男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-05-11 06:00
投稿日:2021-05-11 06:00
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが男性たち……。実は、男性には記念日を忘れるもっともらしい理由があるようなんです。原因を知っていれば、余計な心配や怒りが減るかもしれませんよ。

女性との違いは? 男性が記念日を忘れてしまう納得の4つの理由

なぜ男性は記念日を忘れるの?(写真:iStock)
なぜ男性は記念日を忘れるの? (写真:iStock)

 結論から言うと、男性は「記念日を忘れる生き物」なのかもしれません。そんなふうに思わせる、興味深い理由から見ていきましょう。

1. 男性は一点集中型

 たとえば、LINEをする時、テレビを見たり、話したりしながらできるのが女性。対して男性は、返信することだけに集中する場合が多いでしょう。

 これは、男女の脳の構造に違いがあるからだと言われています。脳には右脳と左脳をつなげて情報を処理する「脳梁」という部分がありますが、男性はこの脳梁が女性より細いため、同時にタスクをこなすことが苦手なのだとか。

 つまり、男性は仕事などで忙しい時や予定が重なった時、同時進行で考えることができないため、記念日をうっかり忘れてしまうのです。

2. 男性は「時間」に対して鈍感

 古来から女性は定期的に来る生理と向き合い、限られた時間の中で妊娠・出産を行ってきました。子孫を残せなかったり、命に関わるリスクを負うからこそ、女性は日頃から「時間」を大切にする傾向にあります。

 その点、男性は時間をそこまで気にする必要がないため、記念日を含めた「時間」にこだわりがないとも考えられているよう。

 さらに、大半の男性は自分の誕生日に関してどうでも良いと思っている人が多く、記念日を忘れられた女性の「寂しい気持ち」を理解することができません。だから、忘れることを繰り返すのです。

3. 男性は記憶することが苦手

「あの時、あの場所で、こんなことがあったよね〜」と彼に話すと、「そんな細かくよく覚えているね!」なんて、びっくりされた経験がある女性は多いはず。実は、男女の脳の違いは記憶にも関係しています。

 女性は記憶を司る「海馬」と呼ばれる場所が、男性より大きいと言われます。そのため、プロポーズや結婚式、出産、裏切り、死別など、自分にとって印象的な出来事をその時の気持ちとともに、事細かに覚える習性があるそうです。

 対して男性は、これが苦手。そのうえ、過程よりも結果を大切にするため、過去に作った「記念日」よりも、未来のことを重視します。

4. 男性は察せない生き物

「本当はこうしてほしいのに」というもやもやを抱え、その不満が爆発して喧嘩になる……男女のあるあるですね。これは、男性が察する能力が低いことに原因があるかもしれません。

 女性は母親として、子供を育てるという大きな任務を持っています。まだ話ができないくらいの小さな子供の微妙な変化を察して、機嫌や体調などを読み取るのです。こういったコミュニケーション能力は、男性よりも女性のほうが明らかに上。

 そのため、誕生日が近くなってきてそわそわしている女性の態度にも、男性はもちろん気づきません。記念日に限らず、察することを得意とする女性と察せない男性の間に問題が起きやすいことを知っておくことも、トラブル回避につながるかもしれませんね。

男性に記念日を忘れずにいてもらうには?

事前にセッティングを!(写真:iStock)
事前にセッティングを! (写真:iStock)

「男性は記念日を忘れる生き物」と理解したところで、やっぱり覚えていて欲しいのが乙女心。忘れられたら悲しい気持ちになるのは当然です。では、どうしたら記念日を忘れずにいてもらえるのでしょうか?

駆け引きせずに前もって伝えておく

 女性は、「記念日を覚えている=愛情の証拠」だと思いがちですが、前述したように男性は愛情とはまったく関係なく、記念日を忘れるのです。そのため、「覚えているかな」と試すような駆け引きはしないほうが良いでしょう。

 どうしても一緒にお祝いしてもらいたかったら、「◯日、誕生日だけど会えるかな?」「今度の記念日は、ここに行かない?」と、具体的に伝えておくのが得策ですね。

予定と合わせてセッティングする

 予定の1つとして、前々から組み込んでしまうのもありです。たとえば、「結婚記念日は毎年旅行に行く」として、一緒に予定を立てるなど。男性だって、機会さえあれば女性を喜ばせてあげたいと思っているはずです。

 サプライズを待ちたい気持ちも分かりますが、普段の態度からあまり期待できそうにない男性の場合には、「楽しませてもらう」のではなく、「一緒に楽しむ」と気持ちを切り替えて、セッティングをしてみてはいかがでしょうか。

大切なのは、記念日を忘れた後のフォローですよね…

おおらかな気持ちで素敵な記念日を♡(写真:iStock)
おおらかな気持ちで素敵な記念日を♡ (写真:iStock)

 男性が記念日を忘れてしまうもっともらしい理由、たくさんありましたね。でも、世の中には、記念日を忘れないどころか、大切にする男性がいるのも事実。そういった男性は、女性を喜ばせたいという気持ちが「忘れる」という本来の性質に勝っているのかもしれません。

 ちなみに先日、我が家でも父が母の誕生日を忘れました。しかも、「昨日は何の日でしょうか?」とおちゃめに聞いた母に対して、「あ!誕生日だったか! ◯日でしょ?」と、知ったふうに答えたものの、日付を間違える始末……。

 忘れるのは仕方ないとはいえ、世の男性たちには忘れた後のフォローを学んでほしいものです。そして、女性側も記念日を一緒にお祝いしたいのであれば、前もってお膳立てをしてあげるくらいがちょうど良いのかもしれません。ぜひ、おおらかな気持ちで大切な日を迎えてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ