マッチングアプリに潜んでいるホストを見分ける“3つのコツ”

内藤みか 作家
更新日:2021-04-01 06:00
投稿日:2021-04-01 06:00
 マッチングアプリに登録しているイケメンのなかには、一定の割合で、女性との恋愛やカラダを求めるのではない、お金目当ての男性がいます。ママ活やヒモ希望の男性の他、ホストクラブのホストも。彼らを見分けるコツをお伝えします。

なぜホストがマッチングアプリにいるの?

その彼、ホストかも(写真:iStock)
その彼、ホストかも (写真:iStock)

 ホストクラブのホストがなぜマッチングアプリにいるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、これも一種の営業のようなものなのかもしれません。ホストたちはルックスを磨いているのでマッチングアプリで多くの女性から“いいね”をもらいやすいのです。

 以前は街で女性に声をかける「キャッチ」と呼ばれる営業がおおっぴらに行われていましたが、近年は条例の改正で店に誘導する客引き行為が禁止になる地域も出てきたため、彼らはなんとかして女性と新しく出会う必要があるのだと思われます。

 もちろんすべてのホストが営業目的でマッチングアプリにいるわけではありません。心底女性好きで、本気で恋愛相手を探しているホストもいたり、なにかの理由で住むところがなくなり、泊めてくれる女性を探しているホストもいて、事情はそれぞれ違うのです。

画像の背景が高級そうな店内である

背景がキラキラしてたらホストの可能性大!(写真:iStock)
背景がキラキラしてたらホストの可能性大! (写真:iStock)

 ホストが営業目当てかどうかはさておき、この男性がホストかどうかはどうやって見分けたらいいのでしょうか。まず簡単な方法としては、プロフィール画像のバックがやや薄暗い店内で、キラキラしたシャンデリアが写っていれば、その人はホストである可能性が高めです。

 もちろんこれだけでは、ちょっと高級な場所でお酒を飲んだだけかもしれないのでなんとも言えませんが、さらにソファーや周辺アイテムもキラキラしていたり華やかな感じだったら確率は高まります。そして彼の後ろなどにイケメンが何人も写り込んでいるようならなおさらです。

室内なのに帽子をかぶりメイクしている

室内なのに帽子…(写真:iStock)
室内なのに帽子… (写真:iStock)

 そして、室内なのに帽子をかぶって微笑んでいるという画像も、少しあやしんだほうがいいでしょう。普通の男性はあまり室内で帽子をかぶりません。もちろんアーティストなど、かぶる男性もいますが、マッチングアプリで帽子をかぶっている男性というのはかなり少数派です。

 さらに綺麗にメイクをしていたら、ホストなのかもしれません。またはメンズ地下アイドルなど、見た目が収入増につながるようなお仕事をしている可能性があります。近頃はスーツを着ないホストも増え、カジュアルなおしゃれを店内で披露しているし、イケメン度を磨いたほうが目立って人気が出やすいからか、メイクのテクもかなりあるのでしょう。

繁華街で待ち合わせようとする

ホストクラブはもうすぐそこ(写真:iStock)
ホストクラブはもうすぐそこ (写真:iStock)

 また、ホストの特徴としては「飲みに行こう」と誘うところにあります。とはいえいきなり自分の店に呼び出したりはしません。最初は別のところで飲み、女性が好意を抱いてきたところで「実はホストをしているんだ」と打ち明けるというパターンが多いようです。

 または最初からホストであることを明かしている男性もいます。そういう場合も、いきなりホストクラブに連れていくようなことはしません。ただ、お茶やお酒を「飲む」という行為を女性としたがる特徴はあります。そして待ち合わせ場所をホストクラブが近くにあるような繁華街にすることが多いようです。

  ◇  ◇  ◇

 マッチングアプリにホストがいることを嫌がる女性もいます。そういう女性は「どうせお金目当てなんでしょう?」などと決めつけて敬遠してしまっていますが、お金を払いたくなければ払わないで遊べばいいのです。

 何通メールを交わしても、お店に行かなければ無料です。お店に行ったら何万円もかかるのに、マッチングアプリでならタダで現役ホストとやりとりできるのだから、ある意味おトクなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
外見を磨く以上に愛される!今すぐできる“モテる行動”って?
 年齢を重ねても、ますます魅力的になりたいと願う今日このごろ。皆さんも、いつまでもモテていたいですよね。正直、10〜20...
若林杏樹 2021-11-24 06:00 ラブ
幸せな結婚ができるかも♡ 相性抜群な男性の見つけ方5選
 恋愛において「相性」ってとても大切ですよね。でも、恋に落ちてしまったばかりの頃は、相手の良い面ばかりが見えてしまうため...
恋バナ調査隊 2021-11-24 06:24 ラブ
この人と結婚する気がする! 男性が直感で運命を感じる瞬間
「女の勘」という言葉があります。その言葉の通り、「なぜか、この人と結婚する気がした」と、答える女性って意外と多いんですよ...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
別れの前兆…? 遠距離恋愛で彼が冷めた時のサイン&対処法
 会えない時間が多い「遠距離恋愛」では、相手の気持ちが心配になることもあるでしょう。そんなカップルの中には、「最近彼が冷...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
重い女性が好きな男性の特徴&モテるための3つのポイント♡
「重い女性」と聞くと彼氏への束縛や依存など、マイナスのイメージを持っている人も多いはず。しかし、男性の中には重い女性に魅...
恋バナ調査隊 2021-11-22 06:00 ラブ
浮気しても罪悪感がない!? 女性を不幸にする男性の特徴4つ
 恋愛をしていれば、時には彼氏に浮気されることがあるかもしれません。もちろん、ちゃんと反省してくれる場合も多いですが、男...
恋バナ調査隊 2021-11-21 06:00 ラブ
「法律的な権利」だから…離婚を拒み姿を消した男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.65〜女性編〜」では、結婚後何年たっても口先ばかりで結果を出せない夫・トモアキさん(仮名・4...
並木まき 2021-11-27 04:33 ラブ
口先ばかりで結果を出さない怠け者の夫に見切りをつけた女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-20 06:00 ラブ