“地雷男”には注意が必要! 5つの特徴&遭遇した時の対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-29 06:00
投稿日:2021-03-29 06:00
 出会いを求めてアプリを利用したり、出会いの場に足を運んでいる人もいるでしょう。新たな恋を見つけるためには多くの人と関わることが必要ですが、中には“地雷男”が隠れているかもしれません。そこで今回は、地雷男に見られる特徴や、遭遇した時の対処方法をご紹介します。

こんな男性は要注意! 地雷男に見られる5つの特徴

あなたのそばにも地雷男が…(写真:iStock)
あなたのそばにも地雷男が… (写真:iStock)

「地雷男」とは、“一見普通なのに、付き合ってみると危ない男性”のことを言います。そういった男性にハマってしまうと、傷ついたり悲しい思いをしてしまうため、注意が必要です。

 しかし、誰だって、最初から地雷男と知っていたら好きになることはないはず。まずは、地雷男にはどんな特徴があるのか、交際前に判断するポイントを見てきましょう。

1. 他人を下に見ている

 彼女に対して愛情を持って接していても、そのほかの人を下に見るのは、地雷男の代表的な性質です。

 見るからに見下した接し方をするのではなく、本人の前では上手に振舞えるのも地雷男の特徴。その人がいなくなった途端、手のひらを返したように悪口を言ったり、小バカにするようなことを平気で発言します。

2. まともに謝ることができない

 悪いことをした時や失敗した時、素直に「ごめんね」と謝れないのも地雷男の特徴のひとつ。「悪いことをしたな」と思っていても、プライドが邪魔をして謝ることができません。

 中には、失敗を認めず、すべて人のせいにして解決しようとする人もいるでしょう。

3. 人の意見は聞かない

 地雷男の多くは彼女に対して、自分の思い通りに行動してほしいと思っています。そのため、彼女の意見などは聞いてくれない人が多いでしょう。

 実はこのように、人の意見を聞き入れられないのも地雷男ならではの特徴。高圧的な態度で、人の意見をねじ伏せようとすらしてきます。この状態がエスカレートすれば、モラハラなど大きなトラブルに発展する可能性もあるでしょう。

4. 連絡頻度が多い

 男性は本来、「頻繁に連絡を取るのが苦手、面倒」だと思っている人が多いです。しかし、地雷男はこれに反し、連絡頻度が多いのも特徴の一つ。

 一日に何度も「おはよう」「今何しているの?」なんて連絡が来る場合は、要注意! 相手の状況や気持ちを考えずに連絡をしてくるような男性は、交際後に激しい束縛をしてくる可能性が高いです。

5. 基本、女性を見下している

 日頃の会話からも、地雷男かどうかチェックすることができます。実は、地雷男は女性のことが好きでありながらも、どこか見下しているところがあります。

 そのため、会話の節々に「女のくせに」「女の子なんだから」といったような発言が自然と出てきます。本人に自覚はなくても知らず知らずのうちに言動に出てしまうため、会話からも女性を見下しているかどうか判断することができるでしょう。

地雷男に遭遇したら? 3つの対処方法

地雷男はスルー推奨(写真:iStock)
地雷男はスルー推奨 (写真:iStock)

 地雷男と遭遇してしまったら、どう対応したら良いのでしょうか? そんな時には、以下の対処方法を取り入れてみてくださいね!

1. 深入りせず、距離を置く

 どんなにイケメンであなたのタイプであっても、地雷男との交際はうまくいくことが少ないでしょう。あなたが我慢し続けることができるのであれば問題ありませんが、いつかその我慢にも限界がくるはずです。

 そのため、地雷男と分かったらできるだけ深入りせずに、距離を置くことが身のため! 直接二人では会わない、連絡回数を減らすなどして距離を置き、関わらないようにしましょう。

2. リアクションしない

 地雷男は、時におかしな行動をすることがあります。「プライドを傷つけられた」と思ったら、反撃してくることもあるでしょう。

 そんな時は、リアクションしないことが大切。あなたが少しでも反応してしまえば、相手の思うツボ。「悪かったな」なんて思って下手に出れば、相手の行動がエスカレートしてしまいます。無を貫きましょう。

3. 嫌なことを言われても聞き流す

 地雷男は、自分のプライドを傷つけられることは許せませんが、他人には平気で不快なことを発言することがあります。

 しかし、地雷男の発言にいちいち言い返してしまうと、事が大きくなるだけ。あなたが感情的になれば、相手は余計にヒートアップしてしまいます。もしも、地雷男から心無いことを言われたとしても、うまく聞き流すようにしましょう。

地雷男はしっかり見極めて! 特徴を把握して早急な対処を!

地雷男に捕まらないように(写真:iStock)
地雷男に捕まらないように (写真:iStock)

 世の中には、さまざまな人がいます。見た目がどんなにタイプであっても、内面まで理想の人とは限りません。付き合ってから、「こんな人だと思わなかった」と後悔しないためには、交際前に地雷男かどうか見極めておくことが大切です。自分を守るためにも、相手がどんなタイプの人間なのか、交際前にしっかりと確認してくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の神対応に涙…更年期こそお互いの理解と歩み寄りが必須
 40代から50代になると現れる更年期障害。症状の強さや時期は人によって差がありますが、中には日常生活に支障をきたすほど...
恋バナ調査隊 2023-10-01 06:00 ラブ
恋人の“避妊しないで”に演技で応じる男 好きだけれど結婚はしたくない訳
「冷酷と激情のあいだvol.162〜女性編〜」では、3年間にわたって交際している恋人・リョウタさん(36歳・仮名)にプロ...
並木まき 2023-09-30 06:00 ラブ
結婚は躊躇し、避妊具ナシには応じてくれる彼…37歳女が目論む受胎計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-30 06:00 ラブ
夫が「ひきこもり」になったらどうする? 慌てず冷静な対応がマストです
 ある日突然、夫がひきこもりになったらあなたはどうしますか? 仕事にもいかず、ずっと家にいる夫にどう接したらよいのか戸惑...
彼氏にママ活疑惑…クロかどうかチェックする方法3つ、未遂はチョー厄介
「ママ活」といった言葉が広まるにつれて、とある問題が出てきています。それは「彼氏がママ活しているかも!?」なんて疑惑です...
内藤みか 2023-09-28 06:00 ラブ
マジかよ…夫の隠れ借金が発覚!大切な財産とメンタルを守る8つの対処法
 ある日突然、夫の借金が発覚したら、あなたはどうしますか。「これって、私も返済しなくちゃいけないの?」「これから先、我が...
恋バナ調査隊 2023-09-28 06:00 ラブ
結婚したくない若者が増加中!? 蛙化現象もあるらしい、理由を聞いてみた
 今、若い世代で「結婚したくない」という女性が増えているのだそう。いったい結婚のどこにデメリットを感じているのでしょうか...
恋バナ調査隊 2023-09-28 06:00 ラブ
初デートでキョドりたくない!話題が続かない人のモテ会話術
 初デートって緊張しますよね。年齢が上がるにつれて、失敗したくない思いから何を話していいのかわからなくて、口が重くなる時...
若林杏樹 2023-09-27 06:00 ラブ
籍入れたとたんに豹変…よく見極めたい「結婚後に変わる男」特徴7つ
 交際中は優しくて愛溢れる彼氏だったにも関わらず、結婚したとたんに態度が変わる男性がいます。結婚後「こんな人だと思わなか...
恋バナ調査隊 2023-09-27 06:00 ラブ
彼氏のドタキャンから始まるイイ女道 いらっとしたら飲み込むのが得策
 楽しみにしていたデートをドタキャンされたら、誰だって悲しいものです。でも文句を言ったら、それが別れの原因になってしまう...
恋バナ調査隊 2023-09-26 06:00 ラブ
39歳、赤ちゃんを見ると母乳が出るような気に…出産のリミットを考える
 最近、お母さんの腕に抱かれている小さな赤ちゃんを見るとなんだかおっぱいがうずきます。  見てるだけで母乳が出るん...
まめ 2023-09-26 06:00 ラブ
外見が大事ですか? 見た目のことを言う男性の心理&3つの対処法
 どうせ恋愛をするなら、自分の中身をまるごと愛してほしいもの。でも、彼氏がやたらと見た目のことを言う男だと、がっかりしま...
恋バナ調査隊 2023-09-25 06:00 ラブ
「不倫の慰謝料」気になる使い道、サレ妻たちは何を思い、どう使った?
 夫に不倫された場合、相手の女性に慰謝料を請求できます。その相場は数十万円から数百万円ほど。時には1000万円以上になる...
恋バナ調査隊 2023-09-24 06:00 ラブ
当てはまりすぎて自分が怖い!? 恋愛ご無沙汰女性5つの特徴と脱出方法
 気が付いたら「数年、彼氏がいない……」なんて人はいませんか。あまりにもご無沙汰だと、恋愛の仕方すら忘れてしまいますよね...
恋バナ調査隊 2023-09-23 06:00 ラブ
「結婚6年でメシマズは致命傷」妻に抱かない宣言を突き付けた夫の決断
「冷酷と激情のあいだvol.161〜女性編〜」では、結婚6年目にして完全にセックスレスになり、夫婦で話し合うたびに状況が...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
夫の「2度と抱かない」宣言にタガが外れた43歳レス妻、潮目が変わった
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ