好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-12 06:02
投稿日:2021-04-11 06:00
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信をためらう人が多いでしょう。でも、世のしたたかな女性たちは、そんなことお構いなしに男心をくすぐる「わざと誤送信LINE」を送っています。
 今回は、そんな女性たちが送った自称「究極の誤送信LINEテク」をご紹介しましょう。

したたかな女性のLINEテク5選! 好きな人にわざと誤送信した内容

1. わざと寝ぼけてLINE

「寝ぼけている時って、天然の可愛さを自然に発揮しやすい時!」と、したたかな女性は考えているようです。内容はなんでもOK。とにかく相手から連絡が来たら、彼のトークルームを開きながら寝ていたこと、そのまま寝てしまって打ち間違えたこと、恥ずかしがっていることを伝えると良いそうです。

 こうすることで「密かに俺のことを考えてたのかも?」と、片想いしていることと、健気な可愛さを伝えられるのだとか。うまくいけば彼の心をくすぐることもできそうですが、かなり高いテクニックが必要そうです。

【あわせて読みたい】思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選

2. 送り間違いでちゃっかり告白LINE

 こちらもまた大胆な誤送信LINEですね。友達に送るつもりが間違えてしまったフリをして、彼にちゃっかり告白してしまっています。したたかな女性いわく、コツはお風呂から出たばかりなど、できるだけ送り間違えやすい環境を自然に説明することなのだとか。

 ただ、肝心なのはここからどう持っていくかではないでしょうか。きっとしたたかな女性は、ここからさらに気持ちを伝えて、彼と急接近できる高度なテクニックを持っているのだと思います。

3. 間違いLINE電話でドキドキさせる

 したたかな女性いわく、「好きな男性には間隔を空けてジャブを打ち続け、意識させるタイミングを積み重ねて接近する」のが良いのだとか。こちらのLINEは、ただの間違いLINE電話です。彼から連絡が来たら、いったん返信を焦らして想像を膨らませる時間をとってあげることが大切らしいですよ。

 こちらのことを意識させる小さなテクニックを駆使して彼の心を掴んでいき、たとえ長期戦になっても、じわじわと確実に獲物を仕留めていく……したたかな女性、恐るべしです。

4. 打ち間違いでハートスタンプを送信

 したたかな女性は、出会った時点でタイプだと思ったら、まず自分を印象付けるテクニックを使うようです。こちらの女性はLINEを交換した際、すぐに打ち間違えてハートスタンプを送っています。

 打ち間違いに気付くフリをするまで時間を置いて、彼に「なんでだろう? 脈あり?」と思わせるのだそう。こちらのテクニックもある意味、一か八かな気がしますが、したたかな女性は強い心の持ち主なので「やったもん勝ち!」とばかりに、行動に移してしまいます。

5. 誤送信で「ドタキャンされて暇」アピール

 こちらのテクニックは、ある程度脈ありと感じている男性に使うと効果的だそうです。予約が取りづらいお店で食事する約束をしていたのに、ドタキャンになったこと、もったいないから代わりの人を探していることを懇切丁寧に説明してくれていますね!

 返信の時点で「俺が行こうか?」と言ってくる男性は少ないはずですが、ここからが腕の見せ所。「もうこの際だから一緒に行かない?」と誘ってしまうのが、したたかな女性のすごい所です。

好きな人へのLINE誤送信は要注意! うまくいけばラッキー♡

 ここまで、したたかな女性たちの誤送信LINEをご紹介しましたが、「わざと誤送信した」ということに気付かれてしまうリスクがあるのも確か。でも、中には「可愛い」と感じたり、「俺のこと好きなのかな?」と、素直に受け取ってくれる人もいるのです。

 このテクニックを真似するなら、一か八か、うまくいけばラッキーくらいの強い気持ちで試すことをおすすめします!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ