コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは

内藤みか 作家
更新日:2021-04-29 06:00
投稿日:2021-04-29 06:00
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかなりモテています。恋愛シーンにどのような変化が起きているのか調べてみました。

港区女子のニーズが薄まる

リモートワークが変えた価値観(写真:iStock)
リモートワークが変えた価値観 (写真:iStock)

 多くの人が在宅でリモートワークを行い、あまり都心に行かなくなったこの頃は、港区女子の人気が低下気味です。大人数でのパーティーが開催されることが少なくなったため、綺麗なドレスを着た美人を連れ歩く必要がなくなってきたからなのです。

 男性にとって、美人と一緒にいることがステイタスシンボルであり、周囲からうらやましがられてもいました。そのため彼らは人目を引くような美人を選んできたのです。しかし今は、自宅にいる時間が激増したため、男性たちはルックスよりも、共に楽しめる趣味を持っている女性を重視するようになってきたのです。

登山女子の戸惑い

アウトドア好きの女性に脚光が(写真:iStock)
アウトドア好きの女性に脚光が (写真:iStock)

 それでは今、どんな女性が男性に好まれているのでしょう。それは、アウトドア好きの女性です。人々の目は混み合う街ではなく大自然に、そして、大人数ではなく少人数へと向かっています。自然に接したい大量の初心者が生まれているなかで、アウトドアが好きだという女性は確実に目立ち、そしてモテているのです。

 30代のA子さんも、男性の反応がまるで違ってきたと実感するひとりです。前から登山が好きだと社内の男性たちにも話してきましたが、今までは「ふ~ん」と、特に関心は持たれてはいませんでした。それが近ごろは「僕も登山をしてみたいんだけど、どんな道具を揃えたらいいだろう」などと相談されることが増えているのです。

思いがけないモテ

 A子さんは、登山に興味を持ったという同僚男性たちに親切に情報を伝えました。すると「週末に買い物に行ってもらいたい」「今度一緒に登山に行かないか」などと誘われるようになったのです。いきなり男性たちから急に声をかけられるようになり、戸惑っているとのこと。

 そして彼女はまだ一度も彼らと山に登ったことはありません。すでに登山サークルに所属していて、そこのメンバーと共に登る計画が進んでいるからです。会社の同僚らをサークルに誘ってもみたのですが、乗り気にはなりませんでした。A子さんと二人で登りたいらしいのです。

噛み合わないニーズ

登山はデートじゃない(写真:iStock)
登山はデートじゃない (写真:iStock)

 急に何人もから登山デートに誘われるようになったことについて、A子さんは素直に喜べないと言います。彼女はただ山が好きだから登っているのですが、彼らはそうではなく、デートプランのひとつとして登山をとらえているところがあると言うのです。それに登山好きな女性だったら誰でもいいという感じも受けるのだとか。

 せっかく登山に興味を持ってもらったのだから、山のことを好きになってもらいたい、とA子さんはスマホの写真を見せながら説明もしましたが、彼らの反応は薄かったのも残念でした。やはりサークルで一緒に登っている男性のほうが純粋に山が好きなので、好感が持てるそうです。

混み合うアウトドアレジャー

アウトドア好きの女性に逞しさを感じているのかも(写真:iStock)
アウトドア好きの女性に逞しさを感じているのかも (写真:iStock)

 登山だけでなく、キャンプや釣りが趣味だという女性もモテているそうです。大自然の中で上手に楽しむコツを知っている女性に魅力を感じ、一緒に楽しみたいと考えているのでしょう。激動の時代を生き抜く逞しさを感じているのかもしれません。

 しかし、多くの人が海や山に繰り出すようになったため、かなり混み合う場所も出てきています。それだけに、あまり人が行かないような穴場スポットを知っている女性は喜ばれるでしょう。ガイドブックがあればなんとかなる都会とは違い、アウトドアでは土地勘が必要です。それだけに、登山を重ね、経験のある女性がモテているのです。

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ