“地雷男”には注意が必要! 5つの特徴&遭遇した時の対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-29 06:00
投稿日:2021-03-29 06:00
 出会いを求めてアプリを利用したり、出会いの場に足を運んでいる人もいるでしょう。新たな恋を見つけるためには多くの人と関わることが必要ですが、中には“地雷男”が隠れているかもしれません。そこで今回は、地雷男に見られる特徴や、遭遇した時の対処方法をご紹介します。

こんな男性は要注意! 地雷男に見られる5つの特徴

あなたのそばにも地雷男が…(写真:iStock)
あなたのそばにも地雷男が… (写真:iStock)

「地雷男」とは、“一見普通なのに、付き合ってみると危ない男性”のことを言います。そういった男性にハマってしまうと、傷ついたり悲しい思いをしてしまうため、注意が必要です。

 しかし、誰だって、最初から地雷男と知っていたら好きになることはないはず。まずは、地雷男にはどんな特徴があるのか、交際前に判断するポイントを見てきましょう。

1. 他人を下に見ている

 彼女に対して愛情を持って接していても、そのほかの人を下に見るのは、地雷男の代表的な性質です。

 見るからに見下した接し方をするのではなく、本人の前では上手に振舞えるのも地雷男の特徴。その人がいなくなった途端、手のひらを返したように悪口を言ったり、小バカにするようなことを平気で発言します。

2. まともに謝ることができない

 悪いことをした時や失敗した時、素直に「ごめんね」と謝れないのも地雷男の特徴のひとつ。「悪いことをしたな」と思っていても、プライドが邪魔をして謝ることができません。

 中には、失敗を認めず、すべて人のせいにして解決しようとする人もいるでしょう。

3. 人の意見は聞かない

 地雷男の多くは彼女に対して、自分の思い通りに行動してほしいと思っています。そのため、彼女の意見などは聞いてくれない人が多いでしょう。

 実はこのように、人の意見を聞き入れられないのも地雷男ならではの特徴。高圧的な態度で、人の意見をねじ伏せようとすらしてきます。この状態がエスカレートすれば、モラハラなど大きなトラブルに発展する可能性もあるでしょう。

4. 連絡頻度が多い

 男性は本来、「頻繁に連絡を取るのが苦手、面倒」だと思っている人が多いです。しかし、地雷男はこれに反し、連絡頻度が多いのも特徴の一つ。

 一日に何度も「おはよう」「今何しているの?」なんて連絡が来る場合は、要注意! 相手の状況や気持ちを考えずに連絡をしてくるような男性は、交際後に激しい束縛をしてくる可能性が高いです。

5. 基本、女性を見下している

 日頃の会話からも、地雷男かどうかチェックすることができます。実は、地雷男は女性のことが好きでありながらも、どこか見下しているところがあります。

 そのため、会話の節々に「女のくせに」「女の子なんだから」といったような発言が自然と出てきます。本人に自覚はなくても知らず知らずのうちに言動に出てしまうため、会話からも女性を見下しているかどうか判断することができるでしょう。

地雷男に遭遇したら? 3つの対処方法

地雷男はスルー推奨(写真:iStock)
地雷男はスルー推奨 (写真:iStock)

 地雷男と遭遇してしまったら、どう対応したら良いのでしょうか? そんな時には、以下の対処方法を取り入れてみてくださいね!

1. 深入りせず、距離を置く

 どんなにイケメンであなたのタイプであっても、地雷男との交際はうまくいくことが少ないでしょう。あなたが我慢し続けることができるのであれば問題ありませんが、いつかその我慢にも限界がくるはずです。

 そのため、地雷男と分かったらできるだけ深入りせずに、距離を置くことが身のため! 直接二人では会わない、連絡回数を減らすなどして距離を置き、関わらないようにしましょう。

2. リアクションしない

 地雷男は、時におかしな行動をすることがあります。「プライドを傷つけられた」と思ったら、反撃してくることもあるでしょう。

 そんな時は、リアクションしないことが大切。あなたが少しでも反応してしまえば、相手の思うツボ。「悪かったな」なんて思って下手に出れば、相手の行動がエスカレートしてしまいます。無を貫きましょう。

3. 嫌なことを言われても聞き流す

 地雷男は、自分のプライドを傷つけられることは許せませんが、他人には平気で不快なことを発言することがあります。

 しかし、地雷男の発言にいちいち言い返してしまうと、事が大きくなるだけ。あなたが感情的になれば、相手は余計にヒートアップしてしまいます。もしも、地雷男から心無いことを言われたとしても、うまく聞き流すようにしましょう。

地雷男はしっかり見極めて! 特徴を把握して早急な対処を!

地雷男に捕まらないように(写真:iStock)
地雷男に捕まらないように (写真:iStock)

 世の中には、さまざまな人がいます。見た目がどんなにタイプであっても、内面まで理想の人とは限りません。付き合ってから、「こんな人だと思わなかった」と後悔しないためには、交際前に地雷男かどうか見極めておくことが大切です。自分を守るためにも、相手がどんなタイプの人間なのか、交際前にしっかりと確認してくださいね。

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ