたり、彼の前髪をゆっくりとなぞってあげると、彼は目を細めたり閉じたりして、リラックスすることでしょう。

 撫でるという行為は、子どもになって母親にいい子ね、と言われているかのような気持ちになるらしく、それだけでうっとりとなってしまう男性もいます。社会で色々とつらいことがあった時、男性は子どもがえりして女性に甘えて、現実を一瞬忘れたいのかもしれません。

究極の甘やかしとは?

ゆっくり休んでね(写真:iStock)
ゆっくり休んでね (写真:iStock)

 では、最大級に彼を甘やかすためには、どんなことをしたらいいのでしょうか。彼の大好きな料理を「あ〜ん」と食べさせてあげることでしょうか。それとも、彼と一緒にお風呂に入って、全身を優しく洗ってあげることでしょうか。もちろんそうしたことも喜ばれるかもしれません。

 でも、いちばんの甘やかしは、余計なおしゃべりも過剰なアクションもせず、彼をただ休ませてあげることでしょう。彼が「甘えさせて」と言ってきた時は、「休ませて」という意味でもあるのですから、気持ちの良い寝床を用意して、好きなだけ眠らせてあげること。もしかしたらこの状態こそが、男性が最高に甘えた状態なのかもしれないのです。

彼に安全と癒しを与えること

甘やかし上手は愛され上手(写真:iStock)
甘やかし上手は愛され上手 (写真:iStock)

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」という言葉があります。男性は社会に出ると多くの敵がいるものなのです。強がって働いている彼が、見栄もプライドも忘れ、ただ、静かに羽を伸ばせる場所、静かに休める時間を作ってあげる女性こそが、いちばんの甘やかし上手ではないでしょうか。

 安全な場所で思い切り休めれば、彼はまた外で頑張ることができます。あまり絡まず、静かに彼を見守ってくれる女性のところは居心地がいいので、彼はまた訪れることでしょう。逆に言えば、疲れている彼にあれこれ話しかけてくるかまってちゃんな女性のところはゆっくり休めないので寄り付かなくなるかもしれません。

 男性にとって、チャージできる場所はとても貴重なもの。余計な口を挟まず「好きに休んでていいよ」と言ってもらえると、このうえなく幸せな気持ちになるものです。彼に「甘えさせて」と言われたら疲れているんだなと察し、上手に彼を回復させてあげましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ