男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-03-06 06:00
投稿日:2021-03-06 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやってきたいものですが、トラブルや悩みごとは少なくありません。関係が終わることを心配するよりも、ひそかに主導権を握ることで、いつの間にか相手は依存して離れられなくなるはずです。今回はその絶対法則をご紹介しましょう。

基本となる絶対法則

癒し

一緒にいるだけで安らげる(写真:iStock)
一緒にいるだけで安らげる (写真:iStock)

 女性の大切なスキルといえば「癒し」です。ポイントは、個々によって“癒し”の感じ方が違うということ。それを前提に考えてください。

 例えば、落ち込んでいる時にただ黙ってそばにいてほしいタイプや、「大丈夫だよ!」と明るく優しく話しかけてほしいタイプもいるわけです。相手が普段「なんかホッとする」「楽しいなあ」という言葉を聞き逃さず、何を癒しと感じるかを見極める必要があります。

 家を出れば7人の敵がいるという言葉があるほどに、男同士では泣き言は言えないのですが、癒される女性には甘えたい時もあります。愚痴を時々吐き出していれば、あなたへの依存の始まりです。

堅実さ

派手だと思ってたのに…っていうギャップも大事(写真:iStock)
派手だと思ってたのに…っていうギャップも大事 (写真:iStock)

 男性が結婚してよかった、もしくは結婚を前提に付き合いたいと思うのが「しっかり者」。堅実な女性と家庭を持つイメージをすると、長い人生を共にしても大丈夫という安心感があります。

 つまり「きちんとしている人」のことを指します。金銭面がきっちりしている・小さな約束事も守る・清潔感がある・整理整頓ができる・健康的な生活をしているなどを知ると、結婚相手に最適だと思うのです。

 目立つタイプの買い物が好きそうな彼女と交際していたある男性が、イマイチ結婚に乗り気でなかった理由が「お金遣いが荒くて散財しそう」という思い込みでした。

 ある時、すごく上手に服の組み合わせを考えて、できるだけ安く購入するという彼女のポリシーを知りました。

 しかもOLの彼女が毎月5万円の積み立て貯金を6年間続けているという話でノックアウト。派手な彼女の堅実な一面がゴールインの決め手となったそうです。

いちゃいちゃ

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 こればかりはお互いの努力もあると思いますが、掘り下げると趣味嗜好の方向性が多少でも似ていなくてはいけません。

 最初からなんとなく肌が合うカップルもいますが、いちゃいちゃのお勉強をしたり、鍛錬をすることも大切です。

 女性は受け身だからとマグロさんではなくトビウオになってもいいでしょう。

癒される堅実なトビウオのような女性」。昼間と夜のギャップに男性はドキドキするはずです。

 恥ずかしがることなく、女性もぜひ技を磨いてください。

恋愛中心の考えを改める

自分の気持ちを一番大事に(写真:iStock)
自分の気持ちを一番大事に (写真:iStock)

 こちらはメンタル面での絶対法則ですが、自分の人生を中心に考えてちょうどいい、と思ってください。自己中心的に全てを考えるのは意外に難しいこと。ついつい相手のことを考えるように幼いころから教育を受けていますから、「自分が楽しければそれでいい」ぐらいに考えを寄せてもいいと思います。

 ここで何が大切かと言うと「恋愛中心の考えをやめる」ということなのです。

 最も恋愛不幸体質になる女性は、嫌われたくないからと相手の言うことを聞き入れてしまうタイプです。確かに嫌われないでしょうが、はっきり申し上げて大切にはされません。

 意思を押し通すというのではなく、自分の意見をきちんと伝えることができる女性の方が魅力的ですよ。

 嫌われることを恐れてはいけません。素の自分を出して嫌われるならそれだけの相性ですから。

おわりに

彼の愛をがっちり手中に(写真:iStock)
彼の愛をがっちり手中に (写真:iStock)

 さて、いかがでしたか? 離したくないと思われる女性の法則。欲を言えば、料理や家事スキルなんてあれば“最強オトナ女子”ですが、ここはいくらでも後からフォローアップがきくジャンルなので、まずは素の自分を調整してみましょう。

 きっと彼に依存されて、愛を意のまま手中に収めることができるはずですよ!

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


情事妻のテク。不倫相手の名前を“五反田のまさかず叔父”で登録したら…
 不倫相手との連絡によく使われるLINE。でも、そのままの登録名では怪しまれてバレるのがオチ…。だからこそ、みんなありと...
恋バナ調査隊 2024-04-21 06:00 ラブ
「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ