シングルマザーが胸を痛める 子供の“パパへの憧れ”の解決策

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-12-09 15:43
投稿日:2019-12-07 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚は人生での大きな決断です。お互い好きになってくっつくのは簡単ですが、別れ話は一筋縄ではいきません。
 そういう私も離婚経験者で、シングルマザー歴18年。さまざまな教訓から別居再婚をスタートして6年目に突入しています。別居再婚のことは、別の機会にお話しするとして、今回は離婚について。

子供が「お父さん」「パパ」と泣く時

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 離婚そのものは苦しい経験ですが、大変たくさんのことを学びます。つらくても、離婚をネガティブに捉える時代ではないでしょう。夫のDVや借金、女癖の悪さなどがあればなおさらです。そんなところを幼少期の子供が見続けると、子供の精神面には少なからず影響を与え、よくないでしょう。

 いろいろな事情で、女性は離婚を決意し、シングルマザーになるわけですが、避けて通れないのが、ふとしたときに見せる子供のパパへの憧れです。

 離婚したこと自体を、後悔するシングルマザーは少ないのですが、特に子供が未就学児で離婚したママたちが通る苦しい場面があります。

 5才の女の子を連れて離婚した35歳の女性は、実家近くの賃貸アパートで子供との第2の人生をスタート。仕事と子育ての両立は大変でしたが、生活のリズムができてくると、娘さんが「ママ、私もおかたづけする」と食事を終えたお皿をキッチンに運んでくれたり、洗濯物を畳んでくれたりしたそうです。

 物心がつく前の5歳とはいえ、子供は敏感に変化を感じ取ります。頑張るママの姿を見て、お手伝いするようになることは珍しくありません。私の娘もそうでした。

 それでも、夫婦関係の溝をすべて、理解しているわけではありません。時として、ママにとってずしりと重くのしかかる言葉を投げかけることもあるのは事実です。この相談者の女性が、そんな瞬間に出くわしたのは、親子二人三脚の生活を初めて半年後でした。

「パパッ、パパに会いたい!」

 押さえていた気持ちを爆発させるように、そう叫んだといいます。

 その日は娘さんの誕生日で、別れた夫から誕生日プレゼントが送られてきました。そのプレゼントを「パパからの誕生日プレゼントだよ」と手渡したところ、娘さんは黙って受け取り、しばらくすると肩を震わせて泣きながらパパを連呼したというのです。

「楽しい気持ちにさせるつもりの誕生日が、つらい日になってしまって……」

 そう話す相談者の女性も、表情が暗くなりました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。