マッチングアプリに潜んでいるホストを見分ける“3つのコツ”

内藤みか 作家
更新日:2021-04-01 06:00
投稿日:2021-04-01 06:00
 マッチングアプリに登録しているイケメンのなかには、一定の割合で、女性との恋愛やカラダを求めるのではない、お金目当ての男性がいます。ママ活やヒモ希望の男性の他、ホストクラブのホストも。彼らを見分けるコツをお伝えします。

なぜホストがマッチングアプリにいるの?

その彼、ホストかも(写真:iStock)
その彼、ホストかも (写真:iStock)

 ホストクラブのホストがなぜマッチングアプリにいるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、これも一種の営業のようなものなのかもしれません。ホストたちはルックスを磨いているのでマッチングアプリで多くの女性から“いいね”をもらいやすいのです。

 以前は街で女性に声をかける「キャッチ」と呼ばれる営業がおおっぴらに行われていましたが、近年は条例の改正で店に誘導する客引き行為が禁止になる地域も出てきたため、彼らはなんとかして女性と新しく出会う必要があるのだと思われます。

 もちろんすべてのホストが営業目的でマッチングアプリにいるわけではありません。心底女性好きで、本気で恋愛相手を探しているホストもいたり、なにかの理由で住むところがなくなり、泊めてくれる女性を探しているホストもいて、事情はそれぞれ違うのです。

画像の背景が高級そうな店内である

背景がキラキラしてたらホストの可能性大!(写真:iStock)
背景がキラキラしてたらホストの可能性大! (写真:iStock)

 ホストが営業目当てかどうかはさておき、この男性がホストかどうかはどうやって見分けたらいいのでしょうか。まず簡単な方法としては、プロフィール画像のバックがやや薄暗い店内で、キラキラしたシャンデリアが写っていれば、その人はホストである可能性が高めです。

 もちろんこれだけでは、ちょっと高級な場所でお酒を飲んだだけかもしれないのでなんとも言えませんが、さらにソファーや周辺アイテムもキラキラしていたり華やかな感じだったら確率は高まります。そして彼の後ろなどにイケメンが何人も写り込んでいるようならなおさらです。

室内なのに帽子をかぶりメイクしている

室内なのに帽子…(写真:iStock)
室内なのに帽子… (写真:iStock)

 そして、室内なのに帽子をかぶって微笑んでいるという画像も、少しあやしんだほうがいいでしょう。普通の男性はあまり室内で帽子をかぶりません。もちろんアーティストなど、かぶる男性もいますが、マッチングアプリで帽子をかぶっている男性というのはかなり少数派です。

 さらに綺麗にメイクをしていたら、ホストなのかもしれません。またはメンズ地下アイドルなど、見た目が収入増につながるようなお仕事をしている可能性があります。近頃はスーツを着ないホストも増え、カジュアルなおしゃれを店内で披露しているし、イケメン度を磨いたほうが目立って人気が出やすいからか、メイクのテクもかなりあるのでしょう。

繁華街で待ち合わせようとする

ホストクラブはもうすぐそこ(写真:iStock)
ホストクラブはもうすぐそこ (写真:iStock)

 また、ホストの特徴としては「飲みに行こう」と誘うところにあります。とはいえいきなり自分の店に呼び出したりはしません。最初は別のところで飲み、女性が好意を抱いてきたところで「実はホストをしているんだ」と打ち明けるというパターンが多いようです。

 または最初からホストであることを明かしている男性もいます。そういう場合も、いきなりホストクラブに連れていくようなことはしません。ただ、お茶やお酒を「飲む」という行為を女性としたがる特徴はあります。そして待ち合わせ場所をホストクラブが近くにあるような繁華街にすることが多いようです。

  ◇  ◇  ◇

 マッチングアプリにホストがいることを嫌がる女性もいます。そういう女性は「どうせお金目当てなんでしょう?」などと決めつけて敬遠してしまっていますが、お金を払いたくなければ払わないで遊べばいいのです。

 何通メールを交わしても、お店に行かなければ無料です。お店に行ったら何万円もかかるのに、マッチングアプリでならタダで現役ホストとやりとりできるのだから、ある意味おトクなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ