好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-11 06:00
投稿日:2021-04-11 06:00
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信をためらう人が多いでしょう。でも、世のしたたかな女性たちは、そんなことお構いなしに男心をくすぐる「わざと誤送信LINE」を送っています。
 今回は、そんな女性たちが送った自称「究極の誤送信LINEテク」をご紹介しましょう。

したたかな女性のLINEテク5選! 好きな人にわざと誤送信した内容

1. わざと寝ぼけてLINE

「寝ぼけている時って、天然の可愛さを自然に発揮しやすい時!」と、したたかな女性は考えているようです。内容はなんでもOK。とにかく相手から連絡が来たら、彼のトークルームを開きながら寝ていたこと、そのまま寝てしまって打ち間違えたこと、恥ずかしがっていることを伝えると良いそうです。

 こうすることで「密かに俺のことを考えてたのかも?」と、片想いしていることと、健気な可愛さを伝えられるのだとか。うまくいけば彼の心をくすぐることもできそうですが、かなり高いテクニックが必要そうです。

2. 送り間違いでちゃっかり告白LINE

 こちらもまた大胆な誤送信LINEですね。友達に送るつもりが間違えてしまったフリをして、彼にちゃっかり告白してしまっています。したたかな女性いわく、コツはお風呂から出たばかりなど、できるだけ送り間違えやすい環境を自然に説明することなのだとか。

 ただ、肝心なのはここからどう持っていくかではないでしょうか。きっとしたたかな女性は、ここからさらに気持ちを伝えて、彼と急接近できる高度なテクニックを持っているのだと思います。

3. 間違いLINE電話でドキドキさせる

 したたかな女性いわく、「好きな男性には間隔を空けてジャブを打ち続け、意識させるタイミングを積み重ねて接近する」のが良いのだとか。こちらのLINEは、ただの間違いLINE電話です。彼から連絡が来たら、いったん返信を焦らして想像を膨らませる時間をとってあげることが大切らしいですよ。

 こちらのことを意識させる小さなテクニックを駆使して彼の心を掴んでいき、たとえ長期戦になっても、じわじわと確実に獲物を仕留めていく……したたかな女性、恐るべしです。

4. 打ち間違いでハートスタンプを送信

 したたかな女性は、出会った時点でタイプだと思ったら、まず自分を印象付けるテクニックを使うようです。こちらの女性はLINEを交換した際、すぐに打ち間違えてハートスタンプを送っています。

 打ち間違いに気付くフリをするまで時間を置いて、彼に「なんでだろう? 脈あり?」と思わせるのだそう。こちらのテクニックもある意味、一か八かな気がしますが、したたかな女性は強い心の持ち主なので「やったもん勝ち!」とばかりに、行動に移してしまいます。

5. 誤送信で「ドタキャンされて暇」アピール

 こちらのテクニックは、ある程度脈ありと感じている男性に使うと効果的だそうです。予約が取りづらいお店で食事する約束をしていたのに、ドタキャンになったこと、もったいないから代わりの人を探していることを懇切丁寧に説明してくれていますね!

 返信の時点で「俺が行こうか?」と言ってくる男性は少ないはずですが、ここからが腕の見せ所。「もうこの際だから一緒に行かない?」と誘ってしまうのが、したたかな女性のすごい所です。

好きな人へのLINE誤送信は要注意! うまくいけばラッキー♡

 ここまで、したたかな女性たちの誤送信LINEをご紹介しましたが、「わざと誤送信した」ということに気付かれてしまうリスクがあるのも確か。でも、中には「可愛い」と感じたり、「俺のこと好きなのかな?」と、素直に受け取ってくれる人もいるのです。

 このテクニックを真似するなら、一か八か、うまくいけばラッキーくらいの強い気持ちで試すことをおすすめします!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ