離婚する?しない?答えを出すために悩んでしまう一番のこと

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-03-27 06:00
投稿日:2021-03-27 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。バツいちなの~、離婚したの~、という会話がちっとも珍しくない時代です。明るく話していても“離婚”までの道のりは辛く苦しかったはずです。「別れようかどうか迷っている」という相談には「迷っているうちは離婚しないでください」と必ず答えることにしています。バツ歴のある人ならわかるはず。必ず、ある時フイに「もう離婚しよ!」と決断の神が降りてくるものです。「子供がいなければさっさと別れています」これが相談者さんたちの共通点です。今回のテーマは離婚を迷う最大の理由“子供”についてお話したいと思います。

子供の気持ちは後回しで考える

「子供のために離婚しない」が子供を苦しめる(写真:iStock)
「子供のために離婚しない」が子供を苦しめる (写真:iStock)

 離婚を考える時に一番悩むのは子供のことです。パパがいなくなって寂しがらないか、経済面できちんと育てていけるのか、自分が我慢したら済むのではないか……子供を絡めて考え出すと悩みは深くなります。

 とても冷たく聞こえますが、離婚を考える時には子供の気持ちの考慮はいらないと思ってください。

 もちろん受験期にかぶらない等、離婚する時期については考えてあげたらいいと思いますが、気持ちを汲む必要はあまりありません。

 確かに、今まで生活を共にしていたパパがいなくなると泣くことだってあるでしょう。その涙を見て母親はまた苦しみます。「私さえ我慢していたら、子供が泣くこともなかった」と。

 離婚に対して子供に罪悪感を持ってしまいますが、そんな罪悪感も手放していいと思います。子供の涙は私たちが思うより深くありません。転べば泣きますし、おやつを取られても泣きます。大人と子供の違いは悩みごとの深さの違いでもあるのです。

子供が喜ぶ一番のこと

親権はほぼ母親に(写真:iStock)
親権はほぼ母親に (写真:iStock)

 不仲な両親に育てられた揚げ句、「あなたがいたから離婚しなかった」と言われて喜ぶ人はいません。私なら迷惑な話だと憤慨するかもしれません。

 結婚は親戚や親兄弟も関係してきますが、離婚は当事者同士の問題だと意識を寄せるぐらいがちょうどいいです。シンプルに自分と相手のうまく行かなかった原因と将来も見据えて考えましょう。

 ほとんどの子供はパパよりママの方が好きです。生物学的にも子供には母親が必要だという考え方から、親権はほぼ母親が勝ち取っています。お母さんが元気で楽しそうにしている姿が一番の教育かもしれません。

 両親が揃っていても愛のない暗い家庭では、子供の心に闇が作られてしまっていることも多く、子供のためにという我慢が逆効果になっています。お母さんが笑顔で幸せでいることが子供の幸せにつながるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好き...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
彼氏が欲しい人必見♡ 友達の紹介で恋人を作る方法&注意点
 恋人を作るためには、男性との出会いが必要不可欠。同じ会社や紹介、マッチングサイトなど、さまざまな出会いがある中で、もっ...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:04 ラブ