理系女子の恋愛あるある5つ♡ 相性バツグンの男性の特徴は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-03 06:00
投稿日:2021-05-03 06:00
 いつも理論的な、「リケジョ」こと理系女子。頭の回転が早くて、なんとなく甘えるのが苦手そうな彼女たちは、いったいどんな恋愛をしているのでしょうか? 今回は、ある意味、特殊な特徴をもった理系女子の恋愛あるあるをご紹介。さらに、理系女子と相性バツグンの男性の特徴もお伝えしていきます♡

恋愛に向いてない? 理系女子ってこんな人!

リケ女の特徴は?(写真:iStock)
リケ女の特徴は? (写真:iStock)

「理系女子」とは、理系学部で学んできた女性や、理系の仕事についている女性のことを言います。曖昧でグレーな要素が多い文系と比べて、理系の学問には法則や答えがはっきりしている分野も多いためか、以下のような特徴を持った女性が多いとされています。

・理論的に物事を考える
・オチのない無駄な話が苦手
・サバサバしている
・頭の回転が速い
・探究心旺盛で真面目
・愛情表現はあまりしない

 まとめると、感情よりも理屈で考え、物事に白黒はっきりした答えを導き出したいと思っているのが特徴だと言えるでしょう。女性特有の意味のないだらだらした会話も苦手なので、男性によっては“付き合いやすい女性”と捉えられるかもしれません。

普通の女子とはちょっと違う! 理系女子の恋愛あるある5つ

結局何が言いたいの?(写真:iStock)
結局何が言いたいの? (写真:iStock)

 サバサバしていて一見恋愛に向いていなさそうな理系女子ですが、恋愛の際にはどのような付き合い方をするのでしょうか? 理系女子の恋愛あるあるを、チェックしてみましょう!

1. 喧嘩の時も冷静

 一般的なカップルは、喧嘩となると感情のぶつけ合いになることが多いですよね。その点、理系女子との喧嘩はとにかく冷静。感情で言葉を選ぶことなく、自分の中の理論に基づいて「答えを出すため」に会話するので、一見喧嘩に見えないことすらあるでしょう。

2. 自分の意見のない男性は恋愛対象外

 理系女子は、対等な目線で建設的な議論をするのが大好き! そのため、感情に流されやすく、確固たる信念や意見のない男性は、一緒にいるだけでイライラしてしまいます。恋愛対象外どころか、友達としてもキツイとすら思ってしまうようです。

3. 好きな人と友人関係からなかなか抜け出せない

 男性から見ると理論的に話をしてくれる理系女子は、一緒にいて心地良いと思われやすいです。ただ、その反面、感情を見せたり、愛情表現をしたりといったことがあまり得意ではないので、好きな男性と友人止まりになってしまうこともしばしば。

 また、女性らしい見た目とは縁遠い人も少なくありません。恋愛対象として見られるためには、少し工夫が必要なケースもあるでしょう。

4. 環境によってはモテモテ

 理系学部は、男性が多い傾向にあります。そのため、理系学部に通っている少数派の女子は、意外とモテるのです。確かに、男性からすると会話はしやすいですし、掴みどころのない女っぽい性格の女子よりは、気持ちが読み取りやすいですよね。

 そんな理由もあって、環境によっては理系学部で争奪戦になるほどモテる、なんてこともあるようです。

5. 彼との連絡頻度は少なめ

 自分の時間を大切にする理系女子は、依存しない恋愛関係を好みます。そのため、彼氏といえど、連絡頻度は少なめ。一緒にいる時間は有意義に過ごしたいと思いますが、自分1人の時間も確保しないと辛くなってしまうのです。

理系女子の恋愛におすすめなのはこんな男性!

真っ直ぐな男性がぴったり(写真:iStock)
真っ直ぐな男性がぴったり (写真:iStock)

 一般的な女性に比べて個性的な面もある理系女子ですが、どんな男性と付き合えば幸せになれるのでしょうか? 相性の良い男性の特徴をチェックしてみましょう。

ストレートに気持ちを伝えられる男性

 理系女子は、曖昧なことが苦手です。そのため、理系女子への気持ちをもじもじと遠回しに伝えるような男性とは、あまり相性がよくありません。ストレートに「好き」と言ってくれる真っ直ぐな男性のほうが、恋愛の相性は良いでしょう。

1人だけの時間を尊重してくれる男性

 基本的に恋愛に依存することのない理系女子は、自分1人の時間を大切にします。そのため、「会いたくないの?」「俺よりそっちが大事?」なんて、嫉妬深く独占欲の強い男性とは長続きしません。1人の時間も大切なことを理解し、尊重してくれる男性がおすすめです。

理系女子の知らない分野を極めている男性

 探究心旺盛な理系女子は、自分の未知の世界に対するワクワクが大きいのも特徴。そのため、知らない分野を極めている男性には、魅力を感じやすいです。たとえば、白黒で説明をつけられない「音楽」など、芸術関係を極めた男性にも興味は湧くかもしれません。

 理系女子が尊敬できて知らない世界を広げてくれる男性なら、相性が良いでしょう。

理系女子の恋愛には男性の理解が必要!

素敵な男性に巡り合えますように(写真:iStock)
素敵な男性に巡り合えますように (写真:iStock)

 一般的な女性とは違い、独自の考え方を持っている理系女子。たとえ、連絡や愛情表現が少なく、自分の時間ばかりを大切にしていたとしても、彼氏のことを嫌いになったわけではありません。

 そんな真面目で不器用な理系女子には、男性の理解が不可欠! 心から理解してくれる素敵な男性に巡り会えると良いですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好き...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
彼氏が欲しい人必見♡ 友達の紹介で恋人を作る方法&注意点
 恋人を作るためには、男性との出会いが必要不可欠。同じ会社や紹介、マッチングサイトなど、さまざまな出会いがある中で、もっ...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:04 ラブ
彼はどう?浮気男のLINEあるある5選!要注意な特徴&行動
 彼氏が浮気をしている時、女性は心の中で「なにかが引っかかる」んですよね。“女の勘”とも言われますが、直感力が優れている...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:00 ラブ
“授かり婚”からわずか2年…スピード離婚した30代女性の場合
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-20 06:01 ラブ