結婚に向いていない女性の特徴&幸せな結婚をしたいなら…?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-22 06:03
投稿日:2021-03-22 06:00
 白いドレスの花嫁や結婚式、可愛い子供と囲む一家団らんの食卓など、小さな頃から「結婚」に対して憧れをもっている女性は多いでしょう。でも、結婚さえすれば幸せになれると思うのは大間違い。実は、結婚には“向き不向き”があるのです。そこで今回は、結婚に向いていない女性の特徴や、結婚することのメリット&デメリットについてご紹介しましょう!

結婚に向いていない女性の特徴4つ

結婚向いてないかも(写真:iStock)
結婚向いてないかも (写真:iStock)

 それでは、まず最初に結婚に向いていない女性の特徴からチェックしてみましょう!

1. 1人の時間が好き

 1人の時間が好きな女性は、あまり結婚に向いていないかもしれません。特に、子供ができれば、子供がある程度の年齢になるまで、1人の時間を作ることは難しいでしょう。

 また、相手の男性が2人の時間を大切にする人である場合、価値観の違いからすれ違いが起こってしまう可能性があるでしょう。そのため、1人の時間が必要であるということをわかってくれる男性を選ぶことが重要です。

2. 家事が大嫌い

 掃除や洗濯、料理など、家事が大嫌いという人も、結婚に向いていない可能性があります。近年では夫婦で家事を分担する家庭も増えていますが、育児においては母親にしかできないこともたくさん。どうしても、その合間に家事をすることになります。

 家事が嫌いな女性にとっては、毎日繰り返す終わらない家事が嫌になり、結婚生活にストレスを感じてしまうかもしれません。

3. 男性を立てるのが苦手

「女性だから」と下に見られるのが許せない、負けたくない!という向上心の強い女性は、男性を立てるのが苦手な人も多いようです。特に、結婚すると相手の粗もたくさん目につくようになるでしょう。

 そのため、心から尊敬できない男性と結婚してしまうと、毎日男性を責めてしまい、結婚生活が長く続かないかもしれません。逆に、男性を上手に立てることができるようになれば、結婚生活がうまくいく可能性は高くなるでしょう。

4. 恋多き女

 1人の男性と恋愛中でも、いろいろな男性のことが気になってしまうという恋多き女性は、結婚にあまり向いていないでしょう。結婚してから恋に落ちてしまうと、それは「不倫」「浮気」ということになってしまいます。

 何年経っても新しい恋を楽しみたいのであれば、結婚以外の形を考えるのも一つの方法です。

結婚に向いていない女性が結婚する際のメリット&デメリット

 では、結婚に向いていない女性が結婚した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

結婚に向いていない人が結婚する際のメリット

老後をだれかと過ごせる幸せ(写真:iStock)
老後をだれかと過ごせる幸せ (写真:iStock)

 結婚に向いていない女性が結婚した場合でも、メリットはあります。

・収入を分けあえるため、仕事の負担が減る
・出産適齢期までに、出産できる可能性が高くなる
・子育てを協力して行える
・法律上の「配偶者」として、さまざまな権利が与えられる
・両親を安心させられる
・老後に一緒に過ごすパートナーを得られる

 結婚生活がうまくいっていなかったとしても、両親を安心させたり、法律上の権利を得ることができたりといった点は、メリットだと言えるでしょう。ただ、「結婚」という形でなくても、子供を産んだり、老後のパートナーを得たりということはできるので、こだわらずにいろいろな関係性を模索しても良いのかもしれません。

結婚に向いていない女性が結婚する際のデメリット

これ、私が片付けるのか…(写真:iStock)
これ、私が片付けるのか… (写真:iStock)

 続いて、結婚に向いていない女性が結婚した場合のデメリットを見ていきましょう。

・苗字が変わっているなら、離婚した時にみんなに知られてしまう
・少なからず、相手に合わせた生活スタイルに変える必要がある
・子供ができた場合、子供のことを考えると離婚しづらい
・自由な恋愛ができなくなる
・家族分の家事をし続けなければならない
・義両親や親戚との付き合いがある

 結婚に向いていない恋多き女性は、自由な恋愛ができなくなることで窮屈さを感じるかもしれません。また、自分のできあがった生活スタイルを相手に合わせる必要も出てきます。終わりのない家事をやり続けることに苦痛を感じてしまう人もいるでしょう。

幸せな結婚をしたいなら? 身につけておきたい2つの力

思いやりの気持ちは大切(写真:iStock)
思いやりの気持ちは大切 (写真:iStock)

 結婚に向いていない人でも、最低限身につけておきたい2つの力があります。

感情的にならず建設的に話し合いができる力

 結婚に向いていても向いていなくても、人生の中ではいろいろな困難や乗り越えるべき壁がやってきます。その時に、パートナーと2人で感情的にならず、建設的に話し合える力があれば、多くの問題は乗り越えることができるでしょう。

 そのためには、感情的にならない練習が必要ですし、話し合える男性を見つけることも不可欠です。

相手のことを思いやれる力

 結婚生活では、1人で暮らしている時とは違い、あらゆる面で相手を思いやる心が必要です。逆に、その心をお互いに持っていれば、すれ違いがあっても解決できるはず。ただ、相手のことを思いやりながら行動することは、普段から意識していないとなかなかできることではありません。今から心がけておくと良いでしょう。

結婚の形はいろいろ! 向いていない人はほかの選択肢もあり

あなたらしい人生を(写真:iStock)
あなたらしい人生を (写真:iStock)

 時代とともに、結婚の形は大きく変わってきています。日本では法律上の配偶者の権利というものがありますが、それにこだわらないなら、内縁の妻、別居婚や通い婚など、さまざまな形があります。

 なぜ、「結婚したいのか」をよく考えて、ほかに方法がないか考えてみるのも一つの選択肢ですね。「なんのために?」という部分をよく考えて、あなたらしい人生を歩んでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ