コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは

内藤みか 作家
更新日:2021-04-29 06:00
投稿日:2021-04-29 06:00
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかなりモテています。恋愛シーンにどのような変化が起きているのか調べてみました。

港区女子のニーズが薄まる

リモートワークが変えた価値観(写真:iStock)
リモートワークが変えた価値観 (写真:iStock)

 多くの人が在宅でリモートワークを行い、あまり都心に行かなくなったこの頃は、港区女子の人気が低下気味です。大人数でのパーティーが開催されることが少なくなったため、綺麗なドレスを着た美人を連れ歩く必要がなくなってきたからなのです。

 男性にとって、美人と一緒にいることがステイタスシンボルであり、周囲からうらやましがられてもいました。そのため彼らは人目を引くような美人を選んできたのです。しかし今は、自宅にいる時間が激増したため、男性たちはルックスよりも、共に楽しめる趣味を持っている女性を重視するようになってきたのです。

登山女子の戸惑い

アウトドア好きの女性に脚光が(写真:iStock)
アウトドア好きの女性に脚光が (写真:iStock)

 それでは今、どんな女性が男性に好まれているのでしょう。それは、アウトドア好きの女性です。人々の目は混み合う街ではなく大自然に、そして、大人数ではなく少人数へと向かっています。自然に接したい大量の初心者が生まれているなかで、アウトドアが好きだという女性は確実に目立ち、そしてモテているのです。

 30代のA子さんも、男性の反応がまるで違ってきたと実感するひとりです。前から登山が好きだと社内の男性たちにも話してきましたが、今までは「ふ~ん」と、特に関心は持たれてはいませんでした。それが近ごろは「僕も登山をしてみたいんだけど、どんな道具を揃えたらいいだろう」などと相談されることが増えているのです。

思いがけないモテ

 A子さんは、登山に興味を持ったという同僚男性たちに親切に情報を伝えました。すると「週末に買い物に行ってもらいたい」「今度一緒に登山に行かないか」などと誘われるようになったのです。いきなり男性たちから急に声をかけられるようになり、戸惑っているとのこと。

 そして彼女はまだ一度も彼らと山に登ったことはありません。すでに登山サークルに所属していて、そこのメンバーと共に登る計画が進んでいるからです。会社の同僚らをサークルに誘ってもみたのですが、乗り気にはなりませんでした。A子さんと二人で登りたいらしいのです。

噛み合わないニーズ

登山はデートじゃない(写真:iStock)
登山はデートじゃない (写真:iStock)

 急に何人もから登山デートに誘われるようになったことについて、A子さんは素直に喜べないと言います。彼女はただ山が好きだから登っているのですが、彼らはそうではなく、デートプランのひとつとして登山をとらえているところがあると言うのです。それに登山好きな女性だったら誰でもいいという感じも受けるのだとか。

 せっかく登山に興味を持ってもらったのだから、山のことを好きになってもらいたい、とA子さんはスマホの写真を見せながら説明もしましたが、彼らの反応は薄かったのも残念でした。やはりサークルで一緒に登っている男性のほうが純粋に山が好きなので、好感が持てるそうです。

混み合うアウトドアレジャー

アウトドア好きの女性に逞しさを感じているのかも(写真:iStock)
アウトドア好きの女性に逞しさを感じているのかも (写真:iStock)

 登山だけでなく、キャンプや釣りが趣味だという女性もモテているそうです。大自然の中で上手に楽しむコツを知っている女性に魅力を感じ、一緒に楽しみたいと考えているのでしょう。激動の時代を生き抜く逞しさを感じているのかもしれません。

 しかし、多くの人が海や山に繰り出すようになったため、かなり混み合う場所も出てきています。それだけに、あまり人が行かないような穴場スポットを知っている女性は喜ばれるでしょう。ガイドブックがあればなんとかなる都会とは違い、アウトドアでは土地勘が必要です。それだけに、登山を重ね、経験のある女性がモテているのです。

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ