コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは

内藤みか 作家
更新日:2021-04-29 06:00
投稿日:2021-04-29 06:00
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかなりモテています。恋愛シーンにどのような変化が起きているのか調べてみました。

港区女子のニーズが薄まる

リモートワークが変えた価値観(写真:iStock)
リモートワークが変えた価値観 (写真:iStock)

 多くの人が在宅でリモートワークを行い、あまり都心に行かなくなったこの頃は、港区女子の人気が低下気味です。大人数でのパーティーが開催されることが少なくなったため、綺麗なドレスを着た美人を連れ歩く必要がなくなってきたからなのです。

 男性にとって、美人と一緒にいることがステイタスシンボルであり、周囲からうらやましがられてもいました。そのため彼らは人目を引くような美人を選んできたのです。しかし今は、自宅にいる時間が激増したため、男性たちはルックスよりも、共に楽しめる趣味を持っている女性を重視するようになってきたのです。

登山女子の戸惑い

アウトドア好きの女性に脚光が(写真:iStock)
アウトドア好きの女性に脚光が (写真:iStock)

 それでは今、どんな女性が男性に好まれているのでしょう。それは、アウトドア好きの女性です。人々の目は混み合う街ではなく大自然に、そして、大人数ではなく少人数へと向かっています。自然に接したい大量の初心者が生まれているなかで、アウトドアが好きだという女性は確実に目立ち、そしてモテているのです。

 30代のA子さんも、男性の反応がまるで違ってきたと実感するひとりです。前から登山が好きだと社内の男性たちにも話してきましたが、今までは「ふ~ん」と、特に関心は持たれてはいませんでした。それが近ごろは「僕も登山をしてみたいんだけど、どんな道具を揃えたらいいだろう」などと相談されることが増えているのです。

思いがけないモテ

 A子さんは、登山に興味を持ったという同僚男性たちに親切に情報を伝えました。すると「週末に買い物に行ってもらいたい」「今度一緒に登山に行かないか」などと誘われるようになったのです。いきなり男性たちから急に声をかけられるようになり、戸惑っているとのこと。

 そして彼女はまだ一度も彼らと山に登ったことはありません。すでに登山サークルに所属していて、そこのメンバーと共に登る計画が進んでいるからです。会社の同僚らをサークルに誘ってもみたのですが、乗り気にはなりませんでした。A子さんと二人で登りたいらしいのです。

噛み合わないニーズ

登山はデートじゃない(写真:iStock)
登山はデートじゃない (写真:iStock)

 急に何人もから登山デートに誘われるようになったことについて、A子さんは素直に喜べないと言います。彼女はただ山が好きだから登っているのですが、彼らはそうではなく、デートプランのひとつとして登山をとらえているところがあると言うのです。それに登山好きな女性だったら誰でもいいという感じも受けるのだとか。

 せっかく登山に興味を持ってもらったのだから、山のことを好きになってもらいたい、とA子さんはスマホの写真を見せながら説明もしましたが、彼らの反応は薄かったのも残念でした。やはりサークルで一緒に登っている男性のほうが純粋に山が好きなので、好感が持てるそうです。

混み合うアウトドアレジャー

アウトドア好きの女性に逞しさを感じているのかも(写真:iStock)
アウトドア好きの女性に逞しさを感じているのかも (写真:iStock)

 登山だけでなく、キャンプや釣りが趣味だという女性もモテているそうです。大自然の中で上手に楽しむコツを知っている女性に魅力を感じ、一緒に楽しみたいと考えているのでしょう。激動の時代を生き抜く逞しさを感じているのかもしれません。

 しかし、多くの人が海や山に繰り出すようになったため、かなり混み合う場所も出てきています。それだけに、あまり人が行かないような穴場スポットを知っている女性は喜ばれるでしょう。ガイドブックがあればなんとかなる都会とは違い、アウトドアでは土地勘が必要です。それだけに、登山を重ね、経験のある女性がモテているのです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

ラブ 新着一覧


更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-25 17:28 ラブ