結婚に向いていない女性の特徴&幸せな結婚をしたいなら…?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-22 06:03
投稿日:2021-03-22 06:00
 白いドレスの花嫁や結婚式、可愛い子供と囲む一家団らんの食卓など、小さな頃から「結婚」に対して憧れをもっている女性は多いでしょう。でも、結婚さえすれば幸せになれると思うのは大間違い。実は、結婚には“向き不向き”があるのです。そこで今回は、結婚に向いていない女性の特徴や、結婚することのメリット&デメリットについてご紹介しましょう!

結婚に向いていない女性の特徴4つ

結婚向いてないかも(写真:iStock)
結婚向いてないかも (写真:iStock)

 それでは、まず最初に結婚に向いていない女性の特徴からチェックしてみましょう!

1. 1人の時間が好き

 1人の時間が好きな女性は、あまり結婚に向いていないかもしれません。特に、子供ができれば、子供がある程度の年齢になるまで、1人の時間を作ることは難しいでしょう。

 また、相手の男性が2人の時間を大切にする人である場合、価値観の違いからすれ違いが起こってしまう可能性があるでしょう。そのため、1人の時間が必要であるということをわかってくれる男性を選ぶことが重要です。

2. 家事が大嫌い

 掃除や洗濯、料理など、家事が大嫌いという人も、結婚に向いていない可能性があります。近年では夫婦で家事を分担する家庭も増えていますが、育児においては母親にしかできないこともたくさん。どうしても、その合間に家事をすることになります。

 家事が嫌いな女性にとっては、毎日繰り返す終わらない家事が嫌になり、結婚生活にストレスを感じてしまうかもしれません。

3. 男性を立てるのが苦手

「女性だから」と下に見られるのが許せない、負けたくない!という向上心の強い女性は、男性を立てるのが苦手な人も多いようです。特に、結婚すると相手の粗もたくさん目につくようになるでしょう。

 そのため、心から尊敬できない男性と結婚してしまうと、毎日男性を責めてしまい、結婚生活が長く続かないかもしれません。逆に、男性を上手に立てることができるようになれば、結婚生活がうまくいく可能性は高くなるでしょう。

4. 恋多き女

 1人の男性と恋愛中でも、いろいろな男性のことが気になってしまうという恋多き女性は、結婚にあまり向いていないでしょう。結婚してから恋に落ちてしまうと、それは「不倫」「浮気」ということになってしまいます。

 何年経っても新しい恋を楽しみたいのであれば、結婚以外の形を考えるのも一つの方法です。

結婚に向いていない女性が結婚する際のメリット&デメリット

 では、結婚に向いていない女性が結婚した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

結婚に向いていない人が結婚する際のメリット

老後をだれかと過ごせる幸せ(写真:iStock)
老後をだれかと過ごせる幸せ (写真:iStock)

 結婚に向いていない女性が結婚した場合でも、メリットはあります。

・収入を分けあえるため、仕事の負担が減る
・出産適齢期までに、出産できる可能性が高くなる
・子育てを協力して行える
・法律上の「配偶者」として、さまざまな権利が与えられる
・両親を安心させられる
・老後に一緒に過ごすパートナーを得られる

 結婚生活がうまくいっていなかったとしても、両親を安心させたり、法律上の権利を得ることができたりといった点は、メリットだと言えるでしょう。ただ、「結婚」という形でなくても、子供を産んだり、老後のパートナーを得たりということはできるので、こだわらずにいろいろな関係性を模索しても良いのかもしれません。

結婚に向いていない女性が結婚する際のデメリット

これ、私が片付けるのか…(写真:iStock)
これ、私が片付けるのか… (写真:iStock)

 続いて、結婚に向いていない女性が結婚した場合のデメリットを見ていきましょう。

・苗字が変わっているなら、離婚した時にみんなに知られてしまう
・少なからず、相手に合わせた生活スタイルに変える必要がある
・子供ができた場合、子供のことを考えると離婚しづらい
・自由な恋愛ができなくなる
・家族分の家事をし続けなければならない
・義両親や親戚との付き合いがある

 結婚に向いていない恋多き女性は、自由な恋愛ができなくなることで窮屈さを感じるかもしれません。また、自分のできあがった生活スタイルを相手に合わせる必要も出てきます。終わりのない家事をやり続けることに苦痛を感じてしまう人もいるでしょう。

幸せな結婚をしたいなら? 身につけておきたい2つの力

思いやりの気持ちは大切(写真:iStock)
思いやりの気持ちは大切 (写真:iStock)

 結婚に向いていない人でも、最低限身につけておきたい2つの力があります。

感情的にならず建設的に話し合いができる力

 結婚に向いていても向いていなくても、人生の中ではいろいろな困難や乗り越えるべき壁がやってきます。その時に、パートナーと2人で感情的にならず、建設的に話し合える力があれば、多くの問題は乗り越えることができるでしょう。

 そのためには、感情的にならない練習が必要ですし、話し合える男性を見つけることも不可欠です。

相手のことを思いやれる力

 結婚生活では、1人で暮らしている時とは違い、あらゆる面で相手を思いやる心が必要です。逆に、その心をお互いに持っていれば、すれ違いがあっても解決できるはず。ただ、相手のことを思いやりながら行動することは、普段から意識していないとなかなかできることではありません。今から心がけておくと良いでしょう。

結婚の形はいろいろ! 向いていない人はほかの選択肢もあり

あなたらしい人生を(写真:iStock)
あなたらしい人生を (写真:iStock)

 時代とともに、結婚の形は大きく変わってきています。日本では法律上の配偶者の権利というものがありますが、それにこだわらないなら、内縁の妻、別居婚や通い婚など、さまざまな形があります。

 なぜ、「結婚したいのか」をよく考えて、ほかに方法がないか考えてみるのも一つの選択肢ですね。「なんのために?」という部分をよく考えて、あなたらしい人生を歩んでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ